宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

朝夏まなと サヨナラ公演始まるっ!

宙組トップスター 朝夏まなとサヨナラ公演

神々の土地/クラシカルビジュー

始まりましたね~

初日をご観劇された ブロともさんのメールやいくつかブログを拝見。

ん? 初日は絶賛は控えめで ちょっぴりビミョーな空気が流れていますが…

2回目で把握して 3回目で納得 4回目で感動、かな??

演出の上田久美子先生はデビュー作の「月雲の皇子」が大絶賛され

バウ公演だけの予定が 翌年に東上が追加されたという人気ぶりで

華々しく 演出家デビューを果たされました。

続く「翼ある人びと」 「星逢一夜」で人気を不動のものに。

翼ある人びとで組んだ まぁ様(朝夏まなと)とまたご一緒されるということで

ファンの期待も高まって、ハードル上がってますよね~~^^;

宝塚で「復活」「黒い瞳」「かもめ」「ノクターン」などロシアが舞台の作品ありましたけど

オリジナルで、「エリザベート」のように史実に基づいたお話で 

ラスプーチン暗殺事件」を題材に取っていて私は面白いと思うのですが(まだ観てない^^;)

興味の無い方には 睡魔が襲いかかる作品なのかな?と思いました。

太后マリアのすっしーさんは エリザベートの 皇太后ゾフィのようですし

もっとしっかりして欲しい皇帝 フランツと通じるものがある ニコライ二世(松風輝)

一つの時代(帝政)が終焉を迎える所もエリザベートと似ているので楽しみです。

当時のロシアの様子も あまり知らないので興味深いです。

途中はドラマティックでも 落とし所が どこなのか

感動に導けるのか ちょっと謎ですが、今週観てきます。

既に観てこられた方が異口同音におっしゃるのが

伶美うららの美しさ

うららちゃんが お美しいのは百も承知ですけど

タカラジェンヌの集大成の今作、まさに有終の美を飾るとはこのこと!!

って感じなのでしょうね~。

お背中まで美しいらしい。

大きく背中の空いたドレスで 「背中で語る」をやってのけてるのかな^^

  ↑ ショーで大きく背中が開いた赤いドレスが印象的でした(スカステ初日映像)

大柄なうららちゃんが踊ると見栄えしますし

ひょっとしたら トップ娘役になれたかもしれなかった

うららちゃんと まぁ様(朝夏まなと)のダンスもため息モノらしいです。

美オーラ全開のうらら様をもうすぐ拝みにまいります。

花音舞・瀬戸花まりの狂気?

配役出た時に思いました 聖痴愚[ユロージヴァヤ]って何?って。

聖痴愚[ユロージヴァヤ]=神に近づくための苦行として常軌を逸した行動を取る人たち

その聖痴愚[ユロージヴァヤ]を演じるのは 本当に難しいのだろうとお察ししてたのですが

熱演に目が釘付けのようで…愛月ひかる演じる ラスプーチンが霞みそうな勢いとか ^^

瀬戸花まりちゃんは お歌では注目してますが お芝居は??

花音舞ちゃんは 「王妃の館」の老婦人の役がハマりすぎてて

すごく研究されてるな~と感心してました。

今回の役 「聖痴愚」、言葉も聞いたことがなかったし ほとんどお目にかかったことのない役故

役作りが難しかったと思うのですが すでに高評価。楽しみです!!

masakano_20151204220627834.gif女役 寿つかさ 凛城きら

すっしーさん(寿つかさ)、りんきら(凛城きら)も初日映像拝見したところ

とてもハマっておられます!!

りんきら、キレイ~~~、気品が漂ってます!!

見どころのひとつか、と。^^

ニコライ一家の長女 オリガ

酒場で軍人たちを戒めるシーン?が映っていましたが(スカステ初日映像)

ん? 声が…アニメ声? これNGじゃない?

次期トップ娘役なら、もう少し発声を学んで欲しいと思ったワンシーン。

真風ユスポフ

ひとり 軍服ではなくスーツ姿で軽妙洒脱、一味違う軍人のようですね。

ドミトリーとの関係も気になります。

主人公 ドミトリー大公

とうとう最後の公演になってしまったまぁ様、気品ある立ち姿が皇族にぴったり。

最後に 上田久美子先生とまた一緒に舞台を作れて嬉しいそうです!

やりがいあると思います。 大変そうだけど ^^;

悩める青年なのかな? 

想い出深い いい作品になりますように!! 楽しみにしています!

SS 1回 S 3回 2回  A 1回 計4回観る予定です。

ナウオンステージの初回は8月26日21時~

初回観劇には間に合わないけど 要チェック!!

あ~~~、まだ観てないのに、こんなに語っちゃったよ…