宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

【宙組】人事異動で組の魅力が激減しないか心配する…

宝塚には、5組あって、それぞれに組カラーがありますし、トップさんはじめ、70余名のいろんな魅力のある生徒さんがいらっしゃるので、それぞれ贔屓の組、生徒がいらっしゃると思います。

 

トップスター、トップ娘役は、組の「顔」でもありますし、常に主演を演じる時待っている宝塚ですから 一番露出も多く、一番人気があることが多いです。

 

以前から、記事にしていますが、今、私にとって(←ここ注意。人によって違うので。)一番安定し 番手ピラミッドが整っていて、各学年、見どころのある生徒さんが、きっちりと使われていて 観ててたのしかったのが宙組でした。

 

真風涼帆(92)、芹香斗亜(93)、桜木みなと(95)、和希そら(96)、留依蒔世(97)、瑠風輝(98)、鷹翔千空(101)、風色日向(102)、亜音有星(103)…

⚠瑠風入れるの忘れてました、ごめんなさい

 

研4の亜音有星くん以外、皆さん新人公演を経験済。頼もしいですね。

 

宙組の人事異動に感じた痛み

2週間前に、宙組トップ娘役の星風まどかちゃんのミュージックサロンの予定が出て、え? まさか退団?? とファンがざわつきました。

 

翌週に、まどかちゃんの専科への異動と、次期トップ娘役は、9月に雪組から宙組に異動になった潤花(102)と発表になりました。

 

まどかちゃんが、専科に異動になった後の事まで、いろんな予想が飛び交っていますが、何より、

トップの真風が退団しないのに、まどかちゃんが宙組から出ることになる

という事実を受け入れがたいファンは多いと思います。

私もそうです。

でも、この異動は、真風にとっても、まどかちゃんにとってもいい人事なのだ、と信じ込もうとしています。

真風は、就任後しばらくしてから「岩谷産業」がスポンサーとして付いたので少し任期が伸びたのかもしれません。

潤花ちゃんには、「ヒガシマル醤油」が付いているのでこれからは 資金力でも最強の組になるのでしょう。

それは、組にとっても トップコンビにとっても有り難いことですね。

 

ワタクシ的に、真風星風(まかまど)は、お似合いのトップコンビで、現トップコンビの中で一番好きなコンビが宙組でした。

 

それだけに、「どちらかが退団しないのにコンビ解消」のニュースは、私に、生木を裂かれるような痛みをもたらしました。

 

宙組から出たら、きっといいことがある、そう思うからこそ まどかちゃんも異動することにしたのかな、と。そうであって欲しいです。

宙組の2番手 芹香斗亜

この度の「アナスタシア」で素晴らしい歌唱力で客席を魅了しているキキちゃん(芹香斗亜)。

あの、堂々の歌唱力は、努力の賜物。

だからこそ、一番輝いて花開こうとしている今、タイミングを逃さずにトップになってほしいです。

今まで もう少し前なら輝いていたのに…、と時期を逸している感のあるトップさんを何人も見ました。

お花だって、蕾が花開く時が一番美しいです。

開ききったら、散っていくのを待つばかりになってしまいます。

今でしょ! なんですが、真風も新しい相手役と組むので 真風の後を待っていたら、徒に、時間が過ぎていきそうで…コワイ。

真風は観たいが、キキちゃんもトップになってほしいし。

噂のあの組へ異動、とかあるのでしょうか?

 

もし、そんなことになったら…トリデンテ解体。

宙組はどうなる??

 

大シャッフルもあり?

他にも宙組生徒の異動の噂を小耳にはさみました。

まどかちゃんスライドで騒いでるけど、まだまだこれから発表があるのかしら?

一番安定していて観ていて楽しい、と言っていた宙組が…

ガラガラ音を立てて崩れていきませんように! (。-人-。) 

 

シャッフルは、各組の停滞人事の起爆剤になることもあるし、生徒本人にも、路線に食い込むチャンスや、心機一転のチャンスでもあるので悪いことばかりではありません。

 

異動したのに使われない、上がれない、意味のない人事も混じっているので この人事の意味は??と考えてしまうことも度々です。

 

誰もが幸せになる人事なら大歓迎ですが…

 

コロナ禍にあって・・・

宝塚歌劇団も、コロナで4ヶ月の公演中止期間がありました。

1年12ヶ月のうちの4ヶ月って 1年の3分の1です、大きいです、大幅な減収減益です。

1席おき着席が緩和され、今は最前列と花道近くの席以外の客席に座れるようになったのに、チケットは思うように売れてないようです。

 

そんな時には、劇団は、スポンサーの付いている生徒を大事にしそうですよね。

 

以前から大人の事情が幅をきかせていて 「清く正しく美しく」はすでに形骸化しています。

コロナ禍では、ますます、ファンが観たいと望む生徒ではなく 劇団の懐を潤わせることが出来る生徒が重用される人事やキャスティングになったら嫌だな~と思ってます。

 

◆関連記事

各組次期トップ考察|OUR FAVORITE TAKARAZUKAを観て  2020.7.9

【宙組】宙組観劇が楽しい理由は…♪|アナスタシア 主要キャスト感想 2020.11.13