宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

初日映像ちら見シリーズ|壬生義士伝・Music Revolution

雪組 壬生義士伝 初日おめでとうございます!!

本は今、図書館に予約中ですが 中井貴一主演の映画はPCで観ました(アマゾンプライムで)。

だいもん(望海風斗)の ~でやんす。が癖になりそ。^^

話題の「石を割って咲く桜」 もう うっとり~uruuru_201609202252439b1.gif

美声だと、歌上手だと すーっと胸の奥まで届いて 心の琴線に触れますね。

だいもんが歌う後ろを これまた エンジェル・ヴォイスのきいちゃん(真彩希帆)が

藁沓履いて 横切ると もう一瞬で 心鷲掴みにされたわ。

宝塚はキラキラを大事にする所だけど それだけで 実力がない、ていうのはだめだよ!!って

雪組のトップコンビを観てたら 改めて 劇団に言いたい。

いろいろと個人的ツボはありますが 一番好きなのは 貫一郎と斎藤一(朝美絢)との場面です!!

映画は 斎藤一の目線で描かれているのですが 

斎藤は武士のプライドもない 風采の上がらない貫一郎(演:望海風斗)の事を 快く思っていなかったんですね。

だから 近藤勇の開いた宴席で隣り合わせても 新参者でへりくだる貫一郎に不遜な態度を貫き

ある夜、二人きりになった時に いきなり貫一郎に斬りつけるんですが・・・

 ↑ 上記の二箇所のシーン、ピックアップされていて嬉しかったです。

宴の席で ちょっと怖い顔してだいもんを覗き込むあーさ。

そして 二人が刀を交わす所は 本気の鍔迫り合い。お二人とも迫真の演技!

斎藤一は 映画では佐藤浩市さんが演じた準主役でしたので 演じ甲斐のある役どころです。

それを 演じるあーさ(朝美絢)は アクの強いお役、頑張ってました、さすが

「明日海りお賞」受賞者!w

あーさはその美貌とは裏腹に 男役魂を持ってますし 役作りも巧いので

「ファントム」の シャンドン卿が似合うのはもちろんですが 私にはアラン・ショレに軍配。

歩き方や所作、台詞回しに工夫が見られて ほぉ~と感心。

寛一郎(望海風斗)は、その柔らかい語り口からは想像できない 剣のツワモノでどちらも一歩も譲らぬ、という緊迫感が

画面からも伝わったので 早く生観劇をしたいです!

今回2番手の咲ちゃん(彩風咲奈)も 幼馴染で だいもんas貫一郎との友情を描くのですね。

映画では最後に武士の情けをかけて瀕死の貫一郎を受け入れますが あまり出番は多くなく…

どのようなエピソードを描かれるのかな、と興味深いです。

新組長のにわにわ(奏乃はると)が いい味だしてるみたいなので楽しみです。

とりあえず週明けに観てきます。

じわ~~と心に染みるお芝居のあとは Music Revolutionでぱーっと弾けて!

客席降りもあるし、客席を巻き込んで 楽しく盛り上がれそうで 楽しみです!

スパニッシュもあるんですね~ 私はだいもん咲ちゃんが茶色のスーツで踊ってる場面が好みでしたわ。

今度詳しく観てこよう、ここポイント、ね♪

大階段黒燕尾 大好物♪

V字フォーメーションも大好き! トップを頂点にする、っていうね、美学というか

様式美

これが宝塚の真骨頂!

昨年「凱旋門・Gato Bonito!!」を一度も観劇しなかったので 私が雪組のショーを観るのは

2017年の「SUPER VOYAGER!!」以来 1年半ぶり。

ファントムで美声たっぷり聴けたけど やっぱりショーよね♪ってことで

音楽革命もとても楽しみです!

最近お怪我される方多いけど 皆様お怪我なく 千秋楽までお元気で舞台を務めてくださいね~!