宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

マタマタマタハリ!千秋楽観劇♪

すもももももももものうち、みたいなタイトルだ~w

マタ・ハリ 大阪公演 千秋楽を観てきました。

       マタ・ハリ柱

マタ・ハリ、どうしても別キャストで観たい!って叫んでたら

星組台湾公演をご一緒したちえファン仲間が

千秋楽のチケットを譲ってくださいました!!

本当に温かい ちえ(柚希礼音)の輪♪

EMILYさん、ありがとうございました!

<前回> ラドゥー 加藤和樹  アルマン 東啓介

<今回> ラドゥー 佐藤隆紀  アルマン 加藤和樹

両方観てよかった!

もう、甲乙つけがたいよ!! 

このマタ・ハリ、という演目、タイトルロールがマタ・ハリですけど

ダブル主演、という扱いなんですね~

だから 加藤和樹さんも 主演で しかも二役で頑張っておられました。

ネタバレありますのでご注意お願いいたします。

マタ・ハリの恋人がアルマン、アルマンの上官で 嫌な男がラドゥー。

だから アルマンに肩入れして観てしまうのですが

今回 さすが音大卒! よく響く声が心地よい佐藤隆紀さんのラドゥーの

セリフ 歌詞の内容がよく聞き取れて

眠くなる暇なし!!

1回目で内容把握してるから 2回目の今日は

余計にすんなりと入ってきたのかも知れません。

ラドゥーはいつから マタ・ハリを好きだったのかな?と前回は思ったのですが

今回は ラドゥー大佐の苦悩も感じることができました。

前回同様 ラドゥーと アルマンの二人が歌うシーンが圧巻で

歌唱力にしびれました、ここ何度観ても感動すると思います。

ワイルドホーンさんの曲が切ない気持ちをさらに掻き立てて…

帰りの電車の中でも ずっと頭の中でメロディが流れていました。

ドイツの将校の福井晶一さんも 重々しく渋い役どころでハマってました。

今日は 男性陣の歌唱の素晴らしさを堪能しました。

もちろん 和音美桜さん、則松亜海さんのお歌もきれいな声で素晴らしかったです♪

ドイツの野戦病院での ボランティアの修道女たちのコーラスは

美しく 透き通って 心が洗われる心地でした。

そして!! タイトルロール、我らが 柚希礼音!!

男役時代から考えられない くびれボディ!!

エスト絞りましたね~~!

肌の露出もすごいし まさに体当たり!って感じです。

声も高音が伸びやかに出るようになって ハラハラしなくなりました^^;

表情にも 演技にも緩急がついて 細かい感情の出し方もいい感じ。

ちえちゃんはダンサーで 激しい振りもお手の物ですが

今回は いつもの激しいナンバーと違い

オリエンタル調のメロディでゆったりと踊るのでとても目新しかったです。

これで 一皮も二皮も剥けて 「女優 柚希礼音」を掴んだのではないでしょうか。

昨日の記事にも書きましたが

宝塚歌劇団流 「がんばる」がマイナスに作用することもあります。

石丸さち子さんがおっしゃるように 頑張れば頑張るほど 熱演すればするほど

ちえちゃんの内側に蓄積された「男役・柚希礼音」が出てしまうんですね~。

でも 今日もアルマンに対する愛おしい気持ちがとてもよく現れていて 好演してました♪

ラドゥー大佐が アルマンを使って マタ・ハリを探らせる、ってところが味噌で

マタ・ハリは 本気でアルマンを愛し

最初は任務の為だったアルマンも マタ・ハリとの交際がやがて本気になっていきます。

それを ラドゥーが職務的にも 個人的感情からも アルマンとマタ・ハリを追い詰める。

マタ・ハリは ドイツの将校とも関係があったがために二重スパイにされてしまう悲劇。

戦時下で 騙し騙され 不信に陥り 何を信じていいかわからない、愛さえも。

そんなスリリングなストーリーと演出に唸りました。

この作品の演出は石丸さち子さん。

私が初めて観る演出家さんです。

蜷川幸雄氏の作品に俳優として出演され

そのご演出も手がけるようになられたとのこと。

今まで 東宝・帝劇関係の舞台を多く見てきたので

新鮮です!!

ちえちゃん自身も 女性の演出家さんで新鮮だったようです。

あ、今日 柚希礼音ファンクラブのお茶会でしたね、

どんなお話が出たのか また今度聞いてみよ~♪

にしても、ご挨拶で 一言 「皆様~」とちえちゃんが一言口を開くと

客席から(*´艸)(艸`*) クスクス笑いが起きるのです^^

あんなにパワフルな演技を見せてた柚希礼音がちえちゃんになったのが嬉しくて

つい笑っちゃうんですよね!

このギャップが、たまりませんな、くせになるお味です!

今日も最後はスタンディングオベーションで出演者の皆様に

思い切り拍手を送りました!

「大阪開き」 大阪初演で始まったこの公演も

あっという間に千秋楽を迎えてしまいました。

今までとは 大きく毛色の違う作品でしたが 感動しました!

マタ・ハリ 日本初演、大成功おめでとうございます!!

出演者の皆様 お疲れ様でした!!

’【備忘録】 

自分用記録

過去に観た 宝塚以外の舞台の演出家一覧 

1 マタ・ハリ 石丸さち子
2 ビリー・エリオット スティーヴン・ダルドリー
3 王家の紋章 荻田浩一
4 エリザベート 小池修一郎
5 ダンス・オブ・ヴァンパイア 山田和也
6 サンセット大通り 鈴木裕美
7 モーツァルト 小池修一郎
8 オーシャンズ11 小池修一郎
9 レディ・ベス 小池修一郎
10 レ・ミゼラブル ローレンス・コナー
11 ミス・サイゴン ローレンス・コナー
12 ア・ソング・フォー・ユー 栗山民也
13 ニューヨークに行きたい 山田和也
14 MITSUKO 小池修一郎
15 アンナ・カレーニナ 鈴木裕美
16 レベッカ 山田和也
17 絹の靴下 荻田浩一
18 アイーダ 木村信司
19 ウーマン・イン・ブラック ロビン・ハーフォード
20 オケピ! 三谷幸喜