宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

今年最後の観劇 雪華抄を絶賛するっ!

ダンス・オブ・ヴァンパイアで 幕を開けた今年の観劇も

いよいよ最後の観劇になりました。

12月9日13時公演。

雪華抄/金色の砂漠 マイ楽。

今日は 雪華抄 絶賛します。

和モノレビューの真骨頂 チョンパでの幕開け、コレに限る!

真っ暗闇から一転、眩しいまでの華やかさ!

このサプライズ感がたまらない!!

私が大好きな星組の「花の踊り絵巻」(酒井澄夫演出)もチョンパでした♪

春 

梅の花が咲き誇り 総踊りの賑やかさ 華やかさ

お衣装も梅の柄

みりおとかのちゃん(明日海りお・花乃まりあ)が 手に手を取って下手へと

静々と進み 梅の枝?を指差すところが好きです。

日舞の所作が美しい~~~!

寒椿 雪を載せた椿の絵をバックに松本悠里さん一人舞台。

カゲソロ、透き通るような声で歌うのは 100期生の歌姫 音くり寿ちゃん。

シンプルすぎて やや冗長ですが 

着物も扇も椿の柄で本当に こういうのを観る機会はなかなかないので

貴重ですね。

上手すっぽん(セリ)から あきら(瀬戸かずや)が!

手ぬぐいさばきも威勢よく 銀橋渡っていきます。

兄貴なあきらにぴったりの場面。

この夏の場面は 葛飾北斎の波の絵がバックで

ロック調の海にまつわる民謡メドレーで

本当に楽しいです!

ノリノリ!!

かのちゃんのソロや べーちゃんとみれいちゃんの2人も可愛い。

見どころ満載ですね。

賑やかに盛り上がった後は クールダウン。

朧月が出ています。

下手花道から みりお安珍が銀橋を渡り終えた時に

安珍様…」清姫登場

許されぬ恋と知りながら 清姫の想いがたぎって…

安珍清姫の舞が激しいです。

かのちゃん あの重装備のお衣装、大変なのでは??て思ってます。

伝説もドラマチックですが

このシーンも本当にドラマチックな演出で大好きです。

清姫日高川を蛇になって渡るところは

青海波の柄の大布を川に見立て ふわ~っとかのちゃんを隠すと

超早変わりで 清姫は蛇に。

衣装にウロコ(大判スパンコール)が付いた薄茶色の着物です。

(丸山敬太さんデザイン)

執拗に追う清姫 対 安珍を守る僧侶たちの舞

そして 清姫の怒りが紅蓮の炎となって…

赤い旗を振る男役さんたち

赤い布に めらめらと炎のゆらめきが映され・・・迫力満点。

最後には 5枚の赤い大布が 天井から一気に落ちるのですが

一枚だけ 誰かが引きずり下ろしていくのです。

こういう 大きい幕を落とす演出好きですわ~♪

何度でも見たいシーンです。

赤い布が落ちたら 真っ暗な舞台に

ひらりひらりと 雪が舞い落ちます。

銀テープ片なのか、ライトを受けてキラキラと光りながら落ちていき

ため息がでるほど美しい。

低い音で太鼓がドーンドーンと鳴ってます。

これ 歌舞伎では「雪の降る」音として使われてますね。

(高校時代、学校から観に行った観劇会で知りました)

うまいな~と感心♪

衣装も皆さん 白のお着物で

歌上手・和海しょうくんの歌をじっくり聴けて 耳福。

場面転換がすごくいいですね!!

スムーズだし メリハリがある!

私が観た中でいまいちだった 「宝塚ジャポニズム」、

1時間しかない ショーを三部に分けたから

途切れ途切れで 流れがいちいち止められて白けました。

幕開きも 華やかなチョンパと違って暗かったし、

「さくら」では 延々と単調な「さくら」の歌が続いて退屈でした。

ま、その後も いもむしゴロゴロですしね、駄な匂いがプンプン。

それに引き換え この和物のショー

原田諒先生 お若いのに!

初・ショー演出にして 和モノなのにスゴイ!!

って思ったら、あの、私が好きな

『宝塚花の踊り絵巻-秋の踊り-』で演出助手をされてたんですね~

納得です!

冬が過ぎたら また春が巡りきて・・・

こういう日本の美しい四季を描き出して 本当にうっとりとします。

花組は台湾で公演した和テイストなショー「宝塚幻想曲」もよかったし、

恵まれてますね~~!

また思いついたら 追記するかもです!

本当に柚香光くんが スカイステージで言ってたように

日本人魂を目覚めさせてくれる民謡や花鳥風月の美しさ。

私は、歌詞が美しいのも注目♪

鶯の初音の声の…や

重ね扇に天つ風~♪

雅だわ~

それと 百人一首からのフレーズも多く

会いみての後の心に比ぶれば~♪ (昔はものを思はざりけり)

百人一首好きなので  ほほう!と気づいたら嬉しかったです!

早くも来年の スカイステージでの放送が待ち遠しいです!

もう、目がいくつあっても足りない!!

花組大好きっ!!