宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

やっとこさ「こうもり」観劇~ 6("ー ) ポリポリ 私見バリバリ。

遅ればせながら 星組公演 「こうもり

4月21日15時公演観てきました。

今日は、月組のあーさ(朝美絢)が娘役さん(顔が見えなかった)とご観劇♪

初舞台生の挨拶は 舞空美瞳ちゃん 一禾あおくん 潤花ちゃん。

私見語ってますので 苦手な方は Uターンお願いします。

私の周辺には 「こうもり」に関してクールな感想が多くて

えーーーーっ??って思ったんですが。

なるほど~ 納得。

実際に観て思ったのは、

観劇後に、何かスッキリしないものを感じたんです。

もちろんドタバタ劇、というのも理由のひとつですが。

ベニが、出突っ張りくらい頑張ってるけど、

みっちゃん(北翔海莉)、ベニ(紅ゆずる)の他は

今公演で退団の まさこさん(十輝いりす)くらいで・・・。

殆どがパーティの招待客。

3番手、まこっちゃん(礼真琴)の出番が少ない。

というか、あまり印象に残らないのね。

風ちゃん(妃海風)のアデーレという侍女役も、

トップ娘役の演じる役ではない感じで違和感。

トップコンビ、ファルケ博士とアデーレの恋は…

一体、いつの間に、そんなに仲良くなってたの?

って 取ってつけた感満載。

客席置いてけぼり。

「こうもり」というオペレッタが面白いのは

主演の アイゼンシュタイン侯爵が 恐妻家で

ロザリンデ(侯爵夫人)とのすったもんだがあるからこそ。

でも 宝塚では 女好きの主人公と コワイ奥様を

トップコンビが演じるわけにはいかないから 

ファルケとアイゼンシュタインを入れ替えた、

だから無理があるのよ~~~。panda_がっくり

そして…

宝塚で、オペラの発声。

特に風ちゃんが、難しいアリアを頑張ってて

流石!と思ったけど

いつもの宝塚の歌唱で良いのに、と私は思いました。

ま。たまには、こんなの出来ます、みたいなのも要るのかな?

宝塚でオペラみたいな歌唱は 私は求めてないけど。

普通に 全員が歌唱力UPしてくれたらそれでケッコーです!

メリー・ウィドウ観た時に 大感動して、

楽しい作品なのに涙が溢れて仕方なかった。

出演者全員が心を一つに頑張っているのをみて

笑いながら泣いてました。

今回の演目は、オペレッタ 2匹目のドジョウを狙ったのかもですが

メリー・ウィドウの感動には程遠かった。

今回は1時間半の中に詰め込まなくてはならないから

展開がスピーディーで、

頭の中をさーっと通りすぎてしまいました。

以前も記事に書きましたが

「こうもり」というタイトルに 観劇意欲を全く掻き立てられず

さらに「愉快」と「復讐」という言葉が結びつかず

復讐の修飾語に「愉快」?(ー'`ー;) と 

入り口からして 躓いてしまうワタクシ。

随所に、笑いのポイントがあるけど

観劇後に、あ~面白かった!と思わなかったのは

根本的な…ストーリー改編に原因があるような気がするのです。

とは言え、出演者の皆さんは頑張っていて

おっと思うところも たくさんありました。

追記の展開▼ へ。

◆北翔海莉@ファルケ博士

安定の演技で言うことなし!

妃海風@アデーレ

トップ娘役が侍女の役とはもったいない。

まぁ、奴隷の役(王家に捧ぐ歌)もあるけど

「なんか違う」って ずっと思いながら観てました。

それにしても風ちゃん、アリア 頑張ってました!

聴かせどころが 多々あって すごかった♪

◆紅ゆずる@アイゼンシュタイン

今回、主役は ファルケ博士ですけど

実質(原作)は アイゼンシュタインが主役なので

アイゼンシュタイン役の紅ゆずるが頑張ってました。

三枚目の役も アドリブも大得意なベニだから

舞台狭しと動きまわってましたね!

「めぐり会いは再び」での ベニのコメディエンヌっぷりを思い出しました。

【追記 夢妃杏瑠ちゃんと白妙なつちゃんを混同!】

  ↑ 我がブログ始まって以来の大失態!panda_がっくり

コメントでご指摘いただきました 

4月7日に新公の記事で ロザリンデ 本役:夢妃杏瑠、って書いてるのに…

くーーーーーっ tataku_201604222158282ee.gif あぁ 恥ずかしい・・・

白妙なつ夢妃杏瑠@ロザリンデ(アイゼンシュタイン侯爵夫人)

今公演、ショーではエトワールを務めたなっちゃん

あんるちゃん、主役 アイゼンシュタイン侯爵の妻役、面白かったです。

お上手だな、と思ったのは「アルカサル」で 

ドン・ペドロの母 マリア王妃を演じられた時。

鬼気迫る演技と歌唱、よかったです!

歌姫 音花ゆりちゃん退団後は

夢妃杏瑠ちゃんとともに、 星の歌姫として

これからも頑張っていただきたいです♪

◆礼真琴@アルフレード

もったいない使われ方!

役がなかったのかも知れませんが…

歌って踊って芝居して マルチな才能が溢れるまこっちゃん

お芝居をもっと観たいのに、生かしきれてない、もったいない!

と感じました。

◆美稀千種@フロッシュ

みきちぐさんのフロッシュが面白い!!

ベニとまさこさんと3人の掛け合い、

とぼけたフロッシュに、本当に笑えます♪

◆星条海斗@オルロフスキー公爵

マギーらしい いつものオーバーアクション的お芝居。

それが…メリー・ウィドウでは面白かったのに、

今回は…星組アウェーだから?? 

マギーが星組の舞台に立っている事自体不思議でした。

これからは 専科として いろんな組に特出されると

違和感なくなるのかな。

◆七海ひろき@ブリント弁護士

生真面目で小心者な感じが出てて面白かったです!

こうやって書いてると 娘役さんの目立った役がほとんど無いね。

万里柚美組長演じる、どっかの伯爵夫人と

あーちゃん(綺咲愛里)のイーダ(アデーレの妹)ぐらい。

◆真彩希帆@アイゼンシュタインの侍女 イレーネ

その歌声を聞くと 涙がでちゃう、と天使の歌声で評判なのに

今ひとつ目立たず これまた もったいない!

小さな 疑問や不満が 私に「こうもり」の評価を下げさせた、

そんな気がする公演でした。