宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

「こうもり/THE ENTERTAINER!」制作発表会&新公配役

星組公演 こうもり/THE ENTERTAINER!

制作発表会をスカステで観ました。

制作発表会って…VISAなどの冠公演などで

マスコミにアピールするために行うものだと思ってたのですが

最近 よく見かけるような・・・

話題作ならわかるけど

オペレッタ「こうもり」で制作発表会。

劇団、ちょい力入れてるんでしょうか?

みっちゃん(北翔海莉)が、

オペレッタメリー・ウィドウ」の千秋楽nの夜に

演出家の谷先生に 「こうもり」を演りたいと言ったそうですね。

メリー・ウィドウは、本当に楽しく、感動の舞台で

もっと大勢のお客さんに この舞台を観てもらいたい、って思いました。

オペレッタというのは 笑いを特化したオペラ=軽喜劇だそうなので

楽しく笑って 歌やダンスを楽しめていいな♪と思うのですが

こうもり、ねぇ。

宝塚には、不向きな演目に思えますね。

宝塚には トップスターとトップ娘役の恋愛が軸になるのが一般的。

っていうか そうだと 夢見れます~~

そして 第二の男(または女)が絡むとドキドキ感UP!

ま、男役同士の友情物ってのもありますけど。

「こうもり」のトップコンビの役は

ファルケ博士(いたずらを仕掛ける主人公)と

アデーレ(いたずらを仕掛けられる アイゼンシュタイン侯爵の侍女??)

宝塚的にビミョー

恋愛は…期待できないけど

大型の笑いは、期待できそうですね!

さて~ 私がAustria-fan.com こうもりを見て 配役予想したら

全く違った~

って 記事を書きましたが

それもそのはず、根こそぎ変えた、と谷正純先生。

本当は ベニ(紅ゆずる)のアイゼンシュタインが主役なんですね~

2番手役はファルケ博士。

役を入れ替えたことにどういう意図があるのか、

不思議です。ハテナ

会見では、みっちゃんが

クラシックの発声で しっかり内容をお伝えする、と、

歌が苦手な組子には大変プレッシャーのかかるお言葉ですね。

歌唱力!! これが 今の星組の求めるもの。

19年の宝塚人生で培った物

みっちゃんの、引き出しに入ってるもの全部

見せてくださるそうです。楽しみです!!

そして ショーは

THE ENTERTAINER!

まさにみっちゃんのこと、なので

一瞬、退団か??と思いましたが

次回作「桜華に舞え」かしら??

タイトルで 退団時期を占ってしまうのが、ヅカファンの悪い癖。

THE ENTERTAINER!は

あの、「A-EN」の

野口先生の大劇場デビュー作♪

ベニが男役娘役従えて 軽やかに歌ってました。

娘役は 妃白ゆあ、紫月音寧、夢妃杏瑠、愛水せれ奈に

男役は、夏樹れい。

Love&Dreamで 歌唱力を見せつけたみっちゃんふうちゃん(妃海風

またまた、期待が持てそうです!

私が 野口先生が好きなのは

先生が生徒さんのことをすごく研究し、愛しておられるというのが

スカステの画面から伝わってくるほどなんです。

今までの経験でなんとかなるだろう的な老?演出家とは違い

舞台に真摯な態度が気持ちいいです。

幸せを作る演出家、野口幸作先生、大劇場デビューおめでとうございます。

宝塚新世紀、演出家にも 新風を吹き込んでくださる若手の

活躍できる環境が整ってきたようです。楽しみ♪

野口先生、頑張ってくださいね!

本日、新公の配役も出ましたね(メインキャスト)

*アデーレ 真彩希帆

歌唱力とキュートさで安定のポジション

ファルケ博士 紫藤りゅう

ついに来ましたね、96期が…。

*アイゼンシュタイン侯爵 綾凰華

先日の「鈴蘭」でいいお芝居を観せてました(スカステチラ見)。

98期は 綾凰華ちゃんと天華えまちゃんが 

美味しい役を分けあって行くのでしょうか!?

先日、友人と 星組の95期より下は

一体どうなってるの?って話してたところだったの。

なるほど、こういうラインね

◆関連記事

星組公演「こうもり」の先行画像を見て勝手な妄想をする・・・ 2015.10.26

キャストが予想と全然違った件@こうもり【追加訂正あり】 2015.11.12