宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

「ステージ・ドア 1789」を観て、チケットを買っちゃった!

ステージドア」という 番組が大好きなんです!

制作のプロセスや 裏話が聞けて

舞台を表からも裏からも ダブルで楽しめちゃうんですね~♪

 

エリザベートも ルパン三世も楽しく、興味深く観ました。

 

今回は「1789」。

旅行中に録画してあったものを今日観ました♪

 

1789は、食傷気味のフランス革命ネタで

見飽きた感あるだろうと思ってました。

が!初日映像みて そんな気持ち吹っ飛ぶ!

音楽がいいのは フランス版の曲を動画サイトで聴いて

知ってはいたけれど

実際、舞台に載せて 役者、音楽、装置、衣裳・・・

いろんな要素が作り出す雰囲気が素敵!!

 

今回 「ステージドア」観て

これは感動作に違いない!と 私の評価もうなぎのぼり~~~!!

 

 

さんざん期待して、肩透かしをくらった

「黒豹の如く」と違って 後から評価がUPするのは嬉しいね♪

 

もう、観たくて観たくて、さっき宝塚公式サイトで

思わずポチっとクリックしてチケット買ってしまいました

今まで会員登録はしてたけど使ったことなかったの。

(友達が友会で買ったチケットで一緒に行くからね♪)

 

友達と行く日はまだまだ先なので、

待ちきれない~~~~!と、

一足お先に私だけ 予習がてら、2階席で観ることにしました。

見どころ押さえて 本ちゃんの観劇に備えたいと思います (`・ω・´)キリッ

 

 

観てこられた皆さんの評価も高く、

ステージ・ドアでの 制作サイドの皆さんのお話も興味深く

 

私をチケット購入に突き動かした、「1789」、天晴じゃ!

 

 

とにかく音楽がいい!

今回はシークェンサー(自動演奏装置)と生オケの共演なんですね

生オケ以外のいろんな音も出るし

すごく音に厚みのある曲になってるみたい。

興味津津!

 

そして、感動モンのナンバーがたくさん!

 

制作発表会でまさお(龍真咲)が歌ってた歌がマイクのせいか?

ボワンボワン響いて お風呂場で歌ってるみたいだった。

それが気になって イマイチ感動できなかったけど 

初日映像とか 今回とか、聞いてるうちに良い!って思った。

 

小池先生絶賛、観てこられた方の評価も絶賛のちゃぴ(愛希れいか)の歌。

そして存在感。

早く観たい!

 

1789は、トップコンビが組まないけど

マリー・アントワネットは、ちゃぴしかできない大役だし

これでよかったんだね、ちょっと不満ではあったのですが

結果オーライ?

 

今回振付は お馴染みの桜木涼介先生と

天才コレオグラファー?KAORIaliveさん、 

宝塚初仕事のTETSUHARUさん (Wikipediaにリンク)

 

フィナーレナンバーは、TETSUHARUさん担当。

安室奈美恵やSMAPなどの振り付けもされているとのこと。

おぉ~、宝塚に またまた新しい風が吹きますね~! 楽しみ!

 

宝塚の大階段の振付には お約束があるけれど

自分なりに個性を引き出したい、との意気込み。

どう料理されているのか 観てみたいです。

 

 

 

宝塚の伝統を継承する振り付けと 

全く新しい外部のコレオグラファーの振り付け。

それぞれ違って どちらもいいですね~ (金子みすゞのパクリ?)

 

装置担当の大橋泰弘さんのお話

小池先生は独特のセンスの持ち主だと。

舞台装置の転換、面白そうです。

それは観てのお楽しみ、ですって♪

 

今回、バックに映す映像も凝っている様子

映像作家の奥秀太郎さん担当。

小池先生の作品は映像にもかなりこだわりがありますね。

オーシャンズ11や、ナポレオンの時にすごく感じました。

フランス版も映像を多用しているそうですが

宝塚版の舞台を盛り上げるのに重要な役割を果たしてるんですね。

 

 

舞台を多角的に観ることができそう!

毎公演、この「ステージ・ドア」で紹介して欲しいです♪