宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

【星組】文化庁から礼真琴にクリスマスプレゼント!芸術祭賞新人賞、おめでとうございます!

f:id:kokoro-aozora:20211217164802j:plain

毎年クリスマスの頃に結果発表になる芸術祭賞

今年も12月に入ってからはずっと気にはなってました!

 

昨年も宝塚歌劇は「ピガール狂騒曲」を演出された原田諒先生が

宝塚歌劇 月組公演における「ピガール狂騒曲」の脚本・演出に対して」(Wikipediaより)芸術祭賞 演劇部門新人賞を受賞されました。

 

エントリーされている演劇部門は、ストレートプレイや、古典芸能など様々。

ときには「該当なし」のこともあるから、2年連続宝塚がもらえるなんてこと、あるのかしら?と疑ってたんです。

 

芸術祭に参加作品は、

関西公演: 柳生忍法帖

関東公演: CITY HUNTER

 

もし賞を取るとしたら、主人公が女の子のお尻を触ったりするようなおふざけシーンもある漫画原作の「CITY HUNTER」ではなく、「柳生忍法帖」かなと。

芸術祭賞は 今年も宝塚の手に!!

まずは…こっちゃん、芸術祭賞新人賞の受賞、おめでとうございます!!

このたび、星組の礼真琴が、令和3年度文化庁芸術祭賞 演劇部門 新人賞を受賞することとなりましたのでお知らせいたします。

◇部門:演劇(関西参加公演の部)
◇受賞対象:宝塚歌劇 星組公演『柳生忍法帖』『モアー・ダンディズム!』における演技

宝塚歌劇公式HPより引用

 

ワタクシの個人的な感想で申し訳ないんですけど「柳生忍法帖」は、組子の使い方がもったいないというか、役の比重がアンバランスでなんだかな~な作品でした。

 

ただ、こっちゃんが歌い始めると、体中の神経が覚醒すると言うか、細胞がざわつくというか…あの声。

どうやったら出るのかと思うような、全く揺るぎのない音程で、発した声は、ビシーッと聴く者の鼓膜を、心を揺さぶりました。

 

そんな、こっちゃんの実力が、公に認められて、とても嬉しいです!!

礼真琴が尊敬する 柚希礼音につぐ快挙!

こっちゃんが尊敬してやまない元星組トップスター・柚希礼音様も、2010年に芸術祭賞演劇部門新人賞を受賞されています。

 

今回の受賞、ちえちゃん(柚希礼音)が自分の事のようによろこんでいるのではないでしょうか^^

 

85期のちえちゃんは、10年に一度の逸材と言われた人物。

 

…と言うことは、更に10年後に入団した95期の礼真琴も。10年に一度の逸材、ってことでOK?

 

もともとショースターで、低音を響かせるハスキーボイスの歌唱に、キレッキレのダンスでファンを魅了してきたこっちゃん。

ここで演技も評価されて、よかったです。

「モアーダンディズム」の評価が大きかったのだとは思いますが「柳生忍法帖」での歌唱は本当に素晴らしかったです!

2年連続宝塚!

芸術祭賞に参加する作品は、10月に公演中の作品と決まってますから、ちょうど、星組公演が10月で良かったわ。

 

星組公演の日程が、やたら長くて、11月1日が千秋楽なんて、芸術祭賞参加に合わせてたのね、と今ならわかります。

 

10月なのは知ってたけど、10月まるまる星組でしたもんね。

 

こっちゃんは、芸術祭賞新人賞をもらえる実力の持ち主だけれど、「10月に星組公演」というチャンスが無いと無理。

 

今回はまたとないチャンスをしっかりとものにしましたね!!

 

いや~ ますます星組の求心力が強まったのではないでしょうか^^

頼もしい。

 

…にしても!

なんで宙組公演ラインアップ3本と一緒に発表するかな。
一日ずらしたっていいじゃない?

おめでたい、「礼真琴 芸術祭賞新人賞受賞」のニュースが霞むじゃないの orz