宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

宝塚カレンダー掲載月発表!あの人は…いる!w

宝塚 カレンダー掲載月でスターの去就を知る、が…

毎年9月の20日前後に発表になる スターのカレンダーの掲載月。1~6月に集中してたら、1作目で退団、7~12月にも登場してたら 2作目も在団、ってわかりますよね~

 

今日、発表になったカレンダーのうち、

宝塚スターカレンダー

[表紙]華優希・舞空瞳
[1月]真風涼帆
[2月]礼真琴
[3月]真彩希帆
[4月]柚香光
[5月]愛月ひかる・美園さくら
[6月]轟悠
[7月]瀬戸かずや・星風まどか
[8月]望海風斗
[9月]月城かなと
[10月]芹香斗亜
[11月]彩風咲奈
[12月]珠城りょう

 

宝塚歌劇公式HPより引用

宝塚ステージカレンダー

[表紙]永久輝せあ・華優希/瑠風輝・舞空瞳
[1月]望海風斗/芹香斗亜
[2月]珠城りょう/愛月ひかる※
[3月]凪七瑠海/彩風咲奈
[4月]礼真琴/轟悠
[5月]真彩希帆/柚香光
[6月]鳳月杏/星風まどか
[7月]美園さくら/彩凪翔
[8月]瀬央ゆりあ/桜木みなと
[9月]華形ひかる/朝美絢
[10月]真風涼帆/瀬戸かずや
[11月]月城かなと/和希そら
[12月]暁千星/水美舞斗

 

 宝塚歌劇公式HPより引用

あの人は…いる! 

って、誰のことかもうおわかりですよね。

雪組トップスター 望海風斗

2019年、89期が次々と退団をしていかれて 2020年に在団されているのは 専科の凪七瑠海、雪組のトップスター、望海風斗とダンサーの沙月愛奈の 合わせて3人のみ。

今 宝塚を歌唱でひっぱっているのが だいもんこと 望海風斗様。

歌上手相手役の真彩希帆ちゃんと 心に染みる歌声で魅了してくれて 大人気♪ お茶会行ったことないですけど ものすごい人数なんですってね。

花組の明日海りお様と双璧をなす 89期の望海風斗様。

月組から異動してきた 同期のみりおちゃん(明日海りお)の下で2番手を1作(エリザベートでルキーニ役)を務めてから雪組へ。

雪組での2番手時代が2年半。

お芝居や人間性は素晴らしいけど 歌唱が弱かったちぎちゃん(早霧せいな)のサポートで大活躍の後 トップに、と トップ就任が遅れた分 退団はもう少し先だろう、とは読めていました。

 

だいもん(望海風斗)の掲載月は、1月(ステージカレンダー)と8月(スターカレンダー)。

だ~いじょ~ぶだぁ~~~ f:id:kokoro-aozora:20190901214647g:plain

で。相手役の真彩希帆ちゃんが 3月と5月、って気になりますね~。

だいもんと真彩希帆ちゃん、互いに無くてはならない存在だと思うので 添い遂げだと思うのですが…

1たす1を 2にも3にも いやもっと! 二人の魅力の相乗効果で うっとりと二人の世界に引き込んでくれます。

だから ファンに夢を見せるためにも 添い遂げでお願いしたいです!

たまきち(珠城りょう)は いつ誰にバトンを渡すのか?

月組の若きトップスター珠城りょう様の新しい2番手は 95期のれいこちゃん(月城かなと)。

トップのたまきちと1期違い。たまきちの退団が何年先かわかりませんが学年が近いだけにどうなのか?

95期でトップを揃える、という計画が本当にあるのかわからないけれど、 今年中に 花組と星組に95期トップが誕生するので タイミングが難しいですね。

月組には御曹司のありちゃん(暁千星)も控えていて どんなふうにバトンをつないでいくのか 読めないわ~

真風涼帆はまだまだイケる、けど 下がつかえてるっ!

去年 トップに就任したばかりの真風ですけど キキちゃん(芹香斗亜)と 劇団の推しをすごく感じる 95期のずんちゃん(桜木みなと)。

人事をどう回していくのか? ちゃっちゃとバトンを回さないと…停滞気味なってしまうし スターがひしめき合うのも悩ましいですね。

娘役は 星風まどかちゃん、安定のコンビでいい感じですけど、最近ぐいぐい来てる夢白あやちゃんは 誰の相手役になるのかも 興味深いです。

花組 星組

どちらの組もガラッと雰囲気が変わるでしょうから その変化も楽しみたいと思ってます!

以前初めて二人が バウ主演が決まった頃に 朝日新聞で 柚香光vs礼真琴 の対談がありました。

その頃から 二人は95期の中でも突出して 注目を集めているのだと思いました。

あれから5年、トップの座に上り詰めた二人の それぞれのトップスターとしての在り方を楽しみにしたいです。

轟悠さん

轟さんの掲載月が 4月と6月。前半に集中してますが、退団は…されませんよね?

「理事」は終身、と聞いたことがあります。

病院のベッドで寝たきりでも 息をしている限りは 宝塚の生徒ということですね。

「宝塚歌劇団の象徴」として居続けなければならない、というのも過酷な運命ですね。

象徴天皇制みたい。

 

でも…象徴って 必要なのかしら? 宝塚に。

 

◆関連記事

2019年スターカレンダー掲載月発表・あの人は、いる!! 2018.9.25

来年のカレンダーで去就を占う? 2017.9.15