宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

マスカレード・ホテル 2度目読了&キャスト

瀬戸かずや主演で 来年1月に上演サれることになったマスカレード・ホテル 

来年1月に 瀬戸かずや主演で上演される「マスカレード・ホテル

以前、 2012年2月に読んだのですが 大筋しか覚えてなかったので 改めて読み直してみました。

f:id:kokoro-aozora:20191006114011j:plain

 著者の東野圭吾さんは人気の作家さんなので 2014年に発刊された文庫本もかなりくたびれてました。

あらすじと感想

ネタバレありますので 筋や詳細をしりたくない方はここから先閲覧ご遠慮ください。

 

 

主人公・山岸尚美は 東京の高級ホテル コルテシア東京のフロントクラーク。

ある日上司に呼ばれて 会議室に行ってみると…

連続殺人事件の第4の殺人が コルテシア東京で起きる可能性が高い、警察に協力することになった、と告げられます。

警察から何人かが ベルボーイやハウスキーパーや 客に紛争してホテルマンに紛れ込んで監視するという。

その中で フロントを担当することになったのが新田警部補。

まず姿勢と歩き方の訓練から始まり、

人を見たら泥棒と思え式で 宿泊客の顔をジロジロと睨むので 目つきが悪いと指摘され、

客ではなく お客様、俺ではなく わたくし、と言うように度々訂正されます。

ホテルマンはお客様がルールブック、お客様が気持ちよく過ごせるように、と心を尽くしますが

警察官は まずなにか隠してないか 悪さをしないかと疑いの目を光らせています。

上得意客の訴えにも「お客様だけ特別扱いするわけにはいかないんです。いい大人なんだから それぐらいのことはわかるでしょう。」と言ってしまい「客だからルールを無視していいってことには…」そこで 山岸が対応をサポートしに来る、と言った具合w

正義感は強いが、上から目線な新田が お客様のわがままな要望にもにこやかに応える山岸を見て だんだん尊敬の念が芽生え、

新田もまた 小さなホテルでの「事件」を経験する内に 我慢することを覚えるのでした。

山岸は新田に 事件解決につながるヒントを与えたりして 信頼関係も生まれました。ラブはなし。

新田のホテルマンとしての成長物語も面白く はバラバラの殺人事件を連続殺人事件と見せかけるトリックの解明も読まされました。

 

登場する ホテルのお客様は一癖も二癖もある人物ばかり。それだけに 新田の鋭い目が光って、ホテルマンらしくないのが面白いです。

態度がでかいというか 高飛車というかw これっぽっちも「お客様」と思ってない不遜な態度で笑わせます。本人大真面目なんでしょうけど。

新田の教育係の山岸のナイスフォローに助けられることばかりです。

無理難題を押し付けてくる客の要望にも 理不尽、と思えても客の要望を叶えることが仕事、と割り切って最後には怒った客を笑顔にしてしまうぐらいの素晴らしいホスピタリティを見せます。

 

推理小説の体を取ってますが 新田刑事の成長物語です。

 

警察がホテルに潜入捜査を主軸に 新田は自分の抱えている事件の捜査の進捗状況もあり なかなかスリリングです。こちらは 新田と風采が上がらないが 実は切れ者の能勢とのドラマも並行して描かれています。

 

いろいろな新田とホテルの複数の話しが絡まり合いながら ゴールへ向かって収束していくのは 東野圭吾さん、流石です。

 

ここ重要なネタバレ ↓

 

一連の事件を起こした要となる人物は なんと 過去に山岸が対応した客で 山岸の対応が彼女に恨みを持たせたのでした。よかれと思ってした対応が不幸な結果を招いて…

 

キャスト出ましたね!  ネタバレ含みます ご注意ください

高翔 みず希 瀬戸 かずや 冴月 瑠那 鞠花 ゆめ 和海 しょう
羽立 光来 真鳳 つぐみ 朝月 希和 紅羽 真希 雛 リリカ
飛龍 つかさ 若草 萌香 帆純 まひろ 音 くり寿 糸月 雪羽
和 礼彩 咲乃 深音 夏葉 ことり 芹尚 英 侑輝 大弥
桜月 のあ 南音 あきら 朝葉 ことの 詩希 すみれ 天城 れいん
珀斗 星来 愛蘭 みこ 青騎 司    
汝鳥 伶        

上記出演者は 宝塚歌劇公式HPより

 

潜入捜査の警部補 新田浩介 → 瀬戸かずや

フロントクラーク 山岸尚美 → 朝月希和

発表になってましたが キャスト発表になりました。

 

以下 赤い文字が 宝塚版で採用されるキャスト

ホテルのお客様関係

・タバコの臭いを自作自演する男

・エグゼクティブの部屋を予約して文句を言う男

・スキッパーまがいのヤクザ風男

・バスローブをわざと隠した古橋 → 侑輝大弥

盲目のふりをする婦人・片桐瑤子 長倉麻貴  音くり寿 

キーパーソン、おとくりちゃんだと思ってました。

・安野絵理子と館林光弘 (他人を装う夫婦)

クレーマー塾講師 栗原健治 → 高翔みず希 

すんごい拗らせてる人。小説ではもっと若い(すみれコード抵触)設定だったので 組長さんがキャスティングされてびっくりでした!!

ブライダル予定 高山佳子(ストーカーに狙われている)→ 咲乃深音  

・有名評論家 若い女性と密会 → 

若い女性・森川寛子 有名評論家と密会 → 鞠花ゆめ

ホテル

総支配人 藤木 → 汝鳥伶

藤本総支配人は ヒロイン・峰岸をホテルに就職したい!と思わせたエピソードの人物。

・総務課長 片岡 

・宿泊部長 田倉

ベルキャプテン 杉下 → 帆純まひろ

フロントオフィスマネージャー 久我 → 冴月瑠那

エグゼクティブハウスキーパー 浜島 → 朝葉ことの

ベルボーイ 町田 → 芹尚英

フロント 川本 → 天城れいん

ブライダル部 仁科理恵 → 糸月雪羽

警察

・尾崎管理官

本宮警部補 → 羽立光来

捜査一課 稲垣係長 → 和海しょう

 

品川署 能勢 新田の相棒 愚鈍そうなおっさん風情にして実は切れ者 → 飛龍つかさ f:id:kokoro-aozora:20191129234851g:plain

能勢は、パッと見、出来が悪そうな刑事なのだけれど いろんなところにコネを持っていて 実は色んな人から一目おかれる存在。最初は能勢と組むのを快く思わなかった新田が 後に尊敬の念すら抱くようになります。

すごくいいお役なんですが 小説では哀れなぐらいもっさりしたオッサンに描かれているので、つかさくん、と聞いて え~~~! 驚きました!

 

連続殺人事件 関与 ←宝塚では細かく描かれてはいないのかも?

・野口靖彦

・岡部哲晴 業務上横領 

・手嶋正樹

・井上浩代

・手嶋の恋人・本多千鶴

 

◆関連記事

book.kokoro-aozora.com