宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

桜木みなと、銀河の星に@パーシャルタイムトラベル

第4週の金曜日の夕刊に連載中の

月刊タカラヅカ

今回の目玉は ずんちゃん(桜木みなと)主演の 

パーシャルタイムトラベル

正塚晴彦ファンの方はお読みにならないほうがいいかもです! 念のため。

ずんちゃん演じるのは 「シンガーソングライターを目指すジャン」と

宝塚歌劇公式HPに出ているのですが

このジャンって…チンピラ なんですって!

今日、夕刊タカラヅカ読んで知りました。

そのくすぶるチンピラがシンガーソングライターを目指す??という荒唐無稽

さすが正塚晴彦先生。やっぱり正塚晴彦は、コッチ系(ー'`ーメ)がお好き?

先行画像や ポスターを見た時は 期待持てたのに。

やっぱり チンピラやギャング、ゲリラ、スパイや コッチ系(ー'`ーメ)を

登場させないと気がすまないらしい。

BourbonStreet Blues → ギャング

ブエノスアイレスの風 → ゲリラ 

はじめて愛した     → 殺し屋

ロジェ      → ナチス戦犯逃亡組織

そして主人公が孤児 → BourbonStreet Blues、ロジェ、ラストプレイ

思考がワンパターン過ぎるよ!! panda_20170526195434040.gif

正塚晴彦先生の作品の中で好きな作品♪

*メランコリック・ジゴロ

*マジシャンの憂鬱

カナリア

*愛するには短すぎる

メランコリック・ジゴロ、最高~!です。

「パーシャルタイムトラベル」も、コメディタッチの物語だそうです。

正塚作品に多い「暗い作品」では無さそう、期待していいかな!

夕刊タカラヅカの記事冒頭 桜木みなと、

「間違いなく宙組をしょって立つ銀河の星になってきた。」と。

同感です!!!

記事にも書いてありますが、「王家ー」の新公でラダメスを熱演、

エリザベートでは皇太子ルドルフを繊細に演じ 役の幅が広がりました。

存在感が着実にアップした。

     ↑ この言葉は 新聞の記事中の言葉ですが

私の感想と全く同じです!!

魅力、実力兼ね備えた生徒さんの多い95期(95期萌えという言葉もある程)。

その中で 宙組はどう??って ちょっと疑問符付いてた時もあったけど

今や、宙組に桜木みなとあり!になってきた印象です。

存在感が出てきた!

先月末退団した同期のみりおん(実咲凜音)の

タフな精神力に圧倒されながら、同時に教えられた

「もっとのびのび楽しんだらいいんだよ。自由でいいんだよって」 記事より

なんと胸熱なエピソード。

桜木みなと、男役9年目

男役10年と言われる世界で 完成間近。楽しみですね~♪

私は まぁ様(朝夏まなと) A Motion だけで 「パーシャルタイムトラベル」は観ませんが

いい作品になりますように!! お祈りしてます♪