宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

泣いて!笑って!REON JACK2 千秋楽♪

REON JACK2 千秋楽 観てきました!

         reonjack2 (2)

いや~~もう楽しかった!!

でも 泣いて泣いて 大爆笑して 気持ち大忙しの千秋楽でした。

感想、めちゃくちゃ長いよ!

4回泣いたの。

で、帰りにデパートのトイレで自分の顔見たら

柔らかいアイライナーだったから(クリニーク クリームシェイパーフォーアイ)

涙で滲んでパンダ目になっててビックリ! 一体いつから?? 恥。(〃∇〃)

本日 カメラが入ってました。DVD撮り?

あんな楽しい公演が映像に残ったらいいな~~~

ちょっと欲しいかも??

今日も 「お気に召すまま」に続き ちえちゃん(柚希礼音)ファンの

yokkoさんとももさんとご挨拶&お話できて…

ずっと 応援している皆さんと劇場でお会い出来ることが素敵です。

ちえちゃんにも ちえファンにも ついていきま~す!

どこで泣いたのか…

 ちえちゃんとロペスさん 大貫勇輔さん3人のタンゴ

歌詞の内容や 美しい旋律に心を震わせ お歌で泣けることは今まで何度もあったけど

ダンスで泣くなんて!!

アクロバティックな動きも取り入れ 「かっこいい」なんていう言葉が安っぽく感じるほど

素晴らしいダンスパフォーマンスでした♪

ひとつひとつの動きが息をも吐かせぬ緻密さ。

圧倒されました。

 上野水香さんとのダンス

高校生の頃、バレエのコンクールでいつも1位だった上野水香さん。

昨年のNHKのSWITCHインタビュー達人達で ちえちゃんと上野水香さん。

互いにリスペクトしあっていたご様子、一緒にお仕事したいね、とおっしゃってて…

それが 今ココに実現したのですね!!

進んだ道は違っても 才能のある人同士が再び出会って

違う形でパフォーマンスを見せてくださって。

上野さんのダンスがしなやかで素晴らしくて、それだけで泣けてきました。

そして ダンサーちえちゃんが宝塚時代に こんな相手役と組めていたら

どれだけよかったか…とちょっと残念に思いました。

せめて ちえちゃんと ダンサーの月組トップ娘役・ちゃぴ(愛希れいか)が

組んで踊るところでもいいから 観たかったな~~。

 柚希礼音作詞・希望

ちえちゃんの作詞、というと コンサート「REON」で初めて作詞をして

「武道館リサイタル」でも作詞をして いつも素直な心情を形にしていましたね~~

今回は「希望の空」 。ちえちゃんが 温かい場所=宝塚歌劇団から巣立って

一人になった時の 不安や孤独感を抱いたこと、

道行く人々のスピードについていけない ポツネンとした寂しさや

自分の進むべき道をみつけられずにいる焦りなどが伝わってきて

泣きました~~~

最後のバックの映像が 雲が切れて青空がのぞいて…

今のちえちゃんの心情を表しているのだな…とジーンと来ました。

ちえちゃん、もう進むべき道を見つけたね、あとは邁進するのみだね♪

 Let's go for it!

去年のREON JACKの曲です。

「何百回転んだって 何度も立ち上がれ」 このサビのメロディも歌詞もよくて

泣けてきます。

と同時に 昨年母が亡くなる直前の公演で 心の底から楽しめなくて

観劇回数も減らして…

この曲を聴いたら そんなことを思い出して また別の思いで泣けてきて

もう最後ぐちゃぐちゃでした…

それでメイクもぐちゃぐちゃ、しょうがないな~

で、笑ったのは…

トークコーナー、今日のゲスト?は 大貫勇輔さん ヌッキー♪

最高のダンスパフォーマンスをされるのに 口を開くと面白くてナイスガイ!

客席とのやり取りもナイス~~~

ちえちゃんからのツッコミも上手に返されて 身体の回転も頭の回転も速いわ!!

本当に楽しいひと時でした!

このトークコーナーが長くって!

12:30~14:40で終わり? って思ったら 1時間ぐらいありました。

今日はいつもより長かったんですって!

道理で 千秋楽ってこともあり 終演時間書いてな~~~い!

       reonjack2 (1)

フィナーレのご挨拶の後、何度も捌けては 出てきてくれて

上野水香さんを呼ぶことになって‥ 「みずかちゃ~~~ん」と舞台袖に向かって

めちゃくちゃネットリと呼ぶちえちゃん。

がっ! 出て来る気配なし。 何度目かのみずかちゃ~~~んで

出てきたのが いや~んて感じで めちゃ女の子なSHUN先生。

モヒカンのいかつい男性なのに…可愛い~~♪

客席大爆笑!! SHUN先生の動きがぶりっ子の特徴捉えて素晴らしい!

こんなところにまで見どころが…最初から最後まで ぎっしり楽しさを詰め込んだ

REON JACK2 最高!!!

千秋楽 おめでとうございます!!

お疲れ様でした~~!


はい、ようやくREON JACK2の感想、いきます!

幕開き前は 紗幕のちえちゃんのシルエットが舞台からのライトで浮かび上がって

漏れてきた光で 客席がぼんやりとモヤがかかったような不思議な感じでした。

幕開けのオーロラビジョンを使った映像は 武道館リサイタルを彷彿させます、

次々に繰り出される映像が 視覚に効果的で ずんずん舞台へ引き込まれます。

そしてちえちゃん!! 大歓声!!

メンズダンサーも素晴らしい働き。

幕開けから一気に歌い ダンザブルな曲が終われば

しっとりと バラードに。

そして タンゴあり SHUN先生とのダンスあり 上野水香さんとのダンスあり。

次から次へと畳み掛けるように 一気に2時間!

すごいわ 

ロペスさんとのタンゴ、ヌッキーと3人で踊るところは

黒のパンツなんで セクシーさというより

アクロバティックな すごい動きの

それぞれのダンサーの息詰まる攻防、みたいな 

緊迫感のあるダンスシーン。

一番好きだったかも。

真っ赤なドレスで踊るタンゴシーンもありました。

こちらは 昨年 アルゼンチンに行って本場のステージに立った

ちえちゃんの経験が生かされている 流れるようなダンスでした。

あちらでは 相手に身を任せる、ということを学んで来ましたから

宝塚男役で 相手をリードしたりリフトしたりしていたちえちゃんには

難しかったんでしょうけれど すっかり 素の柚希礼音で勝負してました♪

上野水香さんのプロとしてのご活躍はあまりにもすごいですけど

ちえちゃんと組んで ちえちゃん男役で 水香さんがとても可愛い女の子役。

バレエの要素たっぷりのダンスが本当に美しくて

しなやかに撓む身体 バネのあるジャンプや 芯のブレない回転など

ため息しか出ない!

しかもおみ足が超絶美しくて…

ちえちゃんとのダンスシーン もっともっと観ていたかった~。

ちえちゃんとSHUN先生の蛇の踊りも面白いですね。

宝塚で 蛇のダンスとサソリのダンスを経験してるけど

今日のはまたちょっと違った ダンスでした。

出演者がひとりずつ 紹介旁ダンスを披露するところは

自分で振り付けているらしく それぞれの持ち味が出ていて

一人ずつの顔がよく見えるコンサートでした。

バンドのメンバーにもしっかり絡んでご紹介されてました。

今回は バイオリンの方もいらっしゃるんですね、タンゴあるし。

タンゴのちょっと物悲しい旋律にはバイオリンの音色が必要ですよね!

そう言えば。。。 コーラスのMARUさんがすごくって!

張りのあるよく通る声、ゴスペルとか歌うといい感じ♪

MARUさんはちえちゃんがお着替えの時にソロで歌っておられて

パワフルでソウルフルな歌声が素晴らしかったです!!

神戸出身で…神戸の方~~って聞いてくれたので

は~~い!! \(≧▽≦) て手を挙げておきました♪

あ、ちょっと 記憶が途絶え気味。

誰かがヒント出してくれたら するするっと思い出すんですけどね~

ま、なにか思い出したら 追記します。

ワタクシ、今回、嬉しかったのは ちえちゃんが退団してから

アメリカに留学して 鳴り物入りの「プリンスオブブロードウェイ」出演しました。

あの頃、すごい人達と共演できて ちえちゃんの人生の宝物になったね、と思うけど

ちえちゃんの これでいいのか私?的迷いを 勝手に感じておりまして

舞台上のちえちゃんが あんまり輝いて見えなかったんですよね。

作品その物も ハロルドさんの作品のつぎはぎで

ひとつひとつのシーンは 一番の聴かせどころや感動シーンかもしれないけど

ミュージカル作品としては????でした。

だから 次のREON JACKで生き生きしたちえちゃんを観て

これよ、これ!!と思った。

でも 宝塚の延長部分もあり 新しいものも古いものも混ざったコンサートでしたね。

私は 退団後は 「新しい柚希礼音」を期待していたので、

REON!!コンサートの延長みたいで 嬉しさもあり がっかりもありました。

でも 今回、「新しい柚希礼音」を魅せてくれて大満足!!!

宝塚って「男役」という制約やら いろいろ劇団、演出家の見せ方という枠があったけど

やっと縛りがなくなって 自由にちえちゃんの思うことができるって素晴らしい。

今回は 一から みんなで相談して作ったコンサートだそうです♪

それだけにみんなの一体感も思い入れも強いのがよくわかりました!!

演出家を入れてないんですって!!

だから 主演のちえちゃんと ステージを仕切ったSHUN先生中心に頑張った~~!

それが 最後のご挨拶の時の熱い抱擁に現れていました!(横でロペスさんががっくり肩を落としてた^^)

本当にお疲れ様でした!!

「ファン思い」であろうとしすぎて

自分を見失いかけてたちえちゃん。

最高のパフォーマンスを見せていれば

ファンはついていきます!!

それがわかったちえちゃんは 迷いが吹っ切れてスックと力強く根を張ったと思うよ、

新しい 第二の人生というフィールドに。

もう迷わずに ただ「柚希礼音」であればそれでいい。

いつまでも応援します♪

今回 クールでアーティスティックなステージを作ろう、と決めたと、言ってましたが

まさに クールでアーティスティックで・・・クオリティの高いステージ。

これから 毎年3月は「REON JACK」の月に決めようよ!

他の出演者さんも ちゃんと3月はREON JACKの為にスケジュール開けといて。

ホールも早めに押さえてね!!

3月と言えば?? 恒例REON JACKと言えるように。

ずっとずっと続いて欲しい 素晴らしいステージでした!!

本当に、本当に、

ちえちゃん、ありがとう! SHUN先生ありがとう!

出演者の皆さん スタッフのみなさん すてきな公演をありがとうございました!!

先週の花組全ツで相当やられて 友人から生存確認のメールが来るぐらいだったのに

今日また すんごいステージ観て…

なんて幸せなんでしょう♪

今週は スカーレット・ピンパーネル 1回目の観劇です。

ちょっと心配ですが、また感想UPしまーーす!!

ふっ。私、ちえちゃん語ると熱いな。

◆関連記事

バイオハザード観劇してきました♪ 2016.11.13