宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

ちぎちゃんコーナー7分31秒@NHK ホットにこのひと

ちぎちゃん NHKのほっと関西にビデオ出演、

ホットにこのひとのコーナー、こちら ↓で観ました。

◆関西 NEWS WEB 大阪放送局 トップ

宝塚歌劇団 早霧せいなさん 

は~~い! たったの7分31秒の中に、

紹介や挨拶もあって 舞台映像もチラ見せしてるから

実際 青井アナとのトークは本当に短くて。

ヅカファン、特にこれと言って新しい話題はなく…

ワタシ的には宙組6年目で…の所で

あの頃から 頭角を現してきたんだな~と思った次第。

【男役を演じる難しさ 楽しさ】

ちがうもの(男性役)になるのが面白い。

男役の中でも小柄だったので 今でも小柄ですが (自分受けで笑)

コンプレックスでした。

大柄な男役さんが多い宙組だから、余計に感じたでしょうね 

6年目の宙組の公演で

背の高い男役さんたちに混じって踊っていた時に

先生が 早霧ぐらい大きく動きなさいと言ってくださって…。

大きく踊っているように見えるんだ…

みんなの前で言ってくださったのでこのやり方で間違ってないんだ

って思った時に自信がついたそうです。

6年目 「NEVER SAY GOODBYE」か「竜馬伝」か??

どちらも ちぎちゃん新公主演されてますね♪

【トップになって】

トップは孤独だったり 重責がある立場だと思ってたが

孤独というより みんなが意識してくれて作品作りに 挑んでくれて

ファンの方が今まで以上に励ましてくださって

温かさが感じられる立場 ←ちぎちゃんのお人柄ゆえ

皆さんの気持ちに突き動かしてもらってる感じ

【作品について】

映画やアニメを原作に持つ舞台 原作のイメージが強く焼き付いている作品は…?

やりづらいですよ~~ (  ̄ノ∇ ̄) ̄ー ̄)ヒソヒソ (お口に手を当ててました 

幕末太陽傳

コメディタッチの作品なので 明るい作品で退団なのでよかった。

【宝塚】

自分自身を全てを注ぎこんできた世界、悔いはない。

【退団後】

宝塚に向き合ってきたどうなるか自分でも分からない

退団して一度ゆっくり自分と向き合いながら今後を考えたいとの事。

  ↑ 青字の部分… 

もう 今すぐにでも退団しそうな話っぷり。

「早霧さんにとって宝塚とはどんなところでした?」

過去形。笑

公演は来月後半からで ご卒業は 7月23日なんですけどね。

まだ 4ヶ月近く残ってるよ!!

ちょっと違和感のあるインタビューでした~~~

舞台上の演じる姿はかっこいい、

インタビューでは 優しい雰囲気の女性、と感じたという

女性キャスター。

ちぎちゃんは、

優しい、というより パワフルで明るくて気さくで爽やか、for me

熱いパワーを秘めているんですけど…これだけじゃ、そこまで伝わらないわな、

一般ピーポーに。

さて、今日のこの7分半の映像 一般視聴者にどう映ったでしょうか???

有名な作品、人気アニメや映画を原作に持つ作品に出会って

プレッシャーがあった分、

原作ファンが劇場に足を運んで

男性ヅカファン増加は ちぎちゃんの功績が大きいのでは、と思います。

先日帰ってきてた夫も 息子も

「来月 『るろうに剣心』がスカステで放送されるの??」って

珍しく 向こうからヅカネタ振ってきました ^^;

録画しておいてあげるよ~~♪