宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

あきら、おめでとう!感動した!(^o^)/

瀬戸かずや バウ初主演作品

アイラブアインシュタイン 11時公演 観てきました。

もう、ずっと言ってるんですけど

柚香光 バウ初主演作品 「ノクターン」で

柚香光の父親役で すごく渋くてカッコいいおじ様演じてて

大人の男の色気だだ漏れだったんです〜♪

その後 北翔海莉主演の「風の次郎吉」、

ポスターにイ・チ・コ・ロ!batanQ_2016091623570656e.gif

いなせな色男っ!

着物の裾からのぞくふくらはぎにもクラ〜

「カリスタの海に抱かれて」 でも、気骨ある男の役、

はまってました!

「For the people リンカーン 自由を求めた男」、

すごくスポットが当たっていて、存在感がすごかった。

満を持しての 瀬戸かずやの初主演。

むしろ遅すぎたぐらい。

「For the people リンカーン 自由を求めた男」であきらと

ご一緒された専科の英真なおきさんが

組子があきらを慕っていたと感じられたそうです、

やっぱり兄貴なあきら全開だったんですね!!

瀬戸かずや主演、て聞いた時はkita-_20160916235705dbe.gif

って思ったんですが

タイトルに、???? アインシュタイン? 

で、アンドロイドと聞いて、ますますワケワカラン。

演出家も 今公演でバウでビューの谷貴矢先生、大丈夫かっ??て。

でもスカステニュースのお稽古場で

あきらと先生の対談がすごく楽しそうで

きっといい雰囲気でお稽古場されているのだろうな〜と、思いました。

そんな稽古場の空気が今日の舞台にも反映していた気がします。

谷先生は、ガチガチに決めてしまうのではなく

役者の自由裁量の部分を残してらっしゃるそうです。

だから 自分なりの味付けなどできて 出演者はやりがいありますね!

○田歌舞伎と呼ばれる「ベルサイユのばら」は

型が決まってて それはそれでぴたっと決まれば気持ちいいのでしょうが

発展性が無いですね。それを伝統の継承というのかもしれませんが。

真ん中が似合う兄貴なあきらは文句なくかっこよく魅せてくれました。

一挙一動がかっこよく、目が離せない!

さらに マイティが、今すぐにでもセンターが務まりそうな勢い。

声量のある歌声、滑舌の良さ、確かなお芝居が好感!

爽やかな笑顔にも

99期の亜蓮冬馬くんの活躍が目覚ましい!

国家人間主義労働党党首の役。

専科の英真なおきさんが幹部役なのにすごい???と思ったら…

そう言う事ね

スタイルいい、お歌お上手 そして芝居巧者でもありました。

今後が本当に楽しみ!

娘役さんは べーちゃん(桜咲彩花)が包み込むような愛を表現。

まぁるく柔らかな歌声が 私は好きです!

ヒロインの城妃美伶ちゃん、熱演でした。

私は アンドロイドのハンス(天馬みちる)とアンネ(梅咲衣舞)からも

目が離せない〜〜〜、本当にお芝居お上手♪

動きが、機械じかけのアンドロイド^^

ほっこり笑わせてくれるお二人に拍手♪

そして…

予想外の、1幕の最後に トーマス(水美舞斗)の

大どんでん返し的発言で幕。

え〜〜〜〜、2幕は一体どうなるのっ??って

ますます 舞台から目が離せない展開。

悪役が楽しい、と言う英真なおきさんも 芝居巧者ですよね。

本当に見所だらけでした。

ラストにとても大切なメッセージが込められていて

泣きそうになりました。

サブタイトル、「サイエンスフィクションラブストーリー」

ってのは 考えなくていい、っていってた通り

主人公はサイエンティストですけど、

心温まる 「愛」と「心」の物語。

フランス革命、宮廷ものは、もう飽き飽きだし

オリジナルで完成度高い新作は、

ここ最近では星逢一夜ぐらい?

アインシュタイン、大満足です!!

フィナーレのショーの黒燕尾のかっこいいこと!!

泣きそうになりました。

若手4人のダンスも素敵♪

和海しょう 水美舞斗 綺城ひか理 亜蓮冬馬

眼福♪

ストーリーを紹介したいけど

今回ばかりは、ネタバレしたら面白くないので止めときます。

どうしても知りたい方は…

要相談。