宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

星組版より月組「激情」の方が好きかも!

ワタクシ、柚希礼音ファンでして、(ご存知でした?)

星組の激情、ちえ(柚希礼音)ホセに心を重ねて観劇し

なんとか、キュンポイントも見つけて

辛うじてオッケーだったんですが…

今回、月組の激情を観たら、

断然月組の激情の方が私好みでした。

星組の激情は、気合い入りまくりで

すごくねっとり絡んでいましたね。

カルメンを演じた(夢咲)ねねちゃんのセリフ回しが

気持ち悪くて、感情移入できず!orz

今回観た 月組の激情は…

たまきち(珠城りょう)の持ち味の

真面目さ、実直さが生かされてた気がします。

タイトルロールであるカルメンを演じた

ちゃぴ(愛希れいか)の演技が

わざとらしくなくていい!

「舞音」でも、ちゃぴの演技には、

本当に引き込まれます。

嫌な女も、そんな風に見えないのは、

私の色眼鏡なのか、

ちゃぴのお人柄故か…

さりげなく←ここ大事!

小悪魔で、男を弄ぶ感(^艸^)が上手いね〜

カルメンを想えば想うほど、

窮地に追い込まれていくホセ。

たまきちの真面目さが功を奏して、

切ない!って思わされました。

ちゃぴは、軽やかに、「自由な女」を演じ、

ホセを翻弄するのも、仕方ない、と

納得させられるのでした。

R18的場面も、月の方が品がいい?(⌒▽⌒)

エスカミリオのありちゃん(暁千星)、

少し大人っぽくなって

マント捌きも鮮やか〜〜

ダンカイレ、星では英真なおきさんでしたが、

月組は、なんと 輝月ゆうまくん!

あくの強い男の役、とてもお似合いでした。

「春の雪」では、清様の父役で

6学年上のみりお氏(明日海りお)に、

ビシーーっとキューを打ちつける迫力!

すごい演技ができる若手だわ!と驚いたのが

初めて輝月ゆうまくんを確認した瞬間でございます。

あ、そうそう、狂言回しのメリメと

カルメンの夫・ガルシアの二役のかちゃ。

あっと言う間の早変わりで

カルメンをガシッと抱きよせるガルシア。

線の細いかちゃですが、かなり作りこんで

ワイルドに変身!

旦那が居たんかい?って

唖然ボー然のホセの中に

裏切りを知った時に発生する黒い炎が見えました。

ラストのセットは、いたってシンプルですが

何も大げさに装飾しなくても

感動と言うのは、いいものを観たら

最後にじわーっと押し寄せてくるもんだな、と

つくづく感じました。

カルメンというタイトルロールが嫌いで

今回の公演もアパショ狙いだったんです。

でも、思いの外、激情がよかった!

トシちゃん(宇月颯)がソロをもらってたり、

ショーも含めいい仕事してました。

ダンサーだと思っていたのに、

いつの間にかお歌も上手になって

別格路線の道を歩むのか…

今日、まんちゃん(貴千碧)休演のニュースが…

今公演のアパショにかける情熱がすごかったので

休演は、さぞ悔しい事でしょうね。

全国のファンが

まんちゃんの切れのあるダンスを

楽しみにしてます。

早く良くなって、復帰して下さいね!

他にも感動ポイントあった気がしますが

思いついたらまた書きます。

今、病院で書いてます。

今晩は、病院泊です。