宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

黒豹について語れない orz

今日の柚希礼音 ディナーショーチケット、10時に電話したけど

予想通り撃沈でした。

中継も、買えるかどうか怪しいので 

あまり熱くならないようにしよう、と自制心が働いてます。

後の「がっくり感」がコワイ・・・

私としては、待っていたはずの黒豹「稽古場情報」が

先日からスカイステージで流れているっていうのに・・・

入り込めない、というか 入り込むのが辛い

今回の演目は、柴田侑宏先生の「新作」っていうことで

「予習」のしようもないし、

こんな感じのお話・・・という 流れはわかるのだけれど

配役が出ても 人物像が描けない。

じゅんこさん(英真なおき)さんが 叔父さん役

まさこさん(十輝いりす)が 友達役・・・らしいですね。 納得。

人物相関図を 黒豹の如くの特集ページにUPして欲しいです!!

切望!

もうあんまり日がないよ~、Hurry up

この公演で、宝塚男役のちえちゃん(柚希礼音)が

最後だという事実を直視できず、逃げております。

期待してるから 熱く語りたい自分と

冷静に~ 冷酷に~(←これ、違う!)という自分が せめぎ合ってもいます。

すごくしんどい moyamoya.gif

ここんとこ 気持ち低空飛行。

10年ぶりの柴田先生の新作が、どないなもんなのか??

吉と出るか 凶とでるか??

ちとコワイ。 何せ最後だから。 めちゃくちゃ期待してるから。

私の好きなタイプのお話でありますように!!!!!!

                〔十〕

        ( * ̄)m

昨年退団された えりたん(壮一帆)の退団が

私には理想なんですね~

トップさんが持つ個性、長所を十二分に発揮出来る役を得て、

のびのびと楽しんで演じられてるのがよくわかりました。

演劇というのは フィクションだけど

すごくリアリティのある舞台に、引きこまれました。

組子もえりたんに心酔してたし 温かい千秋楽でしたね。

えりたん&雪組、そして 雪組ファンの皆さんが羨ましかったよ。

「黒豹の如く」に望むのは、個性を生かす配役で 

心の中にストンと落ちる、キュン♪なセリフが満載で

最後だから エンディングは爽快感あふれ、

満たされた気分になる作品であって欲しい。(注文が多すぎ? 

祈るような気持ちで 初日の幕があがるのを・・・

待ってるような…  早くちえちゃんに会いたい!

待ってないような… 幕が開いたら 退団を直視しなければならない!

これまた 2つの心がせめぎ合い。

ふぃ~~~っ!

このモヤモヤを 早く吹き飛ばしたい!

どーーーーするっ???

ちえちゃんファンの皆様、如何お過ごしですか?