宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

【花組】『うたかたの恋』30年ぶりの大劇場公演で新演出?|配役チェックしてみた

昨日、今日と、元花組トップスター・明日海りお様 ファンミーティングで楽しんできました。

 

懐かしいわ、お茶会を思い出したわ♪

 

さて〜 一昨日発表になった『うたかたの恋』退団者と、その他の配役。

 

ちょっとチェックしてみます。

 

自分用記録:配役と役どころ

随分前に、スカイステージで2013年宙組版『うたかたの恋』を視聴しました。

 

全国ツアー公演なので、人数は半分で、外箱公演用の配役になっていましたが、この度、30年ぶりに大劇場で公演されることになりました。

 

大劇場公演は、80名近い生徒さんを使わなくてはならず、役を増やす、モブを増やすという作業が大変そうですね。

 

今回『うたかたの恋』を演出される小柳奈穂子先生は、

2017年に外箱のドラマシティ公演だった『はいからさんが通る』を、

2020年に大劇場公演一本物に格上げして上演されました。

 

すでに、経験のある小柳先生ですから、違和感なく、人数をふやして、なにかのエピソードを新たに入れられるのかな?と興味津々です♪

 

配役は、大まかに分けて、

  • ルドルフ関係
  • マリー関係
  • 劇場関係
  • 政治関係
  • 警察関係

に分かれるのかな、と。

 

お役は実在の人物多数で、検索したら出てくるのですが、わからなかったのが、

クロード(侑輝大弥)とジョルジュ(希波らいと)。

 

クロードは、『うたかたの恋』の著者、クロード・アネでしょうか?

もし、そうだとしたら、ストーリーテラーかな?

 

はいからさんが通る」の大劇場版では、雪組から異動してきたひとこちゃん(永久輝せあ)が高屋敷要役で、ストーリーテラー的な役割を担っていました。

 

小柳先生の演出なので、ありかも。

 

ジョルジュは…少年ルドルフの指導係で後にフランス首相になったジョルジュ・クレマンソーでしょうか?

ツェップスの紹介で家庭教師になったようですね。

ルドルフの自由主義的精神は、ジョルジュ・クレマンソーから学んだものです。

ジョルジュが、クレマンソーかどうかは、人物相関図が出るまでわかりませが^^

 

新しいお役として、一番注目を集めているのが、あわちゃん(美羽愛)演じる、ソフィー・ホテック

チェコ出身の元女官でルドルフの従弟、フェルディナンド大公の妻という役どころ。

 

1894年にフェルディナンド大公がソフィーと出会い、恋に落ちて貴賤結婚したのは、1900年。

ルドルフの死は1889年なので、ソフィーが描かれるということは、マイヤーリンク事件後も描かれると推測できますね。

 

警視総監や、警官役もキャスティングされているということは…マイヤーリンクでの事後あり説が濃厚に??

 

マイヤーリンク事件は謎が多く、心中ではない、という説も。

 

それでも、あまり話を複雑にするより、心中事件で完結するのが美しいように思いますけどね…(私見)。

 

「その後」があるかどうか今の所わかりませんが、蛇足にならなければいいな、と願ってます。

 

心中というのは、この世では障害があるから、「死後の世界で結ばれたい」という強い思いの結晶。

だから切なく胸に迫ると思うのです。

 

そして、「その後」天上で結ばれる二人、まで描くの宝塚流ですね。

 

ロミオとジュリエット』は天国で、

『MESSIAH』はハライソで結ばれて、涙、涙でした。

 

小柳先生の『うたかたの恋』、どのように新演出されるのか、ワクワクしてます!!

 

あ。既存の配役についての感想書いてないわ^^;

また、機会があれば書きとめよう。

 

今回はニューキャストと、その後が描かれるのかの考察でした。

 

⚠️配役表は宝塚歌劇公式HPより引用

ルドルフ 皇太子 柚香 光
マリー・ヴェッツェラ 男爵令嬢 星風 まどか
ジャン・サルヴァドル ルドルフの従弟 水美 舞斗
ジェシ マリーの乳母 美風 舞良
ロシェック ルドルフの老僕 航琉 ひびき
ロイス公爵 ドイツ大使 舞月 なぎさ
ゼップス ウィーン新聞社 和海 しょう
エリザベート ルドルフの母 華雅 りりか
フリードリヒ公爵 官房長官 羽立 光来
フェルディナンド大公 ルドルフの従弟 永久輝 せあ
ステファニー 皇太子妃 春妃 うらら
クラウス警視総監 警視総監 紅羽 真希
フランツ・ヨーゼフ ルドルフの父 峰果 とわ
ホヨス伯爵 ルドルフの側近 帆純 まひろ
ヴェッツェラ男爵夫人 マリーの母 凛乃 しづか
ターフェ首相 墺洪二重帝国首相 高峰 潤
支配人 支配人 春矢 祐璃
シュラット夫人 女優 糸月 雪羽
ブラットフィッシュ ルドルフの御者 聖乃 あすか
フィリップ皇子 ルドルフの側近 一之瀬 航季
警官 警官 和 礼彩
マリンカ ボヘミアの歌姫 咲乃 深音
警官 警官 龍季 澪
クライス 士官 翼 杏寿
クロード クロード・アネ? 侑輝 大弥
ベッセル 士官 太凰 旬
ツェヴェッカ伯爵夫人 ルドルフの元愛人 鈴美梛 なつ紀
ハンナ・ヴェッツェラ マリーの妹 三空 凜花
ラリッシュ伯爵夫人 ルドルフの従姉 朝葉 ことの
ジョルジュ クレマンソー? 希波 らいと
ミッツィ ルドルフの愛人 詩希 すみれ
ハンス 士官 海叶 あさひ
ハムレット 劇中劇 天城 れいん
マリー・ヴァレリー ルドルフの妹 都姫 ここ
エヴァ ステファニーの侍女 愛蘭 みこ
ソフィー・ホテック フェルディナンドの妻 美羽 愛
モーリス大尉 ルドルフの副官 美空 真瑠
ミリー・ステュベル ジャンの恋人 星空 美咲
クリューガー 士官 夏希 真斗
劇場係 劇場係 鏡 星珠
オフィーリア 劇中劇 七彩 はづき