宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

白夜の誓い 観てきました♪

宙組トップスター 凰稀かなめ退団公演

白夜の誓い グスタフ三世、誇り高き王の戦い 観てきました。

     gusutafu.jpg

表紙の写真、こちらのライトが写り込んでいるのではなく、逆光の写真です。

ポスターが陰鬱な感じだし、グスタフ三世と王妃の関係がイマイチで

また、キュンと心に響くようなラブストーリーじゃない、ってわかってたから

全く期待してませんでした。

ネタバレあります、ご注意ください。

でも、わかりやすいストーリーで、思ったより良かったよ!!

グスタフ三世は、暗殺されるけど

エリザベートのように、通りすがりの暗殺者ではなく

盟友だったヤコブに殺されたのでした。

ポスターにも出てた 伶美うららちゃんは、思ったほど出番はなかったです。

うららちゃんとみりおんとの 王の寵愛の取り合いのようなドロドロはなくて

最後は、お互いに認め合うのです。 ホッ♪

グスタフは、フランス留学時代に心を寄せたイザベル(伶美うらら)が忘れられず

デンマークから輿入れしてきたソフィア(実咲凛音)は、不本意な結婚に頑なになり、

お互いに心を開けずにいて・・・

相変わらずな 宙組の演目に 心冷え冷え。

最後の最後までこんな感じか~~~~ panda_gakkuri.gif

グスタフがロシアに戦いを挑むシーン、迫力がありました~!

足元から響いてくる砲音、臨場感があって

前だけでなく 後方のスピーカーも使う、って

以前、スカステの番組「ステージドア」で言ってたけど

今日 それを体感して、音響さん頑張ってる~って思いました。

音が客席に立体感を出していました。

両花道に広がった 軍服の男役さんたちもかっこよくて 

この作品は、男役パラダイスですねっ♪

主演と張り合う黒い役、ここでは、王を暗殺したヤコブですが

これは、二番手役ですね。

スカピンのショーブランのように。

ということは、これ、まぁくん(朝夏まなと)がやるべきなんじゃないでしょうか?

その方がスッキリします。

すでに観たという方の感想は…

「かなめちゃんときたろうのための舞台」だと。

最近では、公然とかなめちゃんのきたろう推しが行われており

友人は、ポスターに、番手外のきたろうを載せたことに

大いに疑問を抱いています。

そして、お芝居の後半もきたろう@ヤコブとのシーンが多く

ストーリーはいいのだけれど、なんか違う…っていうmoyamoya.gif

全編を通して 晴れることはなかったです。

スターシステム」が確立している 宝塚歌劇団において

宙組は、異色です。

トップスターの意向が 大きく作用しているような気がします。

そして 宝塚ならではの「トップコンビ」の見せ場。

宙組ではほとんどありません。

ファンは、それを求めていると思うのですが・・・

だから 宙組って 客入らないんじゃないの?とは 某氏の言葉。

かなめちゃんの退団公演ということもあり、

宮廷ものということもあり

お衣装がすごくゴージャス!!

そのかわり? 軍服が2010年宙組公演 トラファルガーのものだそうです。

自分が暗殺されるという噂を知りながら

舞踏会に赴き、ヤコブに撃たれたグスタフ三世

最後は誇り高き王として 舞台奥へ去って行く、

客席に背中を見せて。

後ろ チラ見で幕。

その後ろ姿は、宝塚を去る「凰稀かなめ」自身と重なって・・・

泣く人は泣く、でしょうね。

私は涙腺硬めのため、泣かせる演出だわね、と冷静。

なんだかんだと書きましたが、いい作品です!

ショー Phoenix 宝塚!!については、また明日以降にUPします。