宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

宝塚@NHKニュースKOBE発とは・・・

3日間もブログお休みしちゃいました。tehe.gif

 

 

さて~、そのうちUPしようと思っていた

5月31日のNHK ニュースKOBE発のレポです ↓

 

 

宝塚歌劇団の公式HPのメディアのコーナーに

わざわざお知らせしてくれてたので録画して観ました。

(放映時間には、まだ宝塚大劇場におりました。)

    

 

丁度、星組「ロミオとジュリエット」公演初日の放送なのは

宝塚歌劇団の意向を汲んでか…?

 

 

 

ロミジュリの宣伝も兼ねているのか、

2013年星組ロミオとジュリエットの映像(舞台稽古撮影?)を

差し込みながらの説明でした。

 

バルコニーで歌うねねちゃんから始まり

大好きなちえねねのバルコニーシーン

    

 

そして…

 

ドーーーーン!!

「世界の王」をパワフルに歌うことちゃん(礼真琴)

映ってる時間が長い~ しかも大写し~

 

すごいな、ことちゃん♪

 

めちゃくちゃ印象に残りました。

 

…って事は、一般ピーポーにはもっと印象付けられたはず。

歌唱力がすごい  べンヴォーリオ…ベニも大変だ。

 

 

10分弱のコーナーでしたが 

宝塚の表舞台に立たない方たちを紹介していくコーナーのようです。

 

 

第一回目は…演出家

 

初回は、入団36年の座付き演出家の小池修一郎先生と

右腕」と紹介された稲葉太地先生(14年めらしい)

 

宝塚の舞台創りのバトンを渡す、というお話でした

 

宝塚の若手演出家は、複数の演出家に付いて学ぶところが

他の演出家とは違うらしいです。

 

お芝居、日本もの、海外ミュージカルなど

いろいろな作品を経験できるのがいい、と。

 

生徒は、いずれ卒業していくので、イメージを固定しないで

いろんな役を経験させる、と小池先生

 

で、役替りの説明に…紅ゆずる@ティボルト

 

 

演出家は、丁度今、新旧交代の時期にありますね。

 

勢いのある、みずみずしい感性を持った若手が

次々とバウ公演あたりからデビューしています。

 

女性の演出家も活躍めざましい。

 

100周年後も、素敵な作品をたくさん観せていただきたいです!

 

 

 

にしても…宝塚の話題は、大概キー局の大阪放送局制作なのに

神戸放送局が宝塚のコーナー放送するなんて、あら、珍しい。

まぁ、宝塚は兵庫県にあるわけですが。

「ニュースKOBE発」は兵庫県内しか放送されないので

ジェンヌさんは出ないんだな~

 

というか、今回は舞台を支える人たち中心。

 

 

 

キラキラの衣装部さんや

雰囲気を盛り上げ、芝居の世界にリアリティをもたせる

舞台美術・大道具さんにすごく興味があるので

是非観てみたいです!

 

華やかな表舞台も、

裏方さん達の見えない努力に支えられているんですね~

今後の動向も要チェック!

 

 

今回の残念ポイント

星組トップの柚希礼音様をもうちょっとクローズアップして映して欲しかった…

 

 

いよいよ、明日はっ!「TAKE FIVE

 

昨日(2013.6.5)の朝日新聞夕刊にも芸能面に紹介されていました。

 

     

忘れずに録画予約しておきましょう♪