宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

スポニチ・薮下さんの2013年ロミジュリ評に納得♪

怒涛のロミジュリネタで 毎日暑苦しくってごめんなさい 

スポニチ 宝塚歌劇支局に、

2013年版 星組ロミオとジュリエット評をUPされています。

  → スポニチ 宝塚歌劇支局 ロミオとジュリエット評 (2013.5.31)

タイトルは…

柚希&夢咲 まさに盤石のコンビ!星組ロミオとジュリエット

「盤石のコンビ」…このフレーズ、ちえねねファンを小躍りさせますねぇ

緑字は、薮下さんの記事抜粋部

柚希のロミオは、前回よりさらに若々しくフレッシュで、

しかもナイーブな雰囲気もかもしだし、

ジュリエットへの一途な想いがストレートに伝わる好演。

歌唱も心がこもった。

同じ組、同じトップコンビでの再演ということで、

ちえちゃん(柚希礼音)も相当のプレッシャーだったようですね。

3年前の自分が、ライバルって言ってたけど、

「前回よりさらに若々しくフレッシュ」という、最高の評価!!

ちえちゃん、努力が認められましたね~♪ よかった~

ナイーブな雰囲気…わかります!

前回最高!って思った「ちえロミオ」

今回は 更に更に演技に磨きがかかって、

細かい心の襞を丁寧に演じていて、巧いな~って思いました。

お歌にも、気持ちを載せているのが伝わってきました!

さすが!! レベルアップしてました!!!!!

息があっているというのか、愛し合っているという気持ちの動きが

細かい息づかいまでうまく伝わってくる。まさに盤石のコンビといえよう。

二人の気持ちが寄り添っているのがわかるので

安心して観ていられる。

そして、二人の心に 自分の気持ちを重ねることができる。

だから ちえねねワールドが好きなんだな~♪

大抜てきの礼のベンヴォーリオは、(中略)

「世界の王」が、若さあふれる場面になった原因ともなった。

歌唱力が安定しているのが魅力だ。

まさしく!! 琴ちゃん(礼真琴)の歌唱力は揺るぎない!!

ただ歌っているんだじゃくて、魂の叫びのような

人の心に訴えかけてくるものがあります。

素晴らしい!!

真風の大きく包み込むような無気味な死の動きは

悪魔的なムードがさらに増した。

黙って歩いているだけでも、不気味なオーラが漂ってます。

舞台中央で、芝居が繰り広げられている時、舞台の袖にいても

オペラグラスを魔風、失礼、真風にロックオン!してしまう。

観客を惹きつける魅力の持ち主ですね~!

乳母の美城れんは、低音部分の厚みのある歌声は見事で

聴き応えあり「南太平洋」のひげ面とは打って変わった

チャーミングな乳母だった。

今回、大注目の美城れんさん!!

「あの子はあなたを愛してる」のソロで、客席の心を鷲掴み!

涙が、流れるのを止められませんっっ!

一樹千尋英真なおきの専科メンバーはいるだけで安心、存在感はさすがだ。

ほんと、ほんと。

大切にしたい 宝塚の貴重な人材です。

専科さんの、円熟の演技が、芝居をさらに盛り上げてくれますよね~♪

関連記事 → 頑張る上級生♪ (2013.5.25)

テクノポップス風の激しいサウンドをバックに踊り狂う。

ここが最大のみどころだ。

そう!ヾ(≧▽≦) ここ見どころっ!! ヽ(*´∀`)ノ ← 興奮気味

ため息モノ! ずっとずっと観ていたいくらい素敵!!

星組生みんな素敵!!

振り付けしてくださったSHUN先生にも、拍手を送ります!! kuma_hakushu.gif

そして…またしても、ちえちゃんの開襟にやられたっ! batanQ.gif

観劇予定が無い方も、チャンスがあれば、

ちえちゃんと星組にやられに、行ってみてください♪

素敵なフィナーレを堪能してみてください!!

2013年のロミジュリ、初演とは似ていて非なる

進化を楽しめるロミジュリです。

6月8日から、役替り Bパターンも始まります。

そちらも楽しみ~♪

薮下さん、

2013年星組ロミオとジュリエット、お褒め頂きありがとうございました。