宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

【月組】ブラボー!!出島小宇宙戦争!!楽しい~!!

最高に楽しいお芝居とぴったりハマっているキャスト陣、素晴らしいよ!

初日から、SNSで、好評の感想しか流れてこない「出島小宇宙戦争」。

2020年2月12日14:30公演を観てきました。

f:id:kokoro-aozora:20200212204649j:plain

いや~ 楽しかったです!

公演のタイトルが出た時、Twitterでは不安の声が大勢を占めていました。がっ!!

素晴らしい~~!! 

谷貴矢先生、素敵な作品を作っていただきありがとうございます!

キャストの皆さん、皆さん生き生きされていて 目がふたつじゃ足りなかったです!!

個性豊かなお役に、芝居巧者が舞台に引き込んでくれます

ちなつちゃんが、あんまりストーリー広めるな、って言うからさ、書きにくいけど。

今日の公演で折り返しなんですって。

 

まずはお江戸からスタート。

 

オープニング、赤黒緑の(歌舞伎の)定式幕がさ~っと開くのですが、これも映像なのですね。巧い!

そして幕に映るのが、天文方・カゲヤス(鳳月杏)が囚われている邸。KEEP OUTのテープが…これも映像。

町民の やっちゃん(佳城葵)、ぐっさん(春海ゆう)、が てやんでー! べらぼーめ!と江戸っ子らしい啖呵きってるのが笑いを誘って 安定の芝居巧者、さちか姐さん(白雪さち花)が加わって威勢のいいこと!

楽しい幕開き。

 

出島に宇宙人がいる…という噂が立って、天文方のカゲヤスに解決させるべく、カゲヤスは解放されて、出島に赴きます。

長崎奉行のシゲカタの妻のシゲチヨさんの病気をビビビッと何やら エレキテル風の装置で治してしまう、シーボルトが長崎の人たちの心を捉えていました…

長崎の人の中にも 月の都の住人は混じってますけど。これはプログラムを見て、初めてわかりました。

 

とにかく 鳳月杏、素晴らしく格好いいです! もともと立ち姿が美しいので 組長さんもおっしゃってましたが、望遠鏡を担ぐ姿も様になっています。グレーカラーの髪色もお似合いでした。腰まである長い髪を背中に垂らして 颯爽と動く姿が男前です。

ちなつちゃん(鳳月杏)、一体いつからこんなに素敵な 存在感のある男役さんになったの??

手放しで大絶賛します!!

 

タダタカ(光月るう)の弟子のカゲヤス(鳳月杏)とリンゾウ(暁千星)は、幼馴染。共に天文を教わり地図の作成に携わっていましたが 長じて後は道を分かって、リンゾウは隠密に。

実はあることが原因で2人の仲は疎遠になってしまっていて…

 

若きカゲヤス(蘭尚樹)とタダタカのシーンが何場面かあって、これがあるおかげで すごくわかりやすくなっていました。リンゾウとの不仲も…。

演出巧い!

 

そして、るうさんも、カゲヤスとの掛け合いが多く、セリフの量はちなつちゃんと同じかやや多め?というぐらい、今回も大活躍です!

教科書に載ってた伊能忠敬とは全然違う(当たり前)、赤い瓢箪に入ったお酒をぐびぐび飲みながら カゲヤスにべらんめえ口調で真理を諭す、といういいお役。

「夢現無双」や「I AM FROM AUSTORIA」でも 2番手並のご活躍で…(*´艸) こんな宝塚人生もあるんだな~と関心してます。

 

 

若手も頑張っていて頼もしい!

さて~ 特筆すべきは、風間柚乃くんの演技力。

以前から定評があり、「チェ・ゲバラ」(観てません)でも高評価でしたから、今回も期待通りのご活躍。

台本どおり、演出どおり、なのかもしれませんが、自然体で存在していて引き込まれました!

まさに緩急自在に 場を操っている、ぐらいの貫禄でした、唸る~!

 

今回のありちゃん(暁千星)は、骨太なお役で頑張っていました。

二幕のソロの歌唱も素晴らしく、一昨年の「エリザベート」で培った歌唱力が今に生きてますね♪ ありちゃんは、早くからバウの主演などもらっていましたけど 歌唱力や演技力を身に着けてきた今、ありちゃんの主演を観たいです。

1幕最後に カゲヤスは、ありちゃん演じるリンゾウに銃で撃たれて…、幕。

 

 

え~~~~~~~! 主役が死んだ?? f:id:kokoro-aozora:20200108003428g:plain

という、まさかの展開で幕が下りて、2幕への期待が高まる…という演出は、

谷貴矢先生のバウデビュー作「アイ・ラブ・アインシュタイン」の1幕最後で、え~~~~~~~!てなったことを思い出さされました。

ナイス♪

 

この作品を盛り上げるもうひとりの功労者は、海乃美月。

うみちゃんのお名前にも月が付いていて、この作品にぴったり、カグヤですものね。

カグヤの素性のことは あまり語らないほうがいいのかな?

とにかく 軽やかで可愛いです、セリフまわしもふわふわしてて可愛い♪

うみちゃんのヒロインは見飽きた、という方もいらっしゃいますけど やっぱり真ん中の似合う娘役さんです。

それに、ちなつちゃんとの相性も抜群! それは「I AM FROM AUSTORIA」で夫婦役をされたのもありますが、なんかいぶし銀的落ち着きというか安定感というか 安心してみていられるクオリティの2人だからだと思います。

 

本当に、充実の舞台でした。

 

芝居 楽しく、フィナーレで泣く、そんな一粒で二度美味しい 出島小宇宙戦争、今日はこの辺で・・・

 

明日に続きます。