宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

【衣装展】華麗なる宝塚歌劇 衣装の世界@神戸ファッション美術館 

神戸ファッション美術館にて 4月16日から6月12日までの会期で開催中の

華麗なる宝塚歌劇 衣装の世界

観てきました。



宝塚歌劇展で初めて衣装に特化した大規模展示。 約120点が展示され、主な展示内容は、衣装約40点、帽子約10点、靴約10点、シャンシャン(フィナーレ使用小道具)約30点、その他資料(デザイン画含む)約30点、宝塚歌劇関連映像となっている。

 展示構成は、第1章から第4章と、Epilogueの5つ。華やかな衣装や舞台写真、映像を用いて宝塚の世界を紹介した後、ファッションや衣装で宝塚の歴史・変遷をたどり、アニメ、漫画、ゲーム原作とした作品の圧倒的な再現性を見ることができるほか、和服をはじめ、中国、インド、欧州、北・南米など、世界中の地域をテーマにした作品から代表的な衣装を展示する。最後は、歌劇展の締めくくりとして、シアターコーナーでの映像と、花・月・雪・星・宙の各組紹介、豪華な大羽根衣装を背景に記念撮影ができる写真撮影可能スペースが設けられる。

クランクイン!! 2022年4月15日より引用

 

神戸ファッション美術館25周年記念の企画展

5月9日、宝塚歌劇公式HPで「華麗なる宝塚歌劇衣装の世界」展の開催について(再)と改めての案内が出てましたね。

 

15日まで宝塚大劇場公演がお休みなので、この週末にでも行かれてはどうでしょう^^

昨日は、10時の開館と同時に入館し、細かく見て回り、1時間半ぐらいで回れました。

館内では、フィナーレの映像も流れているので、映像を観るともう少しかかるのかもしれませんが…これは人それぞれでしょうね。

 

出口のミュージアムショップはプチキャトルレーヴになっていて、

Blu-ray、歌劇などの出版物、ファミリアとのコラボ巾着などのグッズ、お菓子(ハッピーターン萩の月は取扱なし)などが販売されていました。

Sポイントが付くかどうかは不明。

阪急エメラルドスタシアカードを持っていると、4人まで団体料金で入れます(200円引き)。

65歳以上は500円、更にエメラルドスタシアカード提示で400円、

神戸市内在住の65歳以上は無料!!すごっ!!

 

アクセスはJR住吉駅で六甲ライナー乗り換え、もしくは 阪神魚住駅で六甲ライナー乗り換え、これが面倒^^;

 

でも駅からは、シェラトンスクエア2階経由で濡れずに行けるので雨の日でも便利♪

 

宝塚の生徒さんに興味はあっても衣装に興味のある方は少ないの?

平日の朝一だからかそんなにお客さんは多くなかったです。

 

カテゴライズされてましたが、リストがないのでうろ覚え^^;

⚠宝塚ファンになった2008年以前の作品については語れず

覚えてる範囲内で(ほんのちょっぴりですが)書き留めておきます。

2014年の衣装展示会の過去記事(過去ブログに保管)も載せてますので、よろしかったら御覧ください。

宝塚歌劇の世界へようこそ

望海風斗、真彩希帆 Music Revolution!、Gato Bonito!!

明日海りお BEAUTIFUL GARDEN

蘭乃はな  Le Paradis!!

 

Délicieux!の可愛いピンクのロケットの衣装と靴も展示

 

大劇場のセットの模型も。

 

宝塚の基礎知識もまとめてパネル展示

 

衣装デザイナーのコーナー

「モン巴里」で使ったデザイン画やパリゼットの台本?なども展示。

 

有村先生のデザインの「エリザベート」のトート閣下の衣装は、宙組朝夏まなとトートと、月組・珠城りょうトートの衣装が展示されていました。

鬘は、瀬奈じゅんトート、明日海りおトートのものを展示。

衣装デザインサンプル、こんな布で作るよ、と端切れもありました。

 

総スパンの布や、珠城りょうトートの衣装のサンプルも。

 

彩風咲奈 「Fire Fever!」の衣装(衣装担当:河底美由紀先生)のデザイン画も興味津々!!

 

側章 太細太、石 特大、大、中、小、とか記入してあるのです。

なるほど~

帽子の展示

ロシアン・ブルー 魔法使いの緑の帽子

ME & MY GIRL   ランベスクイーンの貝ボタンがいっぱい付いたハット

スカーレット・ピンパーネル マルグリットの帽子

などなど…

 

外部デザイナーの衣装

高田賢三さん、コシノヒロコさんらのデザイン画と作品が展示されていたのですが、自分が知らない時代のなので、忘れました…orz

 

原作のある作品の衣装(順不同)

銀河英雄伝説の衣装 

初の舞台化で原作ファンを取り込もうという作戦、凰稀かなめ、実咲凜音のトップお披露目公演でしたね~^^

 

東離劍遊紀の凜雪鴉(りんせつあ)、丹翡の衣装

これは、台湾の布袋劇から生まれた日台合同映像「Thunderebolt Fantasy 東離劍遊紀」の人形のデザインそのまま。

紅ゆずる、綺咲愛里が着用、再現度100%で話題に♪

 

天は赤い河のほとり カイルの衣装 

漫画から起こしたと思われるデザイン画も展示。

 

ベルサイユのばら

中央に、マリー・アントワネット、左にアラン、右にオスカル

ここでは、マリー・アントワネットが心の支えにしていた「ステファン」人形も展示されていましたし、古いステファン人形(過去二代)もガラスケースに収められていました。

 

思いつくままに列記します…

ショーケースの中には、

眠らない男ナポレオン 戴冠式のマント

鳳凰伝        トゥーランドットのマント?

 

展示

異人たちのルネサンス カテリーナのダークオレンジの衣装

クルンテープ    黄色い衣装

風と共に去りぬ   スカーレット・オハラの白に緑のリボンの衣装

1789         マリー・アントワネットの水色にお花の付いた衣装

All for One       ダルタニアン デニムの衣装

 

原作のあるものは、もともとの作品世界を壊すことなく、細かいところも作り込まれていますし、衣装の装飾も時代を考えて作られていたり、素材にも工夫があって素晴らしいです。

 

各種剣も展示されていて、こんなに長いものを身につけて、抜いているんだ、って、舞台上のご苦労を偲びました。

 

宝塚の「歌劇の殿堂」でも観ることはできますが、一同に会していて圧巻です♪

エピローグは大階段?

Aquavitae!! の真風、まどかちゃんの衣装です。

大階段の前に立つとスポットライトが当たる!

心憎い演出です。

 

過去のシャンシャン、いくつ分かるかな?

答えはこちら ⇓

 

答えはこちら ⇓


公演の衣装担当は必ずチェックしてます^^

大劇場公演なら、初日が明けたら、キャスト欄に、スタッフも発表になるので、楽しみにしています。

別箱公演は、プログラムを買ったら一番にチェック。

衣装には期待しているだけに、御園座公演「王家に捧ぐ歌」…(ry

 

作品をよりリアルなものにするために、宝塚らしい、宝塚でしか作れないような素敵な衣装を、これからもたくさん観たいです。

 

バックヤードツアー 5000円なら参加します!!

衣装部さんのお仕事が、入ってすぐのブースのモニターで映像が流れて紹介されていました。

衣装の色に合わせて、靴も色を塗っていかれます。

床山さんが、宮廷の官吏の鬘を手入れされているところが映ってました。

100周年の頃のスカイステージの番組で衣装部を紹介する番組があったんですが、たくさんの軍服がハンガーに並んでいて圧巻でした。

シャンシャンを作ってらっしゃるのも、「ステージドア」という番組でよく見かけますが楽しいです!

 

そんな衣装に対する疑問が

1️⃣ 日々の公演での汗や汚れはどのように落とし、処理しているのか

絶対に汗はかきますから。でも毎日公演があるので洗えないし、どうされているのか?

宝塚劇場千秋楽から東京公演までに一度洗っているのでしょうか?

 

2️⃣ 新作衣装の他に、過去に使った衣装を「有り物」と言う、と前に何かで読みました。その有り物は、公演ごとに膨らんでいくので、どうやって保管されているのか、と思います。

特に、輪っかのドレスや、装飾物の多いものは、一旦外して収納されているのか、どのように保管されているのでしょうか

 

3️⃣ 有り物の衣装には「おかき」という小さな布に、着用した人の名前が書かいてあり、縫い付けられているそうです。

大先輩のあの方もこの衣装を着られてたのだ…と胸熱になったり勇気をもらったりするのでしょうね^^

そういう、名物のショーの衣装なども見てみたいです

 

4️⃣ 東京公演、別箱公演、海外公演など、衣装、大道具、小道具などの運搬も大変だと思うのですが、そんな苦労話を座学で聞いてみたい

 

衣装部さんのお邪魔にならないようにしますので、「バックヤードツアー」を開催していただきたいです!

 

◆関連記事

宝塚歌劇100年展@兵庫県立美術館 楽しかった~!! - 2014.9.17

 

◆過去記事

⚠以前FC2で書いていた記事をこちらに転記しました ガラケー写真で失礼します。

 

「華麗なる宝塚歌劇の世界展」に行きました♪(2011年8月23日)

8月17日から 博多阪急7階イベントホール「ミューズ」で開催中の
「華麗なる宝塚歌劇の世界展」に行って来ました。

    DSCN1977.jpg       


6月11日に 兵庫県立歴史博物館(姫路)で開催されていた
宝塚歌劇~咲き続けて一世紀」展にも行きましたが
こちらにも来てよかった、被り物の展示品多し!

 

思えばあの6月11日に、博多遠征が決まったんだった。
なんだか ご縁を感じるわ~

入り口には 客寄せパンダ的 ベルばらの衣装が展示されています。

  DSCN1972.jpg       

宝塚と言えばやっぱり「ベルばら」、ゴージャスなお衣裳。

         
「愛と青春の旅立ち」でちえちゃん(柚希礼音)がかぶってた帽子
よく見ると、こんなにびっちりスパンコールが・・・
道理できらきら輝くはずだわ!

    DSCN1973.jpg


豪華な小道具の一例 

DSCN1975.jpg DSCN1976.jpg DSCN1978.jpg DSCN1988.jpg DSCN1987.jpg

DSCN1989.jpg DSCN1990.jpg DSCN1992.jpg DSCN1993.jpg DSCN1994.jpg

DSCN1995.jpg DSCN1996.jpg DSCN1997.jpg DSCN1998.jpg DSCN1999.jpg

DSCN1986.jpg DSCN1991.jpg 

どの作品で 誰が被ったかわかりますか~?


近くでみると、こんなにすごかったんだ!とびっくり!
羽根あり、スパンコールあり、ラインストーン、ビーズ、レース・・・
材料もさることながら 手の込んだ仕事をしています。
帽子のつばの裏側にまで ラインストーンやボタンがついてるし。

「ロシアンブルー」でみなこ(愛原実花)ちゃんの被ったグリーンの帽子も
遠くからはわからなかったけど、近くで見ると
緑の帽子に黒のチュールのレースをかけて、黒の猫をアップリケして
その上から 黒のビーズをたくさん縫い付けてあります。

これらの被り物すべてが細かい手作業によりできていて
本当にひとつひとつが芸術作品!


思わずため息がもれました

デザイン画を起こして 形にするまでに膨大な人手と時間とお金がかかってそう。
すごいな~、さすが宝塚

この展示品、 撮影OKなのが嬉しいね!
撮影しきれないくらい たくさんありました。
エリザベートの帽子なども、トップさんによって
色やデザインが少しずつ違って 豊富にありましたよ!

 

宝塚歌劇~咲き続けて一世紀@県立歴史博物館(2011年6月11日)

 

姫路1

姫路の県立歴史博物館で開かれている特別展
宝塚歌劇~咲き続けて一世紀」(神戸新聞社主催)に行って来ました

入館者が 6月2日に1万人を達成したそうです! 

この展覧会では、宝塚歌劇の創設から現在に至る輝かしい歴史を紹介するとともに、
劇中での華麗な衣装、舞台装置、ビデオ映像などを通して、
絢爛豪華な歌劇の世界を堪能していただきます。

姫路観光ナビHPより 

 

宝塚師匠から 行ってきた!と 羽根をしょった写メが届きました。
おお! ステージスタジオに行かずとも トップスター気分を味わえる企画。

私も行ってみた~い!!と、お友達と無理矢理予定を合わせて行って来ました!
明日で閉幕、ギリギリセーフ!!

写真撮影OKなのが嬉しいね!

係の方も気軽に、写真を撮ってくださいます


少女歌劇の誕生を貴重な写真で振り返るコーナーから、
歴代トップさんのポートレート、 

ベルばらや風と共に去りぬの衣裳や 劇中で使われた馬車なども展示

DSCN1713.jpg DSCN1712.jpg DSCN1714.jpg DSCN1716.jpg DSCN1719.jpg

DSCN1722.jpg

道具帳 縮尺1/100の舞台平面図

 DSCN1721.jpg DSCN1724.jpg
ポスターも多数展示、2008年からのファンの私でも懐かしかったです!

組の写真も名前と共に展示。
あのスターさんの素顔はこんな感じ、
このかわいい人はだぁれ?と食い入るように見てました。

最後のコーナーは羽根背負って、シャンシャン持って撮影出来るプチ・ステージスタジオでした。

宝塚100年への道・・・way to the glory

私たちのような 宝塚ファンが一世紀もの間、綿綿と支えてきた宝塚歌劇
これからも 清く正しく美しくのモットーの下
世界に誇れる 日本を代表する文化の一翼として
これからも ますます輝き続けて欲しいです!