宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

伊吹有喜著「カンパニー」読了&宝塚先行画像出た♪

今年の5月に上梓され 翌月の6月末には もう宝塚での上演が発表された

伊吹有喜著 カンパニー

 

先程 読み終わりました。

 

      カンパニー

      

 

涙、涙の大感動~~~!

 

伊吹有喜ファンは 舞台予想を常とする 宝塚ファンの心理を

ご理解いただけないと思うので 閲覧ご遠慮ください。

 

 

 

 

宝塚歌劇HPに先行画像も出ましたね。

 

   → 『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』

 

ちゃぴ(愛希れいか)がチュチュを着ている、ってことは…美波役なのね。

実力は素晴らしく 数々の賞を受けて留学したのに

肝心のところで採用されず 失意の帰国。

でも 美波にも 起死回生のラストが用意されていて…

 

 

 

作品は 小説新潮に2015年4月から 2016年7月まで連載されていたようです。

石田先生(宝塚歌劇団)は 早くからこの作品をご存知だったのですね。

 

もう 劇団の裏ネタ満載ですからね!

宝塚あるあるですっ!

 

本の帯には

「合併、社名変更、グローバル化。老舗製薬会社の改革路線から取り残された47歳の総務課長・青柳と、

選手に電撃引退された若手トレーナーの由衣。

二人に下された業務命令は、世界的プリンシパル・高野が踊る冠公演「白鳥の湖」を成功させること。

主役交代、高野の叛乱、売れ残ったチケット。

数々の困難を乗り越えて、本当に幕は開くのか―?人生を取り戻す情熱と再生の物語。」

 

 

リストラの危機に瀕した 青柳誠一(舞台では 誠二w)がバレエ団に出向することになったが

起死回生の働きで 新しい人生の扉を開ける話。

 

人生をオセロに例え ほとんど黒くても 角にひとつ白を打ったところから形勢が変わるように

ひとかけらの勇気で 人生のオセロ板に白いコマを打ってみたら

ガラリと人生の風景が変わることもある、という例え話に 勇気をもらいました。

 

 

プリンシパルは 社のポスターにも登場しているイメージキャラクター

世界的バレエダンサー 高野悠。

 

有明製薬の社長令嬢が所属する 

敷島バレエ団で高野悠が客演することになったのでした。

 

慣れないバレエ団での仕事に奔走する青柳を通して

バレエ団、劇団の様子や 興行戦略がわかり 興味深かったです。

 

同じ有明製薬所属の マラソンランナーについていたトレーナー瀬川も

ランナー突然の引退で 職を失い 高野のボディケアを担当することに。

指先で筋肉や筋の違和感を探り 直していくトレーナーの仕事も

詳しく描かれていて読まされました。

 

また、正統なバレエダンサーだけでなく

エグザイル風? 知名度が高く人気のダンス&ボーカルユニットの

二軍の若者も入れて…いろいろ想像を掻き立てられて

あっという間にページが進みます。

 

フラッシュモブのシーンでは 登場人物たちがいきいきと動いていて

胸熱でした! ウルウル…

 

 

バレエは第三幕にアクシデントが起き 皆がギリギリの精神状態で

それぞれ葛藤するところは 緊迫のシーンですが

 

作者の紡ぎ出す素敵な文章が 心の琴線に触れて

胸に熱いものがこみ上げてきます。

 

 

生きる勇気が湧いてくる一冊、オススメです!!!

 

と 本の感想はココまで。

 

さて 月組公演の画像が出ましたね。

 

愛妻を亡くし生きる意欲を失った製薬会社の青年サラリーマン青柳誠二 珠城りょう

 

原作では 妻子に捨てられた 総務課長47歳…ですが あんまりですので

青年サラリーマンに設定変更。

 

サラリーマン、ってお役は本当に難しいと思います。

以前 雪組で「Shall we ダンス?」で 主演の壮一帆さんが

その難しさを語っておられましたが すごくハートフルな作品に仕上がってました。

 

バレエ団のバレリーナ高崎美波との淡い恋が描かれるという…

 

本当に淡いんです、しかも 高崎美波は 印象的なお役ですけど脇役で…

この役を トップ娘役の愛希れいかが演じるとは ちょっと意外。

宝塚屈指のバレエダンサーではあるけど ストーリー的に???

 

原作を改編して 誠二と美波の恋(といえるほどでもないが 思い過ごしも恋のうち)の

比重を大きくするのかしら??

 

原作では

青柳誠二 ⇔ 高崎美波(バレエダンサー)

高野悠 → 瀬川由衣(トレーナー)

 

二組の恋。

 

バレエダンサー高野悠は 「アルカディア」でもダンサーのお役の暁千星で決まり?

 

悠にべったり付き添って 体のメンテナンスを担当している瀬川由衣は 誰が演るの?

結構な大きなお役!と思っても 宝塚歌劇団が演出すると あれ? ( ゚д゚)ポカーン

って事 ありますよね??

阿弖流為」の母礼(原作では主役級の役)、舞台に載せたら 役小さめでした。がっかり。

 

瀬川由衣も原作ほどの出番はないのかも知れません。

 

由衣は元バレー選手で 努力すれば必ず報われると信じて練習に明け暮れていました。

名門校にいってみると 才能のある選手ばかりで

由衣が必死で頑張って修得したことも 才能ある選手はさらりとできてしまう、

努力では絶対に埋められない距離と挫折体験をしています。

でも そんな暑苦しくても 夢中になるその姿勢を 王者の才能だ、と高野は認めてくれたのでした。

ジーン。

 

一癖も二癖もあるダンサーや業界人には

個性豊かな 月組の面々が 好演、怪演しそうで

今からとても楽しみです!!!

 

そうそう 高野悠と共に 白鳥の湖を踊る 水上那由多、誰かしらね?

 

そして お嬢様プリマの 有明紗良は海乃美月ちゃんかな~?

海ちゃんもバレエ 美しいですものね~

 

那由多の所属する バーバリアン・Jは エグザイルとかを重ねてしまいます。

阿久津、誰かな~

 

妄想が楽しい^^

 

宝塚あるある 劇団&公演 あるあるを 追記する予定。

 

一旦UP します。

 

 

98~99ページ

*日本のバレエ団はお稽古事の延長という形だから 団費をお月謝の感覚で収める。

公演は発表会と考えるとチケットのノルマが有るのも仕方ない。

ノルマ以上にチケットを売ってカンパニーに貢献できたら良い役が付きます

 

*実力があっても金がなければ良い役は踊れない? ある程度の金を納めれば

いい役を踊れるというのは どこでもそう。

 

お金も才能のひとつです

 

199ページ

 

SNSを利用して公園の感心を高めるために バレエ団のフェイスブック

練習風景の動画を定期的に公開することが決まった。

 

218ページ

 

ウェルネスバレエ ハロウィンコンテスト開催

 

244~248ページ

 

新宿アルタ前 フラッシュモブ 敢行!

 

 

 

 

やっぱり 役はお金で買うんだったのね。で納得できました。

 

そして 戦略的に動画をSNSに流しているのも もう既にやってますよね♪

 

いろいろと小さなネタも おもしろくて バレリーナはこんなことやってるのね、って

ありありと目に浮かび楽しかったです!!

 

ヨーロッパに留学していると 現地で イエローとか 猿がなぜバレエを踊る??など言われ

差別もあるようです。

技術的に素晴らしくても、いや 素晴らしいからこその妬みからの発言かな?

 

でも 嫉妬や意地悪が当たり前だから それに音を上げるようなら

最初からこの世界に入るな、とも… 

この世界では、メンタル強くないと生きていけませんね。

 

先日ビリー・エリオットを観たばかりですし バレエの世界に触れて面白かったです。

 

「カンパニー」には 白鳥の湖のいろんなシーンが細かく描写されているので

本当の白鳥の湖を観たくなりました。

 

ちゃぴは 美波として ワンシーン踊るのでしょうか??

 

作品内容と宝塚が合ってないようにも思うのですが

石田先生がどう料理されるのか、とても楽しみです。

 

素敵な群像劇になりそうな気がします。

 

努力 情熱 仲間たちですものね!!

 

 

宝塚関連以外の本の感想も書いています、ご興味があればどうぞ♪

⇨ happyの読書ノート