宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

【雪組】2023年2月外箱公演の振り分け発表|『BONNIE & CLYDE』『浜辺のストルーエンセ』

雪組公演『蒼穹の昴』を観てきました、感想は明日以降に書こうと思います。

 

本日、来年2月の外箱公演の振り分けが出ましたね。

どちらも暗そうな作品なので、ちょっと食指が動きにくいのですが…

 

また、米原の雪が…とか言って、名古屋遠征は諦めそうな気がします ^^;

 

1️⃣『BONNIE & CLYDE』 演出:大野拓史

 

透真 かずき 彩風 咲奈 久城 あす 杏野 このみ 桜路 薫
天月 翼 和希 そら 沙羅 アンナ 野々花 ひまり 希良々 うみ
眞ノ宮 るい 星加 梨杏 琴羽 りり 麻斗 海伶 有栖 妃華
咲城 けい 真友月 れあ 聖海 由侑 夢白 あや 愛羽 あやね
紗蘭 令愛 愛陽 みち 蒼波 黎也 絢斗 しおん 菜乃葉 みと
琴峰 紗あら 愛空 みなみ 海咲 圭 希翠 那音 華世 京
夢翔 みわ 天音 ことは 夢陽 まり 彩名 美希 絢月 晴斗
妃奈 環 瞳月 りく 小乃美 ゆき 紗香 にいな 琴華 ひまわり

 

新トップコンビお披露目公演、で海外ミュージカル、はお祝儀かしら。

なぜ『BONNIE & CLYDE』なのか?とも思いますが、痛快なのでしょうか?

作曲がフランク・ワイルドホーンさん、ということで、宙組の『NEVER SAY GOODBYE』に続き、またワイルド・ホーンさん。

音楽は、まちがいなく、心の琴線に触れる曲でしょう。

 

ストーリーは好みが分かれそう…。

 

なんだかお披露目から、警官に蜂の巣にされてしまうお役なんて…orzと、これはもともと、このタイミングで上演する作品ではなかったのかな?とおもったり。

 

宙組のショーもタイミングずれたような印象を受けましたし(LDH都合?)、雪組のこの作品も…コロナなのかなにかわかりませんが、寒い2月にますます寒くなりそうな。

 

こちらには、2番手として、人気の和希そらくんが振り分けられていますし、カセキョー(華世京)くんも役付き良さそうですね♪

 

眞ノ宮るい(100期)、咲城けい(102期)、聖海由侑(103期)の3桁期のお三方も♪

個人的には、元星組のさんちゃん(咲城けい)が、星組のときより断然ポジションUPしていて嬉しいです、さすが温かい雪組

 

娘役さんは、娘役2番手に野々花ひまりちゃん。

希良々うみちゃん、有栖妃華ちゃん、愛陽みちちゃん…歌上手娘役がしっかりキャスティングされているのも頼もしい。

 

せっかくの「海外ミュージカル」なので、もっと楽しい『TOP HAT』や『ME & MY GIRL』のような作品だったらよかったのに…

 

2️⃣ 『浜辺のストルーエンセ』 演出:指田珠子

 

奏乃 はると 真那 春人 朝美 絢 愛 すみれ 白峰 ゆり
妃華 ゆきの 叶 ゆうり 諏訪 さき 縣 千 日和 春磨
一禾 あお 涼花 美雨 稀羽 りんと 壮海 はるま 莉奈 くるみ
天咲 礼愛 千早 真央 麻花 すわん 風雅 奏 音彩 唯
紀城 ゆりや 美影 くらら 月瀬 陽 霧乃 あさと 華純 沙那
白綺 華 瑞季 せれな 風立 にき 苑利 香輝 星沢 ありさ

 

公演ラインアップが出た時、「ストルーエンセ」とは??ってググって、どんよりしちゃいました ^^;

 

主人公のストルーエンセ、王の随行医から成り上がって宮廷掌握、改革断行、王妃と不倫!

やりたい放題の結果、斬首刑に処される…という全く救いのないお話で…

 

ま〜雪組、どちらも暗そうなストーリー。

 

『浜辺のストルーエンセ』指田珠子先生のオリジナルなので、どのように演出されるのか、あっとびっくりな、そう来るか、というお話になるのかもしれませんね。

 

演出家デビューの『龍の宮物語』から『冬霞の巴里』、そして『浜辺のストルーエンセ』へ。

やや暗めの作風なのかも?

 

この作品で東上公2度目のあーさ(朝美絢)。

東上初主演の『ほんものの魔法使』は、本当にもったいなかった、なぜあんな作品を、研13の2番手・朝美絢に当てるのか、と当時プンプンでした…

宝塚人生の中で主演を務める機会は、そんなに多くなく、貴重なチャンスです。

だからこそ、当てられる演目はすごく重要だと思ってます。

 

あーさ、公演中の『蒼穹の昴』の春児、ハマってます!

ようやく役作りを楽しめる作品と出会ったのかな?と思います。

 

役者は、お役との出会いで成長しますから、みなさん持ち味を出せるいい作品と出会ってほしいな♪

 

あーさが主演で、おそらく、音彩唯ちゃん(105期)がヒロインでしょう。

後、娘役2番手に、新公ヒロイン経験済みの華純沙那ちゃん(106期)、かしら?

 

2番手=縣千(101期)、3番手=一禾あお(102期)、かな?

蒼穹の昴』でお二人は光緒帝と、王逸でご活躍ですから、頼もしいです。

 

芝居巧者の組長にわにわ(奏乃はると)、まなはる(真那春人)、しゅわっち(諏訪さき)もいて、ガッチリ固めてくださりそうです。

 

若々しい布陣となっていて、若手を発見、発掘するのが楽しそうな別箱公演の予感。

チケットが当たったら観に行きたいです!

 

現在公演中の『蒼穹の昴』、雪組が熱い!

これからの雪組にも期待値がUPしてます!!