宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

【月組】I AM FROM AUSTRIA 初日映像、そしてチケット追加w

月組 I AM FROM AUSTRIA 初日映像、楽しそう!

幕開きすぐから 大勢で歌って踊って楽しそうです!

そんな中を真正面のドアから 女優のエマ(美園さくら)と マネージャーのリチャード(月城かなと)登場!

さくらちゃんは こういう堂々とした かっこいい系女性のお役、似合いますね。

 

ちなつパパ(鳳月杏)のスーツ姿が最高に決まっててかっこいいです! 口ひげもお似合い♪

昨日も友人と来年のトップお披露目の「はいからさんが通る」で青江冬星の役は誰が演るの?? ちなつちゃんに特出して欲しい!!と二人で叫んでました。

また 古巣の月組で良いお仕事して欲しいです!

 

組長の光月るうさんは 「女史」とでも言いたくなるような 大きい千鳥格子のスーツにシルバーの鬘がお似合いです。見かけとはちがって 話し声に特徴を作ってらっしゃいますね。コミカルなお役のようです。

 

うみちゃん(海乃美月)演じる クールで知的なジョージのママ。なぜか途中からだるま姿で踊りだす??

このシーン、ウィーン版にもあるのかしら?

やっと怪我が治ったダンサーのうみちゃんに、齋藤先生が見せ場を作ってあげたのかな?と深読みhappy ^^;

 

フロント係の 風間柚乃くん。制服が 赤白赤のオーストリア国旗のようです。

ジャーナリストのまゆぽん(輝月ゆうま)がかっこいいです!髪をひとつに束ねてリアル男子みたい^^

 

夏月都ちゃんは 今回は普通のおかあさんw ON THE TOWNでぶっ飛んでたから今回も楽しみにしてました。

が、エマの事を心配して 帰りを待ちわびてるお母さん、かしら?

 

そして芸達者の白雪さち花姐さんは…ピンクのドレスに白い羽根のついたヘッドドレス、サテンの白手袋で、この出で立ちでも旅行会社の社員なんですって! ジョージパパ(鳳月杏)に惚れてるみたいです。

まんざらでもなさそうで デレデレして鼻の下伸ばしてる感じが巧いな、ちなつちゃん!! ^^

何なの!このひと!! と怒り心頭のうみちゃんママ。対比が面白いです^^

 

サッカー選手のありちゃん(暁千星)もあごひげ付けてワイルド感を出してますね~~!

例のマッチョマッチョナンバーの所では ありちゃんひとり銀橋に出て 後ろの舞台では組子が勢揃いしてマッチョナンバーを披露してました。

 

お愉しみポイント

客席下り

ショーがないのに(フィナーレのショーは付きますが)f:id:kokoro-aozora:20191006224221g:plain客席下り!

あ、ミーマイもランベスウォークの客席降りありましたね、忘れてたわ。


客席降りは 客席もライトで明るくなり 生徒さんて近くで拝見しただけでも嬉しいのに 客席で笑顔を見せて、

時に目を合わせて微笑んでくれたりするとわくわくして チケット代がすごくお安く感じます。

チケットの売れ行きが悪いといわれている月組ですから 客席おりで客席の心を掴むのはあり、だと思います。

ヘリコプターのシーン

ウィーン版にあって ここは エマが生まれ故郷のオーストリアの良さを再発見するところですから 外せない重要なシーンですね。

テレビの映像ではわからなかったけどバックの風景の映像が楽しみです!

音楽

ウィーンミュージカルの 「エリザベート」も「モーツァルト!」も壮大な曲が多くて 芸術のかほりがしましたけど この作品はポップなので 肩肘張らずに楽しめそう。

メロディラインがきれいなら そして耳に残る曲ならいいな~♪

I AM FROM AUSTRIAは コメディである!

…と トップの珠城りょう様said

客席の笑いがドッカンドッカンと来てたそうで 手応えを感じているのではないでしょうか?

舞台はお客様が入られて 初めて完成するんだ、改めて感じたそうです。

嬉しい驚きがたくさんあったようです。

 

今回 日墺国交樹立150周年で (成功させなければ、と)強い使命感で望んだたまきち。

作品のテーマはふるさとや家族といった一見 誰でも共感できる内容だけれど 深くて繊細だそうで… 苦労した点も多々あったのかな~

 

オーストリアの人気作品

オーストリアで2年間のロングヒット作品ということで きっといい作品になっていると思います。

フィナーレで 大階段もオーストリア国旗にちなんで、赤白赤、舞台に並んだ組子の斜めがけたすきも赤白赤、そして トップ3の大羽根も、

月城かなとくんと さくらちゃんが赤、たまきちが白の 赤白赤。

客席にオーストリアのウィーン劇場協会 代表取締役、音楽監督、ミュージカル芸術監督、脚本・アイデア担当の4人の方も来られてたので オーストリアに最大限のオマージュを捧げた感じですね^^

 

なんと、シャンシャンが ザッハトルテならぬ エードラートルテ?に タイトルロゴ。

お芝居の中でも ホテルの名物のトルテが登場しますものね。

本国では人気でも 宝塚で 第二のエリザベート、になりうるのか、その検証は11月に!と友人の友会チケットで1回だけ観るつもりでしたが…

先日 人物相関図の記事書いてるうちに ムショーに早く観たくなり、公式HPでポチっとチケット追加してしまいました…^^;

 

しかも…友人が新公チケット当たってたらしく…新公も行くことになり。

1回のつもりが あっという間に3回にw

楽しみだわ♪

 

◆関連記事

【月組】人物相関図と演出家が語るみどころで少し見えてきたI AM FROM AUSTRIA 2019.10.3