宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

【雪組】天上界もあるfff (フォルティッシッシモ)人物相関図

想像するのが楽しい人物相関図が出ました♪

公演前の情報のお楽しみが、配役発表、人物相関図、スカイステージ「ステージドア」の三拍子揃ってチャッチャッチャ♪

 

配役発表で、この生徒さんがこのお役!!と 驚いたり喜んだり悲しんだりの次は人物相関図ですよね。

 

大体察しが付いているものもありますが、意外な関係だったり、思っていたのと役の比重が違ったり そんな驚きもある相関図は、観劇の助けになっています。

外箱公演には、相関図のページがないけど、外箱公演も相関図出してほしいぐらい。

自分でノートに相関図を書いて 頭の中でキャストを整理してます。

 

大体2回から、多くて5回ぐらいしか観ないので、できるだけ初回から、なるほど…と腑に落ちてほしいのです。

生徒さんたちがお稽古前に関係資料を読まれるように、私も原作本があれば読みますし、ウィキペディアもチェックしてます。

最初から知っていれば、知らないで観るのに比べて感動が全然違いますから。

 

天上界、ウィーン、フランス軍、ルートヴィヒの生まれ故郷ボンと謎の女

天上界がある、というのは、汝鳥伶さんがケルプ(智天使)と配役発表で出たときからなんとなくわかっていました。

ケルプに仕えるケルヴィム(天使)がいるのも、青薔薇の精霊のようだな、とこの前記事に書きましたけど。

まさか、まさか、ヘンデルテレマンモーツァルトら作曲家も、モーツァルトとの逸話もあるマリー・アントワネットも天上界の人とは思いもしませんでした。

 

そして…謎の女(演:真彩希帆)は、やっぱり謎のまま、どのグループにも所属してないですね。

謎の女は、ミュージカル「モーツァルト!」のアマデ的存在なのか?

聴力を失い絶望する天才音楽家の前に姿を現した謎の女。女の不可解な存在にいらだちながらも、いつしか彼女を人生の旅の友としてゆくルートヴィヒ。やがて二人の不思議な関係が生み出した音楽とは──。

 宝塚歌劇公式HPより引用

 

ミュージカル「モーツァルト!」には、ヴォルフガングにしか見えない、小さな男の子「アマデ」が登場します。彼はいつもヴォルフガングのそばにいて、光る小箱を持ち、五線紙に白い羽根ペンを走らせて、作曲をしています。

彼は、ヴォルフガングの分身。

光る小箱の中身は、音楽の才能が詰まっているのでしょう。

ヴォルフガングは、アマデの存在を疎ましく思い「影を逃れて」を歌います。

 

「フォルティッシッシモ」では、謎の女が「アマデ」的役割を果たすのかな~なんて。

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(演:望海風斗)もまた、彼にしか見えない?(とはどこにも書いてないがw)謎の女と共にすばらしい音楽を生み出すことができたのかな?

と勝手に想像。

個人的見解ですので 本気で信じないように。^^;

 

謎の女の回りを飛び回る鬼火? 黒炎…これは何を暗示してるのか?? 黒い炎なんて、ちょっと不穏な感じですけど…

 

いや~、謎の女の存在が気になりすぎます!

真彩希帆ちゃんのお芝居、楽しみ!!

 

しかし…最後の最後の退団公演なのに、トップコンビにラブがなさそうな気がしてるんですけど…

 

いや、ルートヴィヒが謎の女とラブラブMAXでハッピーエンド~!!!とか。

なさそうですよね…^^;

フランス軍たったの3名?

お名前があるのは、ナポレオン(彩風咲奈)と副官(橘幸)、軍医(汐聖風美)の3人。

今日発表になった人物相関図に43人の生徒さんのお名前が出てます。

全日程出演は100期以上の生徒さんと

縣千(101)、琴羽りり(101)、有栖妃華(102)、彩海せら(102)、 夢白あや(103)の5人。

101期以下の生徒さんは A日程、B日程 2つに分かれて出演されますね。

各日程ともに20名ずつ。

男役さんは、フランス軍に従軍されるんでしょうか?

 

宝塚は人数が多いからモブを扱えるポイントを作っておく、と某演出家の先生がおっしゃってましたから、フランス軍として名前が挙がるのは3名でも 兵士として大勢出られるのでしょう。

娘役さんはパーティや舞踏会の賓客、というパターンが多いのでウィーンの宮廷音楽会などでお役があるのかもね?

 

ルートヴィヒとナポレオン、ルートヴィヒとゲーテ

ナポレオン 彩風咲奈

ベートーベンは、王政を倒した革命の英雄・ナポレオンに共感し、彼を讃えるために交響曲「英雄」を書きました。

その直後にナポレオンは自分が皇帝になってしまった。

失望したベートーヴェンは、「英雄」の表紙に彼を祝す言葉が書いてあったのを破り捨てたとか?

そんなエピソードのために咲ちゃん(彩風咲奈)をナポレオンに? もっと深い何かが描かれるのでしょうか?

ゲーテ 彩凪翔

翔くんの最後のお役は、ゲーテ

ご自身、「春雷」でゲーテ役をされてますから二度目のゲーテ

「春雷」は、スカイステージで一度観ましたけど、娘役に転向された大湖せしるちゃんの印象が強く、あまり覚えてないです…^^; 

ゲーテと言えば「若きウェルテルの悩み」がお約束のように付いてきて‥今回も劇中劇ありますね。

 

ルードヴィヒ(望海風斗)は、20歳年上のゲーテを幼い頃から崇拝していたのですが、ある夏、避暑地で出会い意気投合したものの、互いの態度に落胆してあっけなく決別。

 

ルートヴィヒは、ナポレオンにもゲーテにも失望、落胆するという経験をしています。

このあたり、どう描かれるのでしょうか?

天上界にいる、作曲家3人は? 

天上界では、下界を俯瞰して、あらあら…あちらでもこちらでも、こんなことになってるわ、と高みの見物?

どんなふうに絡んで来るのか 早く知りたい~♪

すでに亡くなっている テレマンモーツァルトヘンデルが ベートーヴェンの事をまさに上から目線でなにか言うとか? 笑

 

回想シーンか、挿入シーンか? ルートヴィヒの過去

成人・ルートヴィヒは望海風斗。

少年ルートヴィヒは野々花ひまり。

青年ルートヴィヒは彩海せら。

両親や、初恋の人(ロールヘン 星南のぞみ)が登場。

ウィーンでのルートヴィヒが見応えあり?

16歳のときにウィーンでモーツァルトのレッスンを受け、その後ウィーンに移ってハイドンに弟子入り。

人生で一番輝いていた時期なのかな、と。

フランツ大公(演:綾凰華)の援助を受けて作曲家活動をしていましたし。

 

そしてここでは、身分違いの恋人 伯爵令嬢ジュリエッタ(演:夢白あや)との恋愛模様も描かれそう!!

あやちゃん、宙組からの組替え直後にこのお役ゲット、次期娘役2番手なんでしょうか…。

 

来週あたりには、組長さんとだいもん(望海風斗)のお稽古場トーク放送されるかな?

 

1月には、大好きなステージドア#16 雪組 『fff-フォルティッシッシモ-』『シルクロード~盗賊と宝石~』放送されるみたいです!

楽しみ!!

 

宙組のステージドア#15 アナスタシアについて書きたかったけど ネタいっぱいで忙しくて 見てから2週間経つし もういっか…

 

とにかく!!

 

だいもんときぃちゃんの 最後の公演、みんな元気で走りきりますように!

 

大変な1年だったけど コロナに負けないで 素晴らしい舞台になるよう、祈ってます!!

 

劇場で会えたらいいな…