宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

夢奈瑠音 好評♪ オン・ザ・タウン キャスト別感想

オン・ザ・タウンに限らず ブロードウェイ・ミュージカルは、地方のオフ・ブロードウェイで人気を博し

オン・ブロードウェイに上がってきた作品もあるので

もともと カンパニーの規模はそんなに大きくないです。

 

オン・ブロードウェイでも劇場の客席数は500以上で 宝塚バウホールぐらいから、ですね。

 

だから ブロードウェイ・ミュージカルを 宝塚大劇場へ持ってくるとお役が少ないから…

大量に生徒さんが余ります。

 

月組で上演した 「グランドホテル」でも その他大勢がいっぱいでした。

普段なら ご活躍の生徒さんも エア電話交換させたり もったいない使い方でしたが

「グランドホテル」は 厳格に動きやセリフが決まっていて 変更できないのだそうです。

 

ミュージカルの本場、ブロードウェイ作品を大劇場に持ってくるには

かなり無理があるなぁ といつも思ってます。

ブロードウェイ・ミュージカル演るなら、規模的に ドラマシティで上演するのがちょうど良さそう♪

 

あ! また前置き長~~~ ^^;

 

まぁ そんなわけで オン・ザ・タウンは 3組のカップル(2×3)と 

歌唱指導のマダムディリー、 クレアの婚約者ピットキン、 

ヒルディのルームメイト ルーシー…芝居は20人ぐらいでできそうです。

 

宝塚版は、人数が多い分 ダンスシーンが豪華ですね~ 衣装も宝塚ならではの華やかさで楽しかったです。

 

はい、ようやくキャスト別感想にたどりつきました^^

 

 

ゲイビー (珠城りょう)

いいよ、いいよ~♪ 

歌って 踊って 芝居して ちゃんとトップらしい 仕事して 貫禄もあって。

今まで つい みやちゃん(美弥るりか)と比較されてしまって 不遇な部分はあったけど

これから本領発揮。

トップさんの 魅力はそれぞれ違うので 安定路線で というか たまきちクオリティでいけばいい。

真面目な感じが 若干 没個性になって 損をしてるかも知れないけど。

もう 無理に弾けてみる、とかしないで その真面目さと安定感が魅力♪ で押していくのがいいと思ってます。

 

後ろ姿の背中の大きさとか 男役としてすごく魅力だから 頑張ってほしい。

 

オジー (鳳月杏)

やっぱり ちなつちゃんは すごい! 魅力的! セクシーな大人の色香。

セクシー部門担当のみやちゃんの後を担ってくれて 月組的に一安心。

 

1月のオン・ザ・タウンでは 100期の風間柚乃くんが演じた役をちなつちゃんが…

ちなつちゃんと言えば 花組時代には 「あかねさす紫の花」で

トップの明日海りお様と役替りをするという 快挙でしたが 月組に来たら 100期がしてた役??

っていう 会社で言ったら 降格人事みたいですけど

やっぱり オジーはちなつちゃんが演じてくれて 良かったんじゃないか?

 

風間柚乃くんも演技力抜群ですけど やっぱり オジー✕クレアが 風間柚乃✕蓮つかさって

ちょっと違和感というか 夢見れないというか ワタシ的に、ですけど [emoji:e-466]

 

脚長い、立ち居振る舞いがかっこいい と言うだけで 芝居に入る前から アドバンテージ高いちなつちゃん。

ちょっと きざったりするだけで クラ~~ってなりますw

そこへ ぐいぐいくる クレアと おもしろかっこいいオジー 最高でした!

 

花組に行って ひとまわりもふたまわりも大きくなって スターになって返ってきたちなつちゃんが

新しい風を吹かせて 月組のカンフル剤になるといいな~♪

 

チップ(暁千星)

お父さんにもらったNYのガイドブックを片手に観光しようとしてる、っていうだけで 萌え設定w

ありちゃんが 可愛すぎます!! はまり役!! 大好き!! 

楽しいわ~♪

一番若くて 可愛いありちゃんのお相手が さちか姐さん(白雪さち花)だ、っていうのが可笑しくて。

 

まぁ それも笑いポイントとして計算されたストーリーなんでしょうけど。

 

表情がいきいきしていて 見てるだけでこちらも微笑んでしまう感じ。

ありちゃん得意のダンスシーンもふんだんにあるから 余計いきいきしてたのかも。

 

でも エリザベートで頑張った歌唱、今回の舞台でも 以前とは違って安定しててよかったです♪

 

アイビー(美園さくら)

入団当初から 歌上手、ということで 注目してきました。 

どちらかというと 私の好きなタイプではなかったんですが[emoji:e-466]

歌もダンスもお上手で デュエットダンスではウットリしました♪

 

ブロードウェイ・ミュージカルは 座付き演出家の書く脚本とは違って スターシステム関係なしですから

アイビーに出る幕が あまりなかったりする1幕。

 

でも これがトップ娘役のクオリティだよね、って さくらちゃんの舞台みて これよ、これよ!! と拍手を贈りました。

某組のトップ娘役の歌とダンスが…ry(

 

ヒルディ(白雪さち花)

歌もダンスもお芝居も! どれも魅力的で ショースターさんのイメージですが

アクの強いお役、お似合いですね^^

 

雪組のひめちゃん(舞咲りん)的な 貴重な役者さんでもあります。

 

今回はヒロインを食っちゃいそうな さちか姐さんですが 笑いを取って 楽しい公演にしてくれてました。

いつも いつも敢闘賞♪

 

姐さん相手に ありちゃんも頑張ってたね!

 

クレア(夢奈瑠音)

るねくんの娘役 ちょっと想像つかなかったけど、すごくよかったです♪

金髪でとっても可愛い 小悪魔的な女性を好演!

私も おぉ!と思ったし 一緒に観てた友人も 劇場で会った友人も 会えなかったけど

同じ公演を観てた ブロともさんも 皆さん るねくん、すごく良かった!と大好評でした!!

 

ちゃんと高い声も出てて るねくんも生き生きと楽しそうに演じてて 黙って立ってたら

ほんとにこんなアメリカ女性いそう…って思いました^^

 

フィナーレのショーでは ちゃんと? 男役として出てましたけど…娘役、思いの外 素晴らしかった!

 

マダムディリー(夏月都)

副組長 みやこちゃんが 前回に引き続き ディリー役。

これも 笑いを取る役なので、派手な髪色、派手な衣装で 

アルコール依存症な歌唱の先生、ちょっと意地悪w

 

アップライトピアノについてる扉を開けたら 中がワインセラー?w

この注目の集まるお役を好演? 怪演? さすが貫禄の副組長。

笑わせて頂きました^^

 

ピットキン(英真なおき)

 

恋に奔放なクレアの婚約者。

すごく年上の包容力のあるオジサマなので クレアを掌の上で転がしている…というより

理性で 嫉妬や怒りを押さえて クレアの幸せを優先してる感じでしたが…

最後の最後に 本当の自分の心に素直になって… ルーシーと結ばれるという ピットキン的ハッピーエンド♪

 

このお役、前回は まゆぽん(輝月ゆうま)が演じてたんですね。

まゆぽんも95期と男役10年がおわったとこで まだ若いけど オジサマ枠が多いですね。

体格の良さと 落ち着き、安定感で キャスティングされたと思いますけど

やはり 実年齢(すみれコード抵触)には勝てませんね。

 

クレアに裏切られるたびに ピットキン英真なおきさんの じりじりした感じが伝わってきて

心の襞の奥の細かい感情を表現されるのがお上手

 

お歌もすごく良くて! さすが専科さん!! 理事特出、こうあるべきですね!

 

あ、遅ればせながら 英真なおきさん 理事就任 おめでとうございます!

 

ルーシー(海乃美月)

月組娘2のうみちゃんがこのお役…

っていうか この作品 ヒロインのアイビー以外は キョーレツな個性の女性ばかりで…

ちょっと気の毒だけど、好演してました^^

 

ルーシーって そんなに大きいお役?と思ってたんですが

今度 役替りありますね。

 

最後に ピットキンと結ばれてよかった…

 

くしゃみの仕方、というか くしゃみするときの足がリアル・・笑

 

 

 

応援クリックよろしくおねがいします。ポチッとしてくださった皆様にhappyがいっぱい訪れますように!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村 


宝塚歌劇団ランキング

8月2日に発表になった組み替えに 月組は入ってなかったけど?

月組の96~98期は人数が多いですね、中堅がスッカスカ。

だから 今回のオン・ザ・タウンのような海外ミュージカルで コミカルなお役演じられる生徒がいないから

副組長や 白雪さち花ちゃんがキャスティングされるんですね…

 

 

今回、東京公演より面白かった、という声(ツイート)を読んだのですが

それは 今回のキャスティングの妙によるところが大きいのではないでしょうか?

 

東京公演は観てませんが 単純に 字面で キャストの名前を観ただけでも

なんだか 大阪公演の方が面白そうにおもうワタクシです。

 

ドル箱と言われた生徒さんが退団されて これからが トップスター珠城りょうの真価が問われるときです。

たまきちご自身も 売り出す劇団も BADDYみたいなワルな感じに無理に持っていかず

本当のたまきちの魅力を売り出せばいいのでは? と思います。

 

劇団がブレてはイケナイ。

 

私が観た回の 「ゲイビー様のお通りだっ!」は そのBADDY登場の仕草だったんですけどね。