宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

【専科】89期・凪七瑠海|スカイステージトークDream Time#34を観て

昨日 記事にしたとおり、今日は2003年の初舞台特集があるから~とお昼前に録画予約をしていたら、「スカイ・ステージ・トーク Dream Time#34凪七瑠海」が始まったので せっかくだから お昼ごはんを頂きながら観ておりました。

 

2016年2月に放送された番組の再放送です。

 

MCは、95期の朝美絢(現・雪組)と97期の蓮つかさ。

「舞音(マノン)」の頃ですね、カチャ(凪七瑠海)も、この時は月組生でした。

 

月組とご縁のあるカチャ

89期のカチャの初舞台は、月組公演「シニョールドンファン」。

なんと、「シニョールドンファン」の新人公演ですーさん(憧花ゆりの)と組んでいたそうです。そのころから、頼れるお姉さん、って感じだったそう。副組長から 組長にまで上り詰めてご卒業されましたね。

 

2009年の「エリザベート」でエリザベート役に抜擢されたカチャ。

組を越えて、男役娘役の境も越えて、相手役不在だった瀬奈じゅん様の相手役に抜擢。

番組の最後にカチャが話してましたが、

「これ以上びっくりすることは無いと思う。」これがあったから何でも来い!と腹が据わったようです。

(聞いたときは)言葉が出て来なかった。

台風の目に来てる感じだったけど 自分は演るしか無い。

エリザベートを演ったことがプラスになった、と、今だから 言える。

 

2014年の「風と共に去りぬ」でスカーレットIIを演じたカチャ。スカーレットを演じたまさお(龍真咲)は、女役でちょっと居方がわからなかったみたいだけど カチャはエリザベートを演った経験が自信になってたんでしょうね。

 

レクチャータイム

ダンスにお誘い編と 愛してる編があり、MCのあーさ(朝美絢)とれんこん(蓮つかさ)がチャレンジ!

お手本を見せるカチャがすごく素敵でした。

以前にも記事にしましたが、「プリプリティータイム」雪組編に出演したカチャが3人のプリンセスにそれぞれ適切なアドバイスをしてて、すごく「大人」な感じでよかったです。

 

今回も、ちょっとした角度や間のとり方で かっこよさを演出できるのだなぁと感心しました。

こうしたらいいよ、とアドバイスしているのを見て、新人公演で、本役さんから教えていただいた、というお話をよく聴きますが こんな感じで上級生が下級生にアドバイスして 宝塚の男役芸が継承されていくのだと 目の当たりに見て思いました。

 

セリフ当てゲーム

ゲストのカチャに因んで、カチャが演じたことのあるお役のセリフ(または歌詞)が書かれたカードを引いてセリフを言うゲーム。

蓮つかさくんは、「カサブランカ」の超有名セリフ 「君の瞳に乾杯!」を引きました。簡単でよかった。

あーさは「知ってるけど…難しい」と。なんと 「エリザベート」の「私だけに」。鳥のように解き放たれて~♪ …私にぃ~~!まで歌い切りました! いきなりこれ歌わされるの辛い…しかもアカペラ。

あーさ、頑張ったね^^

 

そして、カチャが引いたカードは…

2009年ベルサイユのばら 外伝より、オスカルのセリフ。

「私は誰になじられるより君になじられるのが辛い…私だって恋をしている。叶わぬ恋と知りながら、それを思いきれずに悩んでいる」

 

これを 何度か声に出さずに読んだ後で情感たっぷりに読んでくれまして…すごいなぁ、と思いました。

学年ゆえの落ち着き。

 

2003年初舞台特集

スカイステージトークの後に 2003年、89期生の初舞台映像が流れました。

花童の出で立ちでの舞台稽古の様子も興味深かったです。メイキング映像大好き♪

 

お稽古場でのラインダンスは、皆の顔が見えて、発見するのが本当に楽しくて、一人でキャーキャー言いながらw観てました。

 

卒業式では最前列の成績上位4人がよく映ってましたし、答辞を読むカチャが今と全く同じでびっくり。

だいもん(望海風斗)もみやちゃん(美弥るりか)も、今のほうが若干お顔が濃いけどすぐわかって楽しいです。

それにしても…カメラさん、みやちゃんがお好み??ってぐらい みやちゃんを抜いてる。

 

ラインダンス、可愛いですね~♪ 舞台稽古で檄を飛ばしてた 厳しい印象の尚すみれ先生も 番組の最後では温かい目線で、胸熱でした。

 

スターの宝庫89期の首席、凪七瑠海

凪七瑠海、ってお名前を初めて見た時、凪 七瑠海(なぎ なるみ)だと思ったのです^^

が、作家の陳舜臣さんが名付け親でなんと、イランの詩人のジャラール・ウッディーン・ルーミーから取ったそうな。

 

スターの宝庫の89期の首席で、阪急電鉄のお正月のポスターにも載ったカチャですが…

 

若干影が薄い。

 

二大トップスター明日海りお&望海風斗を輩出しているので 話題はそちらへ。

自己プロデュース力が素晴らしいかいちゃん(七海ひろき)と カメラさんまでも味方につけてしまう??魅力全開のみやちゃん(美弥るりか)。

 

月組のダブル2番手の行き着く先は みやちゃんもかちゃもトップにはならず みやちゃん2番手残留、かちゃは専科へ。なんという罪作りな人事!!とずっとモヤモヤしてました。

 

プリプリティータイムや、今日見たスカイステージトークDream Timeなどを観ても お人柄もいいし 舞台でのスキルも何も遜色が無いです。

強いて言えば ひとつでもいいから「特別な何か」(歌唱力やダンス)、男役スキルが突出してないのかな?と。

 

エリザベートやスカーレットも違和感なくできてしまう小顔で首が長くスレンダーなルックスも男役にはマイナス要素なのかも??と。

 

これは、ことちゃん(礼真琴)やあーさ(朝美絢)など、小柄だったり可愛かったりで娘役を当てられることがありますが 内側には熱い男役魂が滾ってるですよね。

カチャもエリザベートを演じた後に、「カサブランカ」の新人公演で主演が来たときには、よっしゃ!!と思ったそうです。男役さんは、やはり男役に燃えますよね!

 

先日 「ゆるりふんわりふたり」でも 月組のありちゃん(暁千星)が「BADDY」で王子様役でちょうちんブルマーでとても可愛い役だったんですけど モチベーションを上げるのが大変だったそうです。

やっぱり男役はかっこいい キザれる役をやりたいですよね。

男役は男役に誇りを持ってますから…

凪七瑠海の今後は??

かちゃが主演の「蘭陵王」を観たんですけど とてもハマってました。

あの時。花組公演で専科のカチャが主演ということは?? と深読みhappy、何か意味があるのでは?と考えていました。

花組で次期トップ?? はたまた 退団のお餞別??などと。

 

専科に異動後の特出は、

2017年9〜12月、星組『ベルリン、わが愛』『Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)』
2018年2月、星組『うたかたの恋』『Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)』(中日劇場)
2018年11〜12月、花組『蘭陵王(らんりょうおう)-美しすぎる武将-』(シアタードラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場) 
2019年5〜9月、雪組『壬生義士伝』 - 松本良順『Music Revolution!』
2019年11〜12月、星組『ロックオペラ モーツァルト』アントニオ・サリエリ

 

星組の中日公演「うたかたの恋」は観てませんが、他の作品で主演の蘭陵王以外ですと「ロックオペラモーツァルト」のサリエリ役がとてもいいお役でしたね。

星組の新トップになったばかりのことちゃん(礼真琴)を脇で支えて モーツァルトとの対比を打ち出すダークサリエリ。トッププレお披露目を盛り立ててくれました。

 

スカイステージのいち番組「カフェふぉるだ」でもホスト役が板についてきて…かちゃはこのままずっと専科にいたら…辞め時がわからなくなてしまいますね。

 

89期のだいもん(望海風斗)が退団発表をしています。ひょっとしたら、同じく雪組89期の沙月愛奈さんもだいもんと同時退団されるのでは?と思っています。

89期最後の一人となって専科にとどまり いつかどこかの組に特出で大階段を降りるのでしょうか?

 

学年的に、「今からトップ」は厳しそうです。

 

トップになるにもタイムリミットがあるそうで、それが研18だそうですね。

 

カチャは今年研18、どこかに落下傘できるのか、専科として退団していくのか、気になるところです。