宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

礼真琴 独壇場?? 全国ツアー公演初日映像ちら見♪

ヅカブログ書くのって 4月30日以来だから…6日ぶり?

 

ちょっぴりご無沙汰でした。

 

上海旅行楽しすぎて ずっと余韻にひたってたいのと 写真の整理・編集に忙しいのとで

先程 やっとスカイステージを観る気になりました 笑

 

あっ! もう初日映像出てたのね、ってテレビにかじりつきました!

 

「アルジェの男」もさることながら 

宝塚屈指のショースター 礼真琴、 エストレージャスを別物に変えているのでは?と

スカイステージ 初日映像を楽しみにしてました。

 

友人は今日 観に行って帰りの電車内から 興奮のLINEをくれました。

私も観たかったな~ でも 帰国の翌日だし 最初から諦めてました。

梅芸にもセディナにも 振られたしね~

 

スカステで我慢!

 

◆柚希礼音の真の後継者 礼真琴!!

低音でパンチのある歌声、切れのある動きは

ことちゃん(礼真琴)が憧れる 宝塚レジェンド 柚希礼音様のDNAをしっかり引き継いで

ショーのクオリティを確かなものにしてくれてます。

 

今までもショーの場面でセンターに立つことは度々ありましたが

このショーは 礼真琴がセンターのショー。

舞台の空気を掌握して動かしてる感、頼もしいです!

 

1月の本公演のときにも感じたのですが ことちゃんが一人で頑張ってる感を

すごく感じました。

ことちゃんが歌って踊ってくれていれば いいもの見せてもらえた…と気持ちよく帰れますが、

ショーはみんなで作るもの、

ワンマンショー+バックコーラスになってしまっては 宝塚としてはつまらないです。

 

ことちゃんをたっぷり観たいけどね^^

 

今度花組から異動してくる 相手役の舞空瞳ちゃんも 歌って踊れて キュートな娘役さん。

とてもお似合いですね^^

 

主席入団の確かな実力を持った2人がトップを務める次期星組トップコンビ。

こんなことって、こんなことって…あったんですか? 過去のこと知らないけど、

素晴らしすぎます!!

 

◆愛月ひかる 特出

今回 専科から初特出のあいちゃん(愛月ひかる)が 星組生と歌って踊っているのが新鮮!!

先日 オーシャンズ11を観に行ったときに 愛ちゃんがいない!!って

すごく違和感を感じたワタクシ。

 

でも 星組で とてもいい笑顔で共演してる愛ちゃん。嬉しかったです♪

 

愛ちゃんの心中 穏やかでなかった日々もあったかもしれないけど

複雑な思いをしたことが無いほうが珍しい世界なので

各組特出で 新たな引き出しを増やして 芸域を広げて頑張ってほしいです。

 

◆世代交代を感じたキャスティング

お芝居では 紫藤りゅう、朝水りょうの96期が目を引きました。

娘役さん、相手役は ダンサーの91期のはるこちゃん(音波みのり)でしたが

99期の小桜ほのかちゃん、100期の桜庭舞ちゃんらに大きなお役が付いてました。

 

今回は若手中心のメンバーが振り分けられたというのもあり

 

 

頭回れば尾も回る、じゃないですけど

トップに立つ者が動けば 下の者もそれに倣って動きます。

 

今後は 歌やダンスの底上げも期待できそうです。

 

がっ!!

 

ブロともさんの初日観劇記事を拝読しましたら…未だに 

歌える生徒さんに場を与えていないようですね、星組は??

 

なぜなの??? ずっとずっと以前から 不満に思っていたことです。

 

なぜ使える生徒を使わないのか?

 

歌える生徒に歌唱の場面を与え、踊れる生徒にはダンス場面で抜擢する。

 

それだけで ショーはレベルアップするし 観客も満足度が上がる、

生徒は水を得た魚のように生き生きと 実力以上のものを出せるのです。

 

私が 星組から足が遠のいたのは 星組の生徒の使い方が不満だったからなんです。

上級生はいつか退団していきます。

それまでに 下級生に場を与えて育てておかないと 

レベルの低い 心もとない舞台になってしまいます。

 

お○なのか ○ネなのか ○教なのか どういう法則があるのかわかりませんが

「一般的な目」で見たら 謎だらけのキャスティングが多い星組です。

 

 

 

ちえちゃん(柚希礼音)トップの2番手時代から ちえちゃんを盛り上げ ともに楽しませてくださり

長らく活躍してこられた紅さんが退団されるのはすごく寂しいのですが

世代交代の時が来たのだな、と しみじみ思った今宵…。