宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

宙組 オーシャンズ11 稽古場情報~♪

4月19日から始まる宙組 オーシャンズ11の稽古場

ファーストランは 組長とトップスター対談。

ネタバレありますので 未見の方はご注意ください。

初演は星組花組で再演、宙組で再々演。

花組は 演出変更あったので 今回も「宙組バージョン」として少し新しい演出になるようです。

今公演の話題は なんと言っても トップと2番手(真風涼帆・芹香斗亜)の2人共が

星組 花組の新人公演で 主演のダニー・オーシャンを経験済み、ってこと。

星組 花組の本公演で 2人とも ライナスを経験済み。

更に2番手のキキちゃん(芹香斗亜)は 星組時代に 今回と同じラスティ・ライアンを

新公で経験済み。

トップと2番手が 新公で経験済みっていうのが いやはやなんという作品とのめぐり合わせ!

というか オーシャンズ11宙組で再演、「今でしょ!」ですね~

花組ポーの一族も「今でしょ!」でしたけど!!

真風は 音楽を聴くと 振りが蘇ってきて楽しい~♪と。

条件反射で体が動きそうですね。

8年前に 自分が演じた作品を 演じる 今度は本公演で トップとして。

すごいめぐり合わせだわ。

真風のために用意された演目だったのか。

真風は 11人揃えるのって大変ですね、と…メンバーの話に。

伝説のカリスマ詐欺師 ソール・ブルームにすっしーさん。

対談にも、ソール風の帽子を被って登場されてます^^

フランク・カットン(澄輝さやと)との場面は トランプをしながらの演技で(間違えないよう)

緊張感があるらしく、うまくいったら、達成感があるそうです^^

リビングストンはもえこ(瑠風輝)。 原色のもえこ?

新しい一面が見れるようです^^

バージルとタークの モロイ兄弟は 鷹翔千空(101期)と優希しおん(100期)の2人。

タイプが違うけど 観てるうちに 似てる気がしてきた、とすっしーさん。

2人が頑張ってて 頼もしい、若くて 眩しい~♪と真風。

ライナスが和希そらくん。 真風が星組時代に本公演で演じた役だから

不思議な感じがするそうです。

キキちゃん(芹香斗亜)も 花組時代 本公演でライナスを演じてるので

2人のライナスに見守られながら そらくんは 自分なりのライナスを作っていくのですね^^

今回のテス=星風まどかちゃんは大人女子。

現代的な作品の大人っぽい役は 初めてなんじゃないかな?と真風。

2幕で痛烈なシーンがありますね。 バシっとね^^;

ダニーとテスは ベッタリは絡まないけど 関係性が見えるようにしたい。

2人の関係性をおしゃれに表現できたら、と思います、と真風談。

オーシャンズチームと敵対する ベネディクトチーム、中心は ずんちゃん(桜木みなと)。

ここまで悪役というか敵役は今までなかったのでは?と すっしー組長。

個性的な人の中でどう作るか、振り切った役をどう作るか 見てほしい、と。

ベネディクトの大きいナンバーのふりもあるそうなので ずんちゃんもこのお役でステップアップしそうですね^^

どのシーンが好きか、と聞かれて 真風は、

1幕ラストの JACKPOTが好きなのだそうです。

カジノの熱狂が感じられて…

オーシャンズチームがスーツで正装して出てくるところもかっこいい♪と。

1幕のラスト 

11人が横一列に並んで 舞台奥へ去っていく所、最高にかっこいいですね、

背中で演技するという 男役道だねぇ^^

その中で 真ん中のダニーが幕が下りる直前に 振り向くところがまた!! ヤラれます。

今回 ここなのか? 新しい曲が入るようです。

その曲もかっこいいらしく、作戦を立てているんですって!  (*´艸)

フィナーレナンバーも これからだけど 素敵になりそうです!

録画した 星組 花組オーシャンズ11を観て、気分を盛り上げたいと思います!