宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

ヅカあるある満載!「スペードの3」読了♪

桐島、部活やめるってよ」で小説すばる新人賞を受賞した、朝井リョウ

スペードの3を読みました.

スペードの3

この本は 昨年12月 雪組公演「ファントム」千秋楽前日に観劇したときに

同じ公演を観てた 別の友人と4人で帰りにお茶をしてる時に教えてもらいました。

宝塚を思わせるような記述のある面白い本があるよ、と。

これは宝塚のファン会をモデルに書いてる??って思った、とのこと。

え~~~、どれどれ??と 早速図書館に予約しました。

宝塚に題材をとった小説は 林真理子さんの野ばらや 

中山可穂さんの男役、女役、銀橋などが有名ですが

若い男性(1989年生まれ)の書かれた作品に 宝塚が出てこようとは!! 

中山可穂さんの 三部作?は有名ですけど

スペードの3」は初めて耳にしたタイトルでした。

スペードの3」は連作短編集です。

スペードの3 ハートの2 ダイヤのエース の3編が収められています。

表題作スペードの3が一番面白かったです、というのも

宝塚のファン会かと思える 出待ち プレゼント 代表業務… 会服のことまで

ヅカネタが盛り込まれてます!!

出待ちの並び方まで言及する 朝井リョウさん。

一体誰に取材して教えてもらったんだろう…w

私は宝塚の生徒さんのファン会に入ったことはないのですが お友達から

いろんな方のファン会のお話はいろいろ聞いてます。

もう 目に浮かぶ、目に浮かぶ!! ( *´艸`)

ミュージカルスター 香北つかさ様のファン会と

代表の美智代の前に現れた小学校時代の同級生アキとの再会。

かたや代表、かたや新入りのつかさファン。

そこに 時を経て再びあぶりだされる2人の関係が…ちょっとスリリング。

ハートの2と ダイヤのエースは 単に 3,2、1と数字が下がっていっただけで意味はないと思いますが

スペードの3は、意味があります。

トランプのゲームの大富豪(大貧民?) 一番弱いスペードの3が4枚揃えば 革命を起こせる、というあれ。

読んでのお楽しみです。

ハートの2は スペードの3で登場したアキが主人公。

どのような経緯で 香北つばさのファンになったかが描かれています。

ダイヤのエースは ミュージカルスター香北つばさが主人公。

自分と組んでいた娘役の話。 

音楽学校の替わりに、ここでは)舞踊学校の入学前に密着番組に出てたよね、という件は、

TBSでよく流れてる あの番組か…とかね ( *´艸`)

公演中にある先輩が休演した時の 生徒たちのバタバタが観てきたかのように描かれてリアルです。

代役って ただ単に決められた代役をするだけじゃなく、相手も替わるから大変なんだ…とか

ひとつずつ役が繰り上がるだけでなく 一緒に踊る娘役とのお稽古もあるんだ~とか

気づかない事にまで 気づかせてもらいました^^

いや~ よく取材されてます。 勉強になりますっ 笑

まだ読んだことがない、という方、ヅカ初心者は是非!!

おすすめです!!

ホントに、読書ネタを このサイトに書いていていいのだろうか、とまたまた悩み中。

今 全部下書きにしてある 読書の過去記事を

新しいブログ作ってそこに保管しておこうか…?

一体いくつブログを管理すればいいのやら…w

読書はあんまりニーズがないから 放置でいいんですけどねww

でも ヅカ関係の面白い本は紹介したいし。

近い内に中山可穂著「銀橋」も回って来そうなので 読んだらこちらのサイトに

感想UPしますね♪

今 「蜜蜂と遠雷」 読んでて、ラスト 本選を残すのみ。

第三次予選の亜夜の演奏の件は もうだだ泣きで…

普段 本は買わない主義なのですが これは家にあったら再読するかな、と

惚れ込む程の作品。

こちらもおすすめです!

【2019.1.27 追記】

上記で言及した 宝塚関連の読書感想記事5件を 「公開」にしました。

興味ある方は御覧くださいね♪