宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

花組全国ツアー公演 マチソワ♪

花組全国ツアー公演がようやく大阪に帰ってきました~♪

みんな~! お帰り~~~っ!!

今日は メランコリック・ジゴロ EXCITER!!2018 マチソワ。 

先週の土曜日は 忘年会のマチソワで大変な目にあったので ^^;

体調崩しませんように と祈るような思いで行ってきました。

181215 (3)

14時公演 2階3列センター

1階に 元花組 現雪組トップスターのだいもん(望海風斗)とかちゃ(凪七瑠海)が

来てたらしく(よく見えなかった) れいちゃん(柚香光)とマイティ(水美舞斗)の

客席降りの時にものすごく絡んで 中よりの席にいた、だいもんのところまでいって抱きついたりしてました^^

18時公演 1階17列センター

花組御一行様 悠真倫さんはじめ 蘭陵王組 みりお様(明日海りお)はじめアンフィシアター公演組

そして 雪組のあーさ(朝美絢)も 後ろの方に 若手さんも登場で ざわざわ…

みりおちゃん、ゆきちゃん、あきら、ちなつ、べーちゃん、たまごちゃん。

眼の前をぞろぞろ。 眼福~

みりおファンの友人、初めて客席でみりおちゃんに会えた~、と大喜び。

いつもの黒縁メガネに白いセーターで爽やかでした♪

同じ人間なのに なんでこんなに美しいんでしょ (*´艸)(艸`*)  

あ、そうそう。メランコリック・ジゴロの演出家の正塚先生もお見えでしたわ^^

181215 (1)

さて~ 観劇感想。

もう、まとめていっちゃいます♪

メランコリック・ジゴロ

宙組版を観て、トップ2番手の掛け合いが面白くて 大好きな作品だったので期待してました。

実力もビジュアルもあるのに なぜか ファンが思うような役付きではなくて ???だったマイティ(水美舞斗)。

今回も 振り分けを 危ぶんでおりましたが

見事 ファンの期待通りに メランコリック・ジゴロ組で、

95期の 柚香光&水美舞斗 のダニエル&スタンが実現しました!!

歌劇団の計らいに感謝。

宙組のメランコリック・ジゴロを観た時から思ってたんですが(きっと初演の時から)

ダニエル役より スタン役の方が はっちゃけてて面白いし 目立つので

「美味しい」お役なんですよね~

休眠口座のお金を自分たちのものにしようと企んだスタンが生き生きとしてます。

スタン役のマイティが 舞台狭しと活躍。 気持ちいいです!

れいちゃんasダニエルは、見せ場たっぷりですが 笑える場面ばかりではなく

シリアスな場面も多く 主演らしく頑張ってました。

フェリシア役のひっとん(舞空瞳)は 可憐で本当に可愛くて 将来が楽しみな生徒さんです。

フェリシアも娘1の役ですが お役が ↑ ダニエルと同じで 笑わせる場面がなくて…

スタン(水美舞斗)とティーナ(華優希)が 笑わせて目立ってました!! 楽しい!!

一之瀬航季くんも 真面目で気が弱そうにビクついている弁護士のマチウ役を好演♪

面白くて (*´艸) 注目です!

見るからに怪しいフォンダリを ビック(羽立光来)が好演、お芝居に厚み。

宙組のすっしーさんのフォンダリより 私好み^^

フォンダリのバカ息子のパロット役の飛龍つかさくんも面白かった。

こちらも 宙組の愛ちゃん(愛月ひかる)のパロットよりワタシ好み^^

浮浪者のノルベール、本当はフェリシアのお父さん、ですが

宙組は美しいりんきら(凛城きら) 花組は組長の高翔みず希さん。

やはり この役は 年齢が上の方が合ってるのでこちらも花組の方が

すとんと入ってきます。

・・・と言うことで 花組の配役は適材適所で 役に生徒がハマってて

宙組宙組で面白かったのですが  

メランコリック・ジゴロ、花組版が より楽しかったワタクシです♪

若手が多かったからかもしれません。 

これは ワタクシの個人的好みで ここは 私の感想を述べるところですので

苦情

あ、ショーの感想も書こうと思ってたけど 明日にしよ~

ではでは、

おやすみにゃん