宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

第43回菊田一夫演劇賞大賞は「ビリー・エリオット」

        usxgb4fv.gif

 

ビリー・エリオット 

 

第43回菊田一夫演劇賞大賞受賞、おめでとうございます!!

 

2月には第25回読売演劇大賞 選考委員特別賞を受賞

受賞続きですね。

 

初めてビリー・エリオットを日本で上演する、と聞いた時

タイトルすら知らなくて ぐぐってみたら 

映画も公開され DVDまで出てるし

ミュージカルは、初演のイギリスの他にオーストラリア、アメリカ、韓国、

ノルウェイ、オランダ、デンマークでも上演されていると知りました。

 

子役が主役。

 

しかもオーディションで選ぶので全員無名。

演技、歌唱の他に タップやアクロバット、バレエなどのスキルも必要で

1年かけて選ぶ際に 合宿に参加できることが条件でした。

リトル・ダンサー ビリー・エリオット役に選ばれても

上演までに厳しいレッスンがありました。

 

応募時点の年齢制限14歳までだったか(忘れた)で まだ幼さの残る少年たちが

舞台の真ん中で 万雷の拍手を浴びている姿を観て 泣けて泣けて…

あぁ 今書いていても 思い出して 涙があふれてきます。

 

      

f:id:kokoro-aozora:20190925172734j:plain

 

私が観たビリー 山城力くんで 最初の頃にもらったこのチラシには載っていません。

 

「彼はビリー役に必要な情熱やポテンシャルを持っており、

本番までの期間を考えると、十分に到達する可能性がある」という海外クリエイティブの意向で、

トールボーイ役の出演をオファー。同時にビリー役でのレッスンを続けていました。(BUTAKOMEより抜粋)

 

一旦は 不合格になったものの キャスト顔合わせの場で ビリー正式決定を発表されたのでした。

 

 

 

主演 というか タイトルロールが無名というので 当初はチケット売上苦戦していたそうです。

 

が 観劇された方の口コミやリピーター続出で 大コケも覚悟だったのに

大盛況のうちに幕を下ろしました。

 

世界各国で上演されているのも頷けます。

 

先日 ツイッターで 日本のビリーたちが 韓国で上演中のビリー・エリオットを

観に行って 韓国のビリーと一緒に撮った写真があがっていました。

 

こんな多才な子どもたちがあちこちにいるんですね~ すごい!

 

それにしても…才能のある子どもを探し出して 更にブラッシュアップして

舞台の真ん中に立たせるというチャレンジを よくぞしてくださった、と思います。

 

10代でこの大役を果たし 喝采を浴びた経験は

彼らをどんな舞台人にするのだろうか…

今後も見守りたいと思います♪

 

私の大好きな柚希礼音様他役者さんたち初め ビリー・エリオットに携わられた皆様

 

第43回菊田一夫演劇賞大賞受賞 おめでとうございます!!

 

本当に 感動をありがとうございました!

 

◆関連リンク 

第43回菊田一夫演劇賞大賞は「ビリー・エリオット」上演関係者、演劇賞に城田優ら

                                ステージナタリー 2018.4.4

 

第25回読売演劇大賞(2018年) 受賞者・受賞作紹介  読売新聞 2018.2.3

 

ミュージカル「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」 公演詳細 梅田芸術劇場

 

◆関連記事

ビリー・エリオット 2回目観てきました!! 2017.10.30

 

ビリー・エリオット 観てきました♪ 2017.10.18

 

柚希礼音 「ビリー・エリオット」に先生役で出演決定!! 2016.12.18

 

 

第43回菊田一夫演劇賞

 

城田優(ミュージカル「ブロードウェイと銃弾」におけるチーチ役の演技に対して)

戸田恵子(「Sing a Song」における三上あい子役の演技に対して)

神田沙也加(ミュージカル「キューティ・ブロンド」におけるエル・ウッズ役の演技に対して)

 

同僚が「ブロードウェイと銃弾」観に行ってたけど…観たほうが良かったかな…

でも…何でもかんでも観てる場合違う!

 

神田沙也加ちゃんも演劇賞受賞! おめでとうございます。

「1789 -バスティーユの恋人たちー」は もちろん 実力派の沙也加ちゃんのオランプで観ますよ^^

 

宝塚男役出身 凰稀かなめvs龍真咲 マリー・アントワネットは 龍真咲で。

 

 

そして 我らが宝塚歌劇団!!

原田諒(ミュージカル「ベルリン、わが愛」、ミュージカル「ドクトル・ジバゴ」脚本・演出の成果に対して)

 

原田先生、おめでとうございます!!

 

うん、ドクトル・ジバゴは、ずしんとくる重みのある作品でした。

 

今後のご活躍も期待しております!