宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

「ポーの一族」 新公映像ちら見@スカステ

火曜日のお昼過ぎまで ポーの一族 新公チケット探してたんですが…

無いに決まってるよね!

スカステの10分ほどの映像で我慢することに…

以下私見です。

しかも 劇場で観ずに スカステの超短い映像での感想ですので

そこをご理解くださる方のみ 御覧ください。

それで語るな、と思われる方は 読まないようお願いします。

ほのかちゃん(聖乃あすか) 本当にお美しい

エドガーというお役は 役者を選びますよね。

エドガー役は みりお(明日海りお)しかないと思い込んでる脳味噌に 

無理矢理 ほのかちゃんをねじ込む。

ん~~~ 美しいけど なんか違う気が

すごく頑張ってるのが伝わって来たけど。

やっぱり 難しいんだな、とつくづく本役のすごさを思い知らされました。

どの公演にも新人公演があるけれど

こと「ポーの一族」に関しては 新公があること自体 すごく難しい気がしました。

アランの飛龍つかさくんは 新公配役出た時、えっ??

アランのイメージじゃない!と思ったんです。

とっても 健康的なアランが映ってました。

つかさくんの素が出てる感じ??^^

柚香光くんのアランは 2Hの鉛筆で描いたようなアラン

飛龍つかさくんのアランはフェルトペンで描いたようなアラン for me

舞空瞳ちゃんは なんでも出来る子 丈夫な子、ですけど

やっぱり 映っていたのは元気いっぱいのメリーベル

表情がはっきりしていますね♪

後半 儚げになったのでしょうか?

一番 フィットしてたのは シーラ役の城妃美伶ちゃん。

落ち着いた佇まい 滑舌のいいセリフ回し 包容力をも感じさせて

本役のゆきちゃん(仙名彩世)と 同じ良さを感じました。

ポーツネル男爵(本役 瀬戸かずや)の綺城ひか理ちゃんは

ちょいと線が細いけど 紳士然とした感じはよく出てましたね。

色男のジャン・クリフォード(本役 鳳月杏)を演じた亜蓮冬馬くんも

青江冬星とかジャンクリフォードなどの色男系が似合うちなつちゃんのお役で

これまた、いい感じ♪

降霊術師のブラヴァツキー(本役 芽吹幸奈)を演じた 99期若草萌香ちゃんも

憑依するところを熱演。 すご~~い^^

大老ポー(本役 一樹千尋)に今公演で退団する矢吹世奈くん。

専科さんのお役で ちょっと分が悪い。

凄みが足りないのはしょうがないですね、簡単には 専科さんの域に行けないから。

ポーの一族、という世界を新人公演で 作り出すにはハードルが高いように思いますが

それぞれ健闘してましたね。

東京の新人公演では どう深化しているのか 

伸びしろのある生徒さんばかりなので 楽しみですね。

本当に花組の若手は見どころのある生徒さんばかりで

羨ましいよ。(あれ?誰目線?^^;)

◆外部リンク

聖乃あすか初主演抜てき「新鮮さ楽しさを感じた」 朝日新聞デジタル