宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

まさかの? 感動!!!「不滅の棘」

愛ちゃん! ドラマシティ公演初主演 おめでとうございます!

       不滅の棘

チケットはいつも 一緒に観る友人が友会でチケットを頼んでくれます。

大劇場公演は何も言わなくても、取ってくれてるのですが

外箱の公演はどうするか 聞いてくれるので「不滅の棘」お願いしました。

頼んだものの、       面白いのかなぁ…?  ( ´・д・)

って、全然期待もしてなかったのですが…

良かった!! ズシンと胸に響いて感動でした!

花組 vs 宙組  永遠の命対決、 宙組 不滅の棘の勝利~~!

   ↑ あくまでも 個人的感想ですので あしからず。

1月10日12時公演 前方のどセンター

上手サブセンターに 愛ちゃん(愛月ひかる)と同期の

航琉ひびき 桜咲彩花 菜那くらら そして華雅りりか 後数名 ご観劇でした。

なんかね~ 300年ぐらい生きてる人(ヴァンパイアだったりする)が主人公だと

いくつかの時代のエピソードが出てきて ややこしいのかな、と思ってたのですが、

そこはホレ、原作がしっかりしてるから 分かりやすかったです。

印象を一言でいうと

愛ちゃん、頑張ってました!! 

この作品を経験したことで 一段 ステップアップしたのではないかなと思いました。

ご本人は、お歌に苦手意識があるようなのに

初演が歌上手の春野寿美礼、という事で 相当のプレッシャーだったと思うのですが

高いハードルを超えて 何かを掴んだのではないか、と思ってます。

何かって何? そう・・・・ 自信、かな? 

誰か愛ちゃんに聞いて教えてください! w

同期のキキちゃん(芹香斗亜)が2番手位置で組み替えしてきて

文字通りキキ(危機)と友人。

はい、座布団三枚~~! ( ^o^)ノ~◇□◇

友人は…今年もたくさん座布団もらえるように頑張ります!とのことでした。笑

で、そう言う危機感が 愛ちゃんに本気出させたのかな~と勝手ながら推測。

本当に正念場ですからねっ!

初日のご挨拶で感極まって 嗚咽をもらしそうになる愛ちゃんの姿をみて

この公演に手応えを感じたのだと これまた勝手に解釈。^^

今日も ラストで涙をポロポロ流しながらのお歌に

もう 涙、涙…

同じ 「永遠の命」を手に入れた男のお話しでも

ポーの一族→ ビジュアルメインの娯楽大作 (All for One然り)

不滅の棘→ じわじわくる感動佳作

ポーの一族は 小池先生が「二次元具現化」に注力されてる印象。

お金をかけた豪華な衣装、大掛かりなセット、バックの映像、

そして 美しい出演者たち。

でも 心を揺さぶる感動が無かったです。残念。

例えるなら…大金持ちの美人のお嬢様。でも中味の薄い子。なイメージ。w

ヴィジュアルで唸らせる作品かな。

まぁ、原作に感動がないので コレを題材に選んだ時点で…(ry

内容盛りだくさんで 出演者も多いから 捌くのが大変だったのかも知れませんね。

不滅の棘は、小劇場で シンプルなセットながら

ストーリー展開と 芝居で魅せて コスパいいね~^^

主人公・エリイが心情を吐露するシーンが圧巻でした!

お稽古場で皆が泣いたというのもうなずけます。

主人公エリイの愛月ひかるの独壇場と言ってもいいぐらい

出番もセリフも多くて。

ヒルでキザに決めているシーンが多く… 誰でもできる役ではない。

長身のスラリとした肢体に 真っ白なロングコートをまとい

真白なボルサリーノをゆっくりとした動作でかぶるカッコよさ。

ニコリともしないクールなお役で

ランランラン~♪て 楽しくてハッピーエンドが好きな私は

一幕は息詰まるような心地でしたが

話が動き始めた二幕はぐいぐい引き込まれました。

終わりがあるから美しい、

限りある時間だから 意義がある、というセリフが深く胸をえぐって

不滅の棘の終焉へと導かれます。

ポーの一族」は、「いや、だから、何?」みたいな感じ、とおっしゃったブロともさんにも

座布団進呈しておきました。

やっぱりヴァンパネラに感情移入しにくいわ、謎多いし 笑

次回2月に観るまでに 深化してるといいな~♪

あら 愛ちゃんのことしか書けてない w

その他感想他、 続きはまた明日~!

そうそう 今日チラシスタンドで 見つけました ↓

宙組トップスター 朝夏まなと様 ご出演マイ・フェア・レディのチラシ

       myfairlady_osaka.jpg

やっぱり 大阪公演もありました~!! よかった^^

10月19日~21日 梅田芸術劇場メインホール。

え~ 3日だけ??? 厳しい~!