宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

星組台湾公演の演目は日台合作人形劇?「東離劍遊紀」!

来秋の星組台湾公演の演目が出ましたね~!

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀

日台合作の人形劇(←サンダーバードみたいな 古っ!^^;)。

東京MXテレビや BS11 (トゥエルビ)で放映してたらしいです。

    → Thunderbolt Fantasy(サンダーボルトファンタジー)東離劍遊紀 (BS11

しかも! 今月(2017年12月)には劇場版も全国上映。

それならそうと もっと早く教えてくれたら 予習がてら観に行ったのに…

残念!! 宝塚歌劇団 マイナス10ポイント~ sita.gif

    → 映画『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』 公式サイト

      

人形劇とは言え、迫力がありますね~

フィギュアメーカー・グッドスマイルカンパニー

造形アドバイザーとして参加しているだけあって 美形のドールたちが登場。

ビジュアルも楽しめます。

2018年には2期が放送予定だとか。

いつ放送されるんでしょう、気になります^^

宝塚もまた 新しい客層開拓、かしら?

こういう作品の舞台化は やっぱり…小柳奈穂子先生ですよね♪

2013年の星組の台湾公演も 台湾の人気ドラマ「楚留香」を

小柳奈穂子先生の演出で舞台化、人気を博しました♪

あの時は…豪華三本立て、と銘打ってたけど

結局三本だから ひとつひとつが小粒でなんだかなぁ・・・って感じでした。

今回は お芝居とショーが半々で お芝居ももう少し描き込めるので

よかったです!

・・・って、その分ストーリーが膨大なんですけどっ 

1時間半で わかりやすくて感動できて楽しめる作品に  ← 贅沢!

なりますように! 小柳奈穂子先生の手腕に期待!です。

振り分けが出るのは随分先だと思いますが

間違いなく、主人公 凜雪鴉(リンセツア)は ベニ(紅ゆずる)。

眉目秀麗な男性。人を食った飄々とした性格で、

博識かつ狡知に長け、立ち振る舞いは常に優雅。 実は盗賊 ^^;(Wikipedia大先生にお聞きしました)

うん、ぴったりである! kuma_unaduku_2017062611015580b.gif

そして ヒロイン 丹翡(タンヒ)はあーちゃん(綺咲愛里

最強の剣、天刑劍の鍔を持っているため 悪党・蔑天骸(ベツテンガイ)に狙われる。

凜雪鴉(リンセツア)と流浪の剣客・殤不患(ショウフカン)に助けられながら

蔑天骸の本拠地・七罪塔を目指す。

丹翡の夫・捲殘雲(ケンサンウン)は金髪碧眼で軽薄な優男ですって ( *´艸`)

だれが演るのかしら??

殤不患(ショウフカン)は かいちゃん(七海ひろき)なのか ことちゃん(礼真琴)か?

振り分けも待たれます。

個性的な登場人物が大勢いるから 配役発表が楽しみです!!

   → Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 Wikipedia

Wikipediaで登場人物の紹介を読みながら 星組生に当てはめて

いろいろ夢想するのが楽しいね~!