宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

実咲凜音 退団後第一作は「屋根の上のヴァイオリン弾き」

一昨日 私が最高潮にバタバタしてる日に

4月に退団した みりおん(実咲凜音)の

退団後の初仕事決定のニュース♪

屋根の上のヴァイオリン弾き

テヴィエの長女ツァイテル役 が決まったと報道がありましたね~♪

日本初演50周年の記念公演とのことで 注目も集まりそう!

昨年は 「エリザベート日本初演20周年の節目で

タイトルロール エリザベートを演じて客席を魅了したみりおん。

今度はブロードウェイ・ミュージカルにチャレンジ♪

それにしても 素晴らしい共演者の方々。

実力者のみりおんなら 退団後初仕事でも引けを取らずに

きれいな高音を聴かせてくれそうですね。

このツァイテル役は 涼風真世香寿たつき匠ひびき貴城けい水夏希…と

歴代 トップスターが演じてこられましたが

今回は 元トップ娘役のツァイテル、自然な感じで演じられそうですね。

100周年以降 宝塚歌劇団も ようやく歌唱力UPに本腰を入れる気になったらしく

「誰が聴いても下手」な トップさんはいないのがいいですね~♪

コネとか 顔とか スターオーラだけでトップ張れる時代は終わりにしないと

「世界に羽ばたこう」とする歌劇団が笑われますからね~。

それにしても…何度 ストーリー読んでも

面白そうな気配が全くしない「屋根の上のヴァイオリン弾き

何が「名作」と言われる所以なのか、

やっぱり 確かめに劇場に行かなくちゃだめかしら??

みりおんのご活躍、お祈りします!!

◆関連リンク

元娘役トップ実咲凜音、初仕事で神田沙也加と姉妹役 日刊スポーツ