宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

スカピン2回目 今日も感動ぉぉぉ~~~♪

紅ゆずる トップお披露目公演 スカーレット・ピンパーネル

          170411 (2)

2回目にしてマイ楽、観てきました。

もっと、もっと も~~~っと観たかったわ!

170411 (1)

今日は2列目センターでした。

前回11列で オペラ忘れてコンタクトレンズ入り裸眼で観たので

今回は2列でもオペラ持っていって 表情ガン見!群舞も奥までチェック!

結構、オペラ使ったわ。^^

以下 気分を悪くされる方もいらっしゃると思うので

心の狭い方は読まないでくださいね。

スカーレット・ピンパーネルは ワタシ的に 思い入れのありすぎる作品なので

いろいろと思うところがあります。

それだけに 2年後の再演が 当時紛糾していた「いじめ裁判」の96期の

初舞台公演が月組霧矢大夢トップお披露目公演、と

発表されたときは 気分どん底でした。

大好きな作品を汚されたように感じましたし、

実際、2回観たけど ほとんど記憶にないんです。

まぁ 初演が好きすぎて 受け入れられなかったらどうしよう??と

不安になってたんですが

見事にっ!! ハマりました (〃∇〃)

初演、再演と 安蘭けい 霧矢大夢の歌ウマトップさんが主演された作品だけに

ベニ、大丈夫か?と思ってたんですが…

今となっては… 一番好きかも

ぐらい、好きです♪

前のお二人は 落ち着きのある大人な紳士でしたが

ベニのパーシーは少し若くて ちょっと軽めだけど そこがいい!!

スタイルが良くて キラキラしていて 笑顔がいい!!

軽妙なセリフも 笑わせる間も ベニの真骨頂ですから

本当に観ていて 楽しくて!

今日、ベニのお歌で泣きました。

「祈り」

声が伸びていて 本当に聴いてて気持ちがいい!

一体いつの間にこんなにうまくなったのか??

ものすごく努力されたんでしょうね、

そんなことを考えてたら お鼻グスグス

あーちゃん(綺咲愛里)も、発声からしてアヤシカッたし

だい・・・ゴホッ 演技も堅いというか セリフ棒読みぽくて

ベニと組んだ キャッチミーイフユーキャンでも

どうなの?コレ。

トップ娘役の切符手に入れてるぽかったのに どうするの??

って思ってたけど!

歌もセリフも良くなって!! よく頑張りましたね!!

ヴィジュアルのいいお二人が お歌も演技も良くなったら最強♪

しかも お二人は以前からお芝居やダンスなどでも組むことが多くて息ピッタリ。

今公演 ベニのキラキラした笑顔にやられました batanQ_2016091623570656e.gif

相手役さんのあーちゃんと醸し出す雰囲気にうっとり。

生徒さんの成長を見守る、という宝塚の醍醐味をまた 味わえました♪

2番手礼真琴、魅力実力存分に発揮!

場を支配する力があると思わせるぐらい すごい迫力というか存在感。

これからが楽しみ、どころか末恐ろしいぐらいの上手さ。

一体どうなっていくのか?? 見守りたいです!

今日のアドリブでいじられる所、

顔を白く塗って 着物着て

チャンチャカちゃんちゃんちゃちゃんかちゃんちゃん♪ わかる?

…分かりません…

小梅太夫。チャンチャカちゃんちゃん・・・と捌けていくベニでした。

退団後は、吉本興業に行ける!

今公演ポスターにも登場したかいちゃん(七海ひろき)

ボスターに入ってるってことは そこそこ大きめのお役に演出変更されているのか?

と思ったんですが…ロベスピエールに新曲1曲増えて 銀橋で歌ったけど

出番の少なさは今まで通り。

著作権のしばりがきつかったのかな?

劇団は、どうしたかったんだろ~?


とにかく ワイルドホーンさんの曲が全て良い!

リーヴァイさん作曲の曲が全て良いという 「エリザベート」に肉薄!

どのシーンの曲も ぐいぐい胸に迫ってきます。

ここからmy備忘録

【一幕】

幕開けの「マダムギロチン」で幕を開け

「ひとかけらの勇気」でじわ~

コメディ・フランセーズでの場面から 

パーシーとマルグリッドの結婚、

マルグリッドとショーブランの過去などが知れるうまい展開。

そして結婚式のシーンで 大好きな「あなたこそ我が家」 

いつも、うっとりしちゃいます。

結婚式の後、妻の裏切りを知って愕然とするパーシー

その苦悩の中で歌う「祈り」に泣きました。ベニ、上手いわ~

新婚初夜に一睡もできず図書室で過ごしたパーシーは

仲間に自分がスカーレット・ピンパーネルであることを明かして

共に闘おうと歌う 「炎の中へ」

スカピン軍団の表情がキラキラしてていい!

本当に楽しくて 冒険活劇的メロディにワクワクします! 

そして まこっちゃんの「鷹のように」

内に秘めた暗いエネルギーがほとばしり出て

押し殺したように歌う 最後の 鷹のよ~う~にぃぃぃ

ここにすごく感情を込めてますね! まこっちゃんの低音ヴォイスに睨みつけるような眼差し。

上手いわ~~

王太子ルイ・シャルルとパーシーの「ひとかけらの勇気」

このシーン 私はベニの優しげな微笑みにヤラれてキュンキュンきます。

とうこさんよりも きりやんよりも ベニのパーシーが好き!って思う所です。

大抜擢の星蘭ひとみちゃんは 余裕がない感じのお歌だったからか

あまり 感情が伝わってこなかったです。課題、ね。

夫パーシーの態度に寂しく思うマルグリッドの

「あなたを見つめると」 

ふたりの間に隙間風が吹き抜ける

新鮮な空気を吸いに庭に出たマルグリッドの元に

ショーブランが訪れて…

大好きな 大好きな「君はどこに」

ここにも すれ違う心が…痛々しいほどの

まこっちゃん(礼真琴)ショーブランの苦悩が胸に迫って じわ~

互いに不信感をいだき合う パーシーとマルグリッド。

マルグリッドが別れを決意して歌う「忘れましょう」に胸を締め付けられます。

そしてプリンス・オブ・ウェールズ主催 仮面舞踏会で大団円♪

謎解きのゲームのメロディは耳に残りますね~

華やかで大きなドレスや ド派手なピンパーネル団の衣装

ここが平成の日本だって忘れるくらい キラキラの洪水に酔いしれました。

【二幕】

一幕ラストに引き続き 仮面舞踏会。

パーティを抜け出したマルグリッドの行動がまたまた怪しくて

目を離せないシーン。

ピンパーネル団は再び「炎の中へ」 パリへと向かう。

タンプル塔からルイ・シャルルを救出したパーシーは

マリーのアトリエで匿まってもらいます。

そこへマルグリッドが訪れ ルイ・シャルルから

パーシーがスカーレット・ピンパーネルであることを聞き

夫への尊敬の念を新たにしたのでした。

ルイ・シャルルにおそわった「希望の歌=ひとかけらの勇気」

この曲を コメディ・フランセーズで歌ったマルグリッド。

ショーブランから責められ 処刑されることになりました。

マルグリッドへの愛を歌うパーシー紅の

「目の前の君」 胸熱♪

~もう迷わない もう揺らがない この愛だけは~

泣く~~ ベニ、上手いわ

ピンパーネル団の「栄光の日々」 なんか勇気の出るメロディ。

ガッツポーズしたくなるような♪

カゲコーラス 白妙なつ 夢妃杏瑠、さすがです!

ミクロンの桟橋で パーシーとショーブランの対決 !

二人の剣さばきは なかなかの見もの。

革命軍が駆けつけて 万事休すと思いきや ピンパーネル団の扮装で

ショーブランは捉えられ

パーシー マルグリッドの「あなたこそ我が家」再び♪

ピンパーネル団のDAY DREAM号の舳先で

二人が見たのは 明るい未来だったのでしょうか?

希望につなぐ終わり方がいいですね。

先日も書きましたけど グラパン史上最強の

紅ゆずるグラパン。

本当に 面白くてうまい!

この作品 ベニの魅力が存分に味わえる演目でした。

演目とキャストの相性って本当に大事だと思います。

作品の魅力半減したり倍増したり。

大切なお披露目でこの作品に出会えたベニとあーちゃんも

また それを客席で観ることが出来た私達も

本当に幸せでした

もっともっと観たい!と思える素晴らしい作品、

感動をありがとうございました!

ショーのことも書きたいけど 割愛。

気が向いたら追記します。

脇役すごいde賞

*輝咲玲央 ジェサップ(執事) 

すごく渋いオジサマ。リアルでお上手!! 

小芝居も上手い!

英真なおき プリンス・オブ・ウェールズ

歩き方からして 笑わせてくださいます。

パーシーとの軽妙なやりとりも 阿吽の呼吸で、楽しい!!

*夏樹れい コメディ・フランセーズ 座長

サンシール公爵も演じているちーちゃんだけど 振り幅がすごい。

座長のお髭がダリみたいなくるりんなお髭で。

歌手(白妙なつ)とのお芝居小芝居も面白いです。

*美稀千種 ピポー軍曹

こうもりの時の看守フロッシュも上手かったし、OSOのお母さん役も上手い。

お芝居巧者のみきちぐさんのピポー軍曹、初演と同じ役で安定のキャストですね。

170411 (1)

花の道の桜が満開♪ きれい~~、桜ってワクワクさせてくれますね。

今日は雨で写真が灰色ぽくなったので 

iPhoneカメラで彩度、明度をMAXにして 

Instagramのフィルター(Juno)をかけております。