宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

北翔海莉の卒業インタビューPart1

19年間やってきた宝塚の舞台

卒業間近だけど 実感がない、といつもおっしゃってますね。

ひと足お先に退団された龍真咲さんもおっしゃってました。

大劇場公演千秋楽で いろんな行事があり

ファンの方に送ってもらったけど

「退団者みたいだな」って 他人事のように思っていたそうです。

役を全うする 桐野を全うする パフォーマンスを全うする、

そのことに 集中しておられるご様子。

自分の集大成とか 満足する気持ちが全くなく

千秋楽まで男役を探し続ける、と

みっちゃんらしいお言葉でした。

星組の思い出】

★ナポレオン

お稽古に1ヶ月遅れで合流して

すごく緊張したそうです。

メリー・ウィドウ 千秋楽の翌々日から参加。

タレーランの代役をみっきー(天寿光希)がしてたそうです♪

お稽古場で二人きりになった時 すごく緊張した~とみっきー。

「ナポレオン」 初めてお稽古に入られた日のこと、

星組で観たことがない!!って感じだったそうです。

お歌を歌われた、あのひと声で、 

星組一同 すご~~い! って大注目。

これが噂の北翔海莉さんだneko_hirameki_2016041823421355e.gif

内蔵スピーカーがあるのではないか??と話してたそうです。

すごい声量なんですね~

星組

この立場が決まって 星組に行く時に 

大丈夫、と自分に言い聞かせていたみっちゃん。

「不安ありました!」

柚希さんが6年間トップを務めて ピラミッドがしっかりできた所へ

自分がよそからいくことが 受け入れてもらえるのか?

カラーが違うと言われるんじゃないかとか

やり方 パフォーマンスの仕方が違うとか

受け入れられないんじゃないかと 不安だったそうです。

前トップの任期が長いと 組子もファンも、すっかりそのカラーに染まってしまうから

誰がなっても カラーが違うと言われますね。

個性はひとりひとり違うから当然なのですが

あまり違いすぎるとファンにも戸惑いがあったりします。

かと言って 似たようなタイプだと「もうお腹いっぱい」

「二番煎じ」、とか言われる可能性もあるから、

自信を持って 自分の個性で攻めていくしかないですね♪

★全国ツアー(大海賊) 

振り起しばかりで大変だった。

大変だったのにそれを口にださなかった仲間を褒めるみっちゃん。

「すごくひっぱってくださった、

愚痴なんてこぼせなかった ついていくしかないと思った」

頼もしかった、と述懐するみっきーでした。半泣き

組子が、両手をひろげて迎えてくれたことが

受け入れてもらえた!って思えて嬉しかったそうです♪

トップをお受けする事、決して二つ返事でお答えできなかった、と

以前みっちゃんが言ってました。

大変な覚悟で星組に飛び込んできてくれてありがとう!

今まで一緒にやってきたことがなかったみっちゃんと星組子だから

スピーディにまとまったそうです。

みっちゃんと組子の双方向の思いが キズナを強くしたのだと思います。

妃海風さん

一生懸命で すごい努力家。

安心して 身を委ねることができる 信頼できる相手。

今日対談がある、と知った風ちゃんが

「私の話 出るかな? 出たら良いな♪」って言ってたそうです。

本当に可愛い風ちゃんです。

みっちゃんも ふうちゃんの「幸せのオーラ」が 組子に広がって

組の雰囲気が穏やかになっていること

ふうちゃんのお陰、と感謝されていました。

.....to be continued


今朝、ふうちゃん退団番組「大好きなあなたへ…」を

用事をしながら 笑 みました。

過去の公演の映像と その時の思いを聞いたら

懐かしさと

ふうちゃん あの時は そんな思いで演じていたのね、と

興味深かったです。

明るく元気な風ちゃんが みっちゃんの前では

モジモジな乙女なのが また可愛くて♪

ふうちゃんの猛烈アタックにタジタジのみっちゃんとの

組み合わせも面白く

ご卒業されるのが 本当に惜しまれるトップコンビです!!

やっぱり、宝塚はコンビ売りよね♪

それぞれ素敵なのはもちろんですけど

1たす1は2以上の相乗効果で組ファンが増えていきます。

トップコンビとして…大事なことよ

ファンに夢を見せるのがトップコンビ。トップを受ける時、肝に銘じておいて欲しいです。

◆関連記事

ふうちゃんの「愛は星組を救う」 2016.10.25