宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

1月の月刊タカラヅカに絡む

1月の月刊タカラヅカ

宙組公演 と 星組公演について♪

 オール階段 33年ぶり挑戦

と、大見出しの文字が踊ってます。

斜体部 記事引用部分です 

天使のウィンク」「キッスは目にして!」など

瞳にまつわるものを並べた。

ただ、懐メロの印象が強く、いまひとつあか抜けないのは

タカラジェンヌたちが歌いこなせていないからか

違うと思いまーす!

タカラジェンヌたちが素晴らしく歌いこなしても 懐メロは懐メロ。

だっさ~い感じがします。 

の記事は 藤井大介先生を批判してはいけない、という配慮から

タカラジェンヌが歌えてないことにしたのでは?と 勝手に邪推。

っていうか、歌いこなせてなかったですか?

大階段が出ずっぱりだと 視覚的な奥行きが失われることにも

気付かされた。

同感です。っていうか 大方の見方は…大階段邪魔!

盆回せないし 舞台狭くなるし 生徒の体力奪うし

ろくなこと無い。

ずっと出しておくものではないと思いますよね~

瀬奈じゅんApasionado(アパショナード)!!以来

EXCITER、ノバ・ボサ・ノバ、Etoile de TAKARAZUKA、 REON!!

コングラ、花詩集・・・そして Dear DIAMOND!!と

好きなショーは 大概 藤井大介演出、だったのですが。

なんか今回のショー、稲葉太一作品を意識してるの?

花組の 宝塚幻想曲で 大階段を効果的に使って

話題になってたから、二匹目のドジョウ狙い?って思っちゃった tehe_20160129225307d18.gif

懐メロ出た! らエスメラルダの斉藤吉正先生を思い出した。

そして ショーのタイトルを一部とってくるネーミング

今回なら ○○EYESシリーズ。

この手法に、ちょっとマンネリを感じる今日このごろです。

 北翔海莉が歌うディズニー

トップスター北翔海莉は ディズニーソング(1幕)から

宝塚の名歌(2幕)まで自在に歌い 貫禄をみせつけた

いやもう、本当にひれ伏す思い。

掛け声がかかったのは2幕終盤 名作「ノバ・ボサ・ノバ」の難曲の場面だ。

北翔は息継ぎも感じさせず、鬼気迫るほどの歌声で締めた。

19年目を走るトップ。出ずっぱりで2時間歌い踊り、

この力が残っているとは。

いや~ あのシナーマンはすごかった~

耳福中の耳福。

全身全霊 己の力を出し尽くして 

歌い終わった後に、大きく肩で息をするみっちゃん。

観客の魂を揺さぶるみっちゃんの歌声、素晴らしい!

ちえちゃん(柚希礼音)の地の底から湧き出るような

パワフルな歌声のシナーマンにも震えました。

星組ファン、実力者トップ続きで誇らしい!

ドヤ顔♪

 鈴蘭 ル・ミュゲ

まこっちゃん(礼真琴)こそ 若手の中で抜きん出た実力者で

ショースターなのに…

フレンチミュージカル 太陽王@シアターオーブに参加できず

     → 音花ゆりちゃんとダブル主演?笑えない喜劇「かもめ」

柚希礼音リサイタル @武道館にも参加できず

     → 男役が演じる娘役 スカーレット@「風と共に去りぬ

Love & Dreamにも参加できず

     → 鈴蘭

礼真琴の魅力全開になるはずの演目にことごとく外れてるのは

何かの試練ですか??

先日 ヅカ仲間が 幕開き2日目に観たというので、

どう?って聞いたら ビミョ~~とのこと。

今日観てきた友人は・・・

舞台照明が暗く ちょっと気を失ったようですが

せおっち(瀬央ゆりあ)が格好良かったそうです。

スカステの初日映像のせおっちのワルっぷりに

ワクワクしましたよ~~♪

記事にも、

ヴィクトル役の瀬央は、重々しいマントがやけに似合う。

立ち居振る舞いには、心に深い闇を抱えて生きる

野心的な男の陰がくっきり。

笑みを観せない黒い役なのに華があり、

肉厚な歌声も相まってブレークの予感がすると。

するする! ブレークの予感♪

新公最終学年、ラストチャンスで

「ガイズ・アンド・ドールズ」の新公主演をつかみとったせおっち。

ベニ(紅ゆずる)も 新公最終学年、ギリギリで

スカーレット・ピンパーネルの主演・パーシー役を掴みました。

思えば あの後から スター街道をひた走り

トップの座に手が届くところまで来たのだから

せおっちも これからが楽しみですね~♪

端正なお顔立ちと 面白楽しい性格のギャップ萌えが期待できます!!

星組の若手の一翼を担うスターさんに育つかも!

楽しみです!