宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

舞音の人物相関図 出た!

先日 月組の公演ラインアップが発表されたら

イライラ爆弾連続投下だった!

もやっとするファンの矛先をそらすためなのか?

たたみかけるように人物相関図がUPされましたね。

これで、ちょっと妄想で遊べそう♪

週間ダイヤモンド 6月27日号の宝塚特集の中で

演目について語られている部分があるのですが

「舞音」て、新作扱いになっておりましたよ?

あの、花組のマノンの再演ではないの?

マノンは、アベ・プレヴォマノン・レスコー」原作

舞音も アベ・プレヴォマノン・レスコー」原作

舞台が スペイン、ベトナムの違いがあるだけで原作が同じなんだから 結果も同じでしょ??

って思ったけど、公演解説を読む限りは 花組の「マノン」より面白そう♪

ベトナムの「反政府派」にキャスティングされているのが

劇団推しの面々なので うまくストーリーにからめてくるんでしょうね!

謎は・・・「シャルルの真実の心を表す存在」

って 抽象的な書き方だけど、結局「風と共に去りぬ」に登場する スカーレット2のような存在かしら、ってみなさん思ってますけど。

まさお(龍真咲)と仲良しの美弥るりかちゃんだし 阿吽の呼吸で お芝居できるかも。

どんな役、演出にされるのか 植田景子先生。

以前星組で上演した植田景子先生演出の「The Lost Glory」。

シェークスピアのオセローを下敷きに、してある、っていうんで期待してたのですが

全然おもしろくなかったんです (for me)

今回は、ぜひとも面白い作品にお願いしたいです。

ちゃぴ(愛希れいか)が、踊り子の役なのが嬉しい!

しかも、外部のバレエの方が振り付けされるので楽しみです!!

ニューヨーク在住の韓国人作曲家ジョイ・サン氏、

そして、振付に元・ハンブルクバレエ団ソリスト大石裕香氏と、

国際的に活躍する女性アーティストをクリエイティブスタッフに迎えて創り出す、

東洋のエキゾティシズム溢れるオリジナルミュージカル、アジア版「マノン」にご期待下さい。

と 公演解説にありますが…

東洋のエキゾティシズムっ!!

ポスターやチラシからも 東洋の香りが漂っていますね~

おフランスの王侯貴族と 革命はもうお腹いっぱいだから

ベトナムってのが新鮮!!

ファム・ファタールだかなんだか知らないけど

男を破滅させる 蠱惑的な女性って 好きじゃないのです。

とにかく 舞音を犯罪者まがいの女性には描かないで欲しいです。

最後は純愛にキューンとなる作品でありますように!!