宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

【新番組】ステージ・ドア#1 「エリザベート」が面白い!

スカイステージの新番組・ステージ・ドアを観ました

初回は、エリザベートの舞台裏を取材。

イムリー!

ていうか、計画的?

表舞台に立つ人はもちろん

舞台裏で支えておられる方にとても興味があります。

これは、どうなってるの?

どうやって作ってるの?

興味は尽きない!

以前放送していた30分番組

「宝塚スタディ 宝塚舞台」も録画して残しています。

(緒月遠麻さんが 製作現場に行かれてました)

今回は、大好きな「エリザベート」の舞台裏を取材、ってことで

ますます 興味津々!!

進行、大道具、小道具、音響、照明、オーケストラ

それぞれの立場から、舞台を支えておられている様子が紹介されていて

興味深かったです!!

宝塚が生んだ天才演出家の小池先生のインタビューに始まり、

演出補の小柳先生、オ―ケストラの佐々田愛一郎先生のインタビュー

そして、主演のみりおちゃん(明日海りお)のお話。

そして、現場の

各担当者のお話など 盛りだくさんの45分。

◆進行

一人のキューマンの指示で 各部署が一斉に動き出す。

その女性の 意気込みが語られつつ

舞台稽古の映像がはさまれていきます。

この舞台稽古の映像、

裏方さんの作業場映像、面白かった~!

大掛かりなセット転換は、観てる方はおぉ~っと思うだけだけど、

裏では、組子さんの安全に気をくばりながらの神経を使う作業です。

表舞台のお芝居 マダム・ヴォルフが登場している裏では

着々と次の場面のためのセットが整えられていきます。

そして 後ろの階段上に みっちゃんフランツがスタンバイ。

生徒さん大道具小道具の安全を見ながらキューを出す司令塔??

キューが連続するハンガリーの場面、大変らしいです。

緊張しそう!

「私だけに」の場面は、 

カーテンが開き、ドライアイスが出て せりが下がって ドライが出て 盆が回って・・・

見せ方にこだわりがあるのだそうです!!

次回は裏方の仕事にも思いを馳せながら観たいと思います。

◆大道具

常に6台のセットが出ているのはとても珍しい、と。

鏡の間のセット搬入など興味深く観ました。

◆小道具

おどろおどろしい トートの椅子

初演から18年、どんどん装飾的になっているようです。

ルドルフの持つピストルなども 

資料が残っているので 実物に遜色無きよう作っているって。

精巧な作業をされているのですね~。

マデレーネのバスタブの制作現場

発泡スチロールの角を削る作業が映っていました。

塗装されて出来上がったバスタブは・・・リアル~

金装飾の脚も凝っていてゴージャスです。

袖から 舞台へと滑りだしていくバスタブ。

後ろ姿のマデレーネのマイティが映っていました。

人魚のヒレも 美しく見えるよう、角度にこだわりがあるようですよ~

今回フィナーレのシャンシャンが一新されました。

豆球の方が横からでも よく光って見えるということでした。

LED電球は明るいけれど 煌きには欠けるのかも…。

いろんな角度から観て、光って見えるのは、やはり豆球に軍配? 

◆照明

センターピンルーム

その上階にあるトップピンルーム

2つのセクションが連携しながら盛り上げているそう。

メインの登場人物を照らしていく仕事。

これを3人で担当されているそうです。

ハンガリーの場面は、登場人物が多くて大変なんですって。

以前にも照明に興味がある、と記事に書きましたが

バラバラに照らしていたスポットライトが

一斉に一人に集まるところとか 感動しますね~。

照明の果たす役割は本当に大きい!

陰の立役者ですね。

◆オーケストラ

エリザベートと言えば、音楽が一番の魅力。

エリザベートが、ルドルフの棺の前で歌うところは自由に歌う部分で

歌とオケを合わせるのが難しいそうです。

佐々田愛一郎先生は、ずっと音楽が流れているこの作品、

タクトを振りっぱなしで 休む間もないそうです 

◆音響担当

臨場感ある舞台空間をつくりだす音響。

エリザベートという演目は、珍しい五重唱などもあり 

ひとつひとつの歌詞が違うのを、

聞かせないといけないのが難しいそうです。

今回 みりおちゃん、迫力不足とか言われたせいか??

みりおマイクの音量が大きいんですけどっ??

効果音を入れるのも 音響さん、

タイミングが難しいですね! 舞台と阿吽の呼吸! 

◆衣裳課 床山担当

エリザベートでは 登場人物が年齢を重ねていきますが

年齢を重ねていることを表現する

ひげや鬘を製作する 衣装課床山担当の方の

作業現場が映っていました。

早変わりがうまくできるようにと

普段なら糊で貼るタイプのひげを

耳でかけるタイプにして サッと外せるようにしているそうです!

メッシュ地にひげを一本一本 少しずつ違う色を混ぜながら

かぎ針で結わえ付けていく、気の遠くなるような作業をされてます。

小池先生談

トートのビジュアルにこだわった。

グレーがかったベースの髪色。 明日海りおにはブルー系が合うのでは?

衣装デザイナー有村先生も一緒に 

かつらをいっぱい並べてみんなであれがいいこれがいいと選んだ。

明日海りお談

差し色は青だけじゃつまらないので 少し赤のメッシュも入れた(ポスター)

ファンキーな感じがして 赤はちょっと違うかなと思いカーキにした。 

メイクも隠し味にカーキというかアッシュが入っています。

   eriza_cover.jpg           確かに。

退団挨拶で、生徒さんは必ずと言っていいほど

今まで応援してくださったすべての皆様に…とお礼を述べられ

たくさんの愛に支えられてきましたとおっしゃいます。

舞台を作りに携わるすべての方へのお礼も述べられますね。

ひとつの作品をつくるまでには 

他にも 脚本、作曲、演出、振り付けなどの作業も入ります。

エリザベートは再演なので作曲などはないけれど…)

大勢の人の愛に支えられて 

作品が出来上がるのを目の当たりにしました!

公演は、舞台に携わる方全員の努力の結晶なんだ、と思うと

感慨深かったです!

スカステ加入の方は、お見逃しなく~~~♪

9月は、→  1・4・7・10・13・15・19・22日に放送があります。 

    宝塚 スカイステージ TOPページ

◆関連記事

エリザベート マイ初日☆ブラボーっ!! 花エリザ!2014.8.28