宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

ねねちゃんも退団っ!!

夕方のモバタカからのメールで夢咲ねね退団発表を知りました。

 → 宝塚公式HP 星組トップ娘役・夢咲 ねね 退団会見のお知らせ

ちえちゃん(柚希礼音)の退団が発表され、

ねねちゃんも同時退団かな~と思ってたので驚かない、

というより、

同時にトップに就任して ずっと一緒に

星組を盛り立てて来た「ちえねね」の二人。

同時退団しない方がおかしいくらいです。

先日のちえちゃんの退団会見で、

ねねちゃんに退団の意向を話したら、

ねねちゃんがうわ~っと泣いた、と打ち明けてましたね。

それで、残るなんてことはありえないですっ!

(それで残ったら、誰かさんと同じようなバッシングにあいます。)

実妹雪組トップ娘役のあゆっち(愛加あゆ)が、

(トップの)壮さんと一緒に退団するって決めてました、

と退団会見で満面の笑みを見せていたのも記憶に新しい所。

姉のねねちゃんも、きっと同時退団だろうと思っていました。

「賞味期限が短い」と言われる娘役。

おはなちゃん(花總まりさん)の異例の長期トップもありましたが

娘役の6年間は長いです。

よくちえちゃんについてきてくれたな、と思います。

宝塚歌劇は、男役中心で、男役を引き立てる娘役がいて

そのトップである トップコンビが 「夢をみせてくれる」所だと思ってます。

だから、トップコンビは、ファンに、嘘でも仲のいいところを見せて欲しいし

二人が幸せそうだと ファンも幸せになるのです。

劇団はどう感じているのかわかりませんが

某組の ファンを心配させるようなコンビの売り方?には疑問を感じます。

笑顔と愛があふれている二人を見て

夢も見られるし 元気ももらえます。

私はちえねねの並びがキラキラ輝いてて大好きでした。

二人のデュエットダンスでの 笑顔や 優しい眼差しを交わす所や

うっとりするような仕草に いつもハートを射抜かれていました。itomeru.gif

そんな二人を愛する人が「ちえねね」と並び称するようになって・・・

「ちえねね」は商標登録してもいいぐらい いろいろと貢献してますね♪

退団後の世界で成功するためには、年齢という壁があるので

トップ娘役をそこそこで辞めた方が有利だとの見方が多い中

ねねちゃんは、

ちえちゃんの相手役を6年もの間務めてくれました。

本当にお疲れ様でした、そして ありがとう!

残された日も、ちえねね道を ゴールまで

二人でニコニコ見つめ合いながら 歩んで行くところが

今、私の目の奥に浮かんでます。

ちえねねに栄光あれ~~~♪