宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

95期バウ初主演 かもめ(礼真琴)と ノクターン(柚香光)

本日、花組バウホール公演「ノクターン

千秋楽おめでとうございます♪ 

ロシア文学舞台化

*バウ初主演

*95期

同じ、同じ、同じ!

星バウ・かもめの礼真琴、花バウ・ノクターンの柚香光。

これは 劇団が 意図的に 95期 ロシア文学作品対決という構図にしたのかしら?

二人のバウホール公演、条件同じでも

客席の空気、全く違いました!

実力、経験共に、まこっちゃん(礼真琴)が断然リードしてるのに

観劇後の満足感が全然違~う! neko_iyaiya.gif

「かもめ」主演といえども、まこっちゃんの出番が主演にしては短く

目立っていたのは母・アルカージナの音花ゆりちゃんばかりでした。

主演:礼真琴 → 主演:音花ゆり ? と思うほど。

せっかくの 「バウホール公演初主演」という 記念すべき作品なのに

なんだか 微妙な気持ちになりました。

「真ん中でキラキラ輝く礼真琴」を観たかったのに。

その点、花組の「ノクターン」では れいちゃん(柚香光)の登場は センセーショナルでした!

真っ白な衣装に身を包んだれいちゃんが センターに登場した途端に

眩しいほどのスポットライトが 当たって 白い衣装の残像が瞼の裏に残るほど…

「柚香光 バウ初主演」 華やかなデビューでした!!

バウホールは、実験劇場ですが、

宝塚歌劇とは何もかも正反対に思える「かもめ」を上演することは意味がある』

「かもめ」のプログラムに掲載されていた小柳先生の言葉です。

そうか neko_hirameki.gif 正反対だから面白くなかったんだ 

チャレンジや勉強があるから 宝塚歌劇は100年続いてきた、という言葉も理解できますが

何故このタイミングで??

ゆずカレーの方が 断然美味しかったんですよ~@ノクターン

初めてまこっちゃんがセンターを務める舞台は・・・

もっと華やかで まこっちゃんの良さを出せる作品が良かったなー panda_ijiiji.gifイジイジ

なんでわざわざ魅力をかすませるような 作品&演出だったんでしょう??

チェーホフが何より大切にしたユーモアを持って台本に取り組み

宝塚歌劇のお客様方にチェーホフ劇の持つ面白さをお伝えできれば』

                            (プログラムより)

悪いけど。

チェーホフ劇の面白さ、私にはあんまり伝わらなかった。

ここが「面白いところ」なのかぁ? と考えながら観てました。

バウ作品をチャレンジの場として まこっちゃんに試練の場を与えた小柳先生。

かたや、主人公・ウラジミールと主演・柚香光を自分の中でリンクさせて 

作品へのあふれる思いを舞台に詰め込んだ原田先生。

星組ファンの私は、ノクターン組が羨ましいです! 

ノクターンなら、再演観てみたいけど

かもめは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かもめのチケットは、「主演・礼真琴」人気で プラチナチケット出回ってましたけど

これ、高く出してまで観たい!っていう作品ではないな for me

宝塚実験作品を作る難しさをみました。

小柳先生の作品は、どれも大好きなだけに 「かもめ」は本当に残念でした。

あ。コレ、私の個人的な感想です。

苦情

◆関連記事

礼真琴主演「かもめ」~実験は成功か失敗か?? 2014.5.31

ゆずカレー おいしかった!@ノクターン 感想♪ 2014.6.27