宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

月刊タカラヅカ♪ (2013.3.23 朝日新聞夕刊)

不定期刊行の朝日新聞夕刊の月刊タカラヅカ

   

 

今回の話題は2つ。

 

 南太平洋

この記事は、もっぱら理事への賞賛とインタビュー記事で、

公演内容にはほとんど触れていません。

 

ま、星組ファンにとっては、寂しい記事ですな。

主役を専科さんが務めるというだけで

割を食った気がしてるのに…(轟悠さんのファンの方には申し訳ないけど)

 

 

 

 モンテ・クリスト伯

 

 

モンテ・クリスト伯では、舞台上で変幻自在に、役を演じているとか。

 

自分にないものをどう掘り起こせるのか。新境地開拓、と話すテル(凰稀かなめ)。

 

今回は、復讐を誓うダーティな役なので、違った一面が見れそうですね。

 

 

宙組のモンテ・クリスト伯のポスターは、

当初は、もう少しきれいな感じだったらしいけど

撮影直前に、石田先生と話して意図的に「あんな感じ」にしたらしいです。

私も、あのポスター見てえーーー!っと思いましたが…

 

美貌を封印して、役のイメージ固定化を打ち砕く! 

 

以前、「愛と青春の旅立ち」でもフォーリー軍曹役で

口ひげを生やし、新境地開拓しましたね。

おっ♪これもあり~?と思ったものです。

 

役の幅を広げて、活躍して貰いたいですね♪

 

劇では、自分の心との闘い、というテルのモンテ・クリスト伯、楽しみです!

 

 

そして! 我らが藤井大介ちゃんのショー

 

Amour de 99!

 

今回のテルは、ラテンやアフリカンビートの太鼓が似合う男役だとか。

CONGA!!の藤井先生の演出だけに?? 

 

今までのイメージ一新! 力強さを全面に出す作戦?

 

かと思いきや、銀橋で、男役トップまさかのだるまスタイル。

 

う~む、やっぱり変幻自在の凰稀かなめちゃんなのでした…