宝塚ブログ 心は青空♪

夢の世界☆宝塚のあれこれを語ります♪ 5組観劇派

あぁ…(;´Д`)やっぱり…orz

夕べ遅くに

ダンサ セレナータ情報をググってたら、

出てました    産経ニュース

昨日から 気持ちが上がったり下がったり、まるでジェットコースター コースター

私見バリバリ語ってますが、苦情

苦手な方は 今すぐ Uターンお願いします 

取材で、ちえちゃん(柚希礼音)曰く、

設定は、独裁の軍事政権が続いた国らしい。

出たよ。正塚色全開!

 

ブエノスアイレスの風」の時は

反政府ゲリラのリーダーで政治犯として獄中にいた男が主人公。

「ロジェ」では 主人公は、少年時代に

両親を戦犯逃亡組織に殺された・・・。

「はじめて愛した」の主人公は、一匹狼の殺し屋。

今度は、

父親が殺されて、ギャングみたいになった・・・って、

ギャングみたいになったのは、主人公・イサアクか?

あぁ~ この ギャング(古っ)とか・・・なにコレ 珍百景@宝塚

殺し、殺され、きな臭さが漂う不穏な空気感。 暗~

似たような題材ばかり。

どこを切っても金太郎=金太郎飴な、正塚作品 。

たまには違うの作ってみ。

昨年花組で上演された「カナリヤ」(初演は2001年)や

2007年月組の「マジシャンの憂鬱」は ひとひねりあるストーリーで

面白く、唸りました。 めちゃ楽しめたのに

(あ、あの月組全ツの「愛するには短すぎる」も正塚作品だ panda_hirameki.gif

正塚先生も、もうお年だからか、

新しい事にチャレンジする気がないのか…

イデアの泉が枯渇してしまったのか…

労せず、湧いてくる「いつものパターン」で一作書き上げる、

   ⇒結果 似たような目新しさのない作品が出来上がる。

ちらっと、登場人物の人となりを知ったら

ストーリーが読めてしまうんですよね~

新作なのに、前にどこかで観たぞ、っていう既視感満載。

新作!と手放しで喜べないところが、なんともまぁ。 ┐(´~`;)┌ 

こういう正塚作品が好きなハリーファンは、

先生、またやってくれたわね kuma_hakushu.gifって楽しみにされてるかもですが。

私はもう・・・飽き飽きです。

あぁ~ panda_がっくり

この予想が、いい意味で裏切られることを望みます。

今回星組、退団者が6名いらっしゃいます。

だからこそ 適材適所の配役で 最後は最高に輝いて卒業して欲しいです。

そいういう 演出になっていることを切に望みます。

いや、そうするために、座付き演出家が存在するのでは?

昨年、雪組「仮面の男」で、退団する雪組の歌姫 晴華みどりちゃんに

「人間ミラーボール」の役を当てて、天井近くに吊り上げてしまった児玉明子。

なんて酷い演出だ! 退団者に愛が無さ過ぎ!と憤慨したものです。

ま、それ以前に「仮面の男」の演出自体 酷すぎましたけども。

原作を料理する演出家、プロデューサーの腕次第で 作品は

傑作にも駄作にも変わります。

正塚作品の原作が、暗くても 感動仕立てにして頂ければ

ファンは何度も劇場に足を運ぶことでしょう。

どうか 星組のダンサ セレナータが素晴らしい作品でありますように、

願わずにはおれません。 b-onegai.gif

初日観劇は ドキドキものだな・・・